頼まれごとが多い

同窓会の幹事に即答

10年ぐらい前になりますが、今まで音沙汰なかった同級生から電話がありまして、同窓会を地元の身近にいる人だけでしたいと言ってきました。もちろん出席して久し振りの旧友に懐かしいひと時を過ごしましたです。それからは、地元なので年に何度か続けております。そして、全国に案内状を出しての全体同窓会を3年に一度することになりました。

そして、3年ぐらい過ぎたころに、幹事から「次回の全体同窓会の幹事をお願いしたいのだが」と、電話がありました。幹事といえばいろいろ大変で、誰もしたがらないのですが、ほとんど即答で引き受けましたです。なぜ引き受けたかは分かりませんが、無意識に引き受けたです。年に2回ぐらいの地元同窓会と3年に一度の全体同窓会です。

始めてみると、やはりイロイロと試行錯誤で大変です。幹事の経験はなくて、どうして良いのか分からないからです。でもイヤだという気持ちは全くありませんで、二回目も務めたところです。そして、やるごとに、だんだんとアイデアが浮かんでくるので、次の三回目の準備をしております。

みんな、良くやってくれるとか感謝の言葉をいただくのですが、出席者の中で一番楽しんでいるのは、たぶん私だと思います。だから感謝の言葉をいただくと、こちらが感謝したいぐらいなので、どう返事をしたらいいのか困ってしまいます。

考えるな即うごけ

最初は無意識に引き受けたのですか、なぜ面倒くさい幹事を引き受けたのか、この頃になって、やっと気がつきました。その頃は、うまくいくためには何だろうと日々考えて、数年たっていたので自分の心の中に、即動くことの大切さが身についていたのだと思います。誰かが頼って連絡をしてきたという事は「今あなたはこれをしなさい」というメッセージだったと考えます。理屈ではなくて、やっても良い事は反射的に反応じて、その結果の即答という感じだったのだと思います。

やはり、やってよかったです。人をコントロールした事のない私ですが「みんなをまとめていく」という骨格が少しずつですが分かり始めて、しかも実行できつつあります。次の幹事を探す予定もなく、みんなも何も言わないので、これみよがしに続けてはおります。そして、同窓会も定例化してくると、マンネリ化しつつあります。出席者を増やすことを考えたり、出席者に満足してもらうことなど、その都度いろいろと工夫しております。

しかしその考え方に少しずつ変化が生まれてきます。

同窓会幹事を続ける意義

同窓会に集まる意義を考えた時、集まったその時は一瞬、学生時代に戻ります。思い起こせばその当時、いろいろと夢見たり、アレコレとやってみたいことなどを語り合ったものです。いつしか仕事などで、すっかりと忘れてしまってはいるものの、その当時を振り返って思い出して、少し手がすいた今だからこそ、やってみたかった事など、行動してみるというのも、良いのではないのかなと思います。その為の第一歩にならないかなーっという感じです。

私なのですが、まさに人生が目標だらけなのです。やってみたい事が多すぎて、困っておりますが、何とか頑張っております。今の世の中、すごく進化して、すごく便利になった半面、それが故に忙しくなったり、いろいろと異変な事柄が起こったりと、ともすれば自分を見失いがちになったりして、ちょっと油断するとガタガタになってしまいます。周囲のゴチャゴチャに振り回されずに、集まったそのひと時を、そんな感じで楽しんでいただきたいです。

「あなたはすごく、元気だけど何故」とか「からだの中で、どこか悪いところはないの」とか、よく尋ねられます。悪い所だらけではありますけれど、やること多すぎて、そして悪い事でもその表にある良い所が見えるので、良いことしか起こらない、という感覚なので毎日が楽しく、イヤな事など忘れてしまいます。そうしていると楽しいことに慣れてきて、考え込んだりすることが、すごく無駄なことであることが分かり、良い事の行動をとっている自分がココにおります。

からだだって悪いところだらけで、ちょっと油断していると、ガタガタと来るぐらい悪い箇所がありますが、そんな事も忘れてしまって、神経の方も忘れてしまっているんじゃないのカモです。っン、ちょっまてよ「神経を騙していく」これって、良いことなのかな。「神経を、うまく騙していく」うーーむ、「騙す」って聞いて悪いイメージが浮かぶけど、良いように「騙す」という方法もありですか。

その「騙す」で思い出しました。最初に幹事の依頼の電話があった時に「全員一致で、あなたが適任で選ばれました」なんて見え見えのお世辞があったが「そうかーっそうなんだ」とか言って、うまく乗せられた振りをしましたが、即返事の効果は、はかりしれない自分の財産になりつつあります。なので良い事だらけで、まさに幹事冥利に尽きます。

こんな調子ですべての事に、即行動を実行しております。っというよりも無意識に反射的にします。でも自分にとって良くないことは、まったく反応しないばかりか、誰も近ずいても言ってもこないです。そして付き合う周りの人達が一変しました。今までいかに悪い環境にいたかです。気が付いてみれば。ひとランクの高い人達ばかりが周りにいるのです。

ついつい、同窓会の話が長くなってしまいましたけど、そろそろ締めたいと思います。これからも、私が元気な限り、幹事を続けて行きたいです。そして「幹事をしている私を参考にしたい」っと思っていただけるように振る舞っていきます。

神様と仲良くする

人から物を頼まれるということは、これをやってみなさいという意味なのでしょう。まずはやってみることから考えるようにしております。出来る出来ないは別の話です。断れば何もしなくても楽なのですが、視野が狭くなって、なぜだか貧乏神が近づいてきそうな気がするのです。引き受けたことによって、誰かの役に立ちます。誰かが喜んでくれます。世の中に自分が存在している意味があるというものです。

神様って本当にいて、手を広げて誰かを喜ばしている人が、好きなのではないのかなと思っております。つまり神様と仲良くなりたいのです。あまり難しく考えずに、あわあわと今与えられた出来事、目の前の仕事などを確実にこなしていく。そうすれば、自然と良いように過ごして行くことが出来るように導いてくれるのだと思います。世の中は、人と人とのつながりで出来ている。なので、頼まれたことは、無理なこともありますけども、まずやってみる事から考えてみる事にしております。

いま警備業で仕事をしておりますけど、給料が高い安いはあまり考えておりません。貧乏ですし辛い事もありますけど、ただ眼の前の仕事をアワアワとこなしているだけなのです。つまり給料をいただくために働いているのではなくて、働いていると給料が頂けるっという考え方です。そうすると不思議です。

給料をもらう時に働いたのだから、その分を頂くのだというよりも
お金の方から私の方にやって来た感じがするのです

っあ、お金さんがすーっと、引き寄ってきたーです

同じように働いても考え方を変えるだけで、ずいぶんと気が楽になり、何だか余裕さえも生まれてまいります。そして神様だけではなく、お金とも仲良くできておりますです。現在、とても貧乏でありますけれども幸せであります。今どんどんとお金が入ってきたら私の性分から、すぐに堕落していくだろうと思います。自分でも何となく分かりますです。

お金が入ってきたらいけないと、神様が判断して、わざと入らないようにしているのでしょう。貧乏に感謝であります。もし私にお金が入ってきても今と、まったく変わらない生活が送ることが出来ると、神様が判断すれば、その時にはお金も入ってくると思います。うーーむ、いつお金が入ってきても良いように、又、このまま貧乏でも良いように、どちらをとっても、今現在を見つめて、こころ静かに、ゆっくりと過ごしております。

困ったことが起きても自分に免疫をつけれるチャンスなので「私には良い事しか起こりません」です。多趣味だし、この「ハッピーライフ」等、やらなければいけないことが山済みです。貧乏ながらも、充実した毎日に感謝であります。そして、私も人にお願いすることもありますけど無理のない程度に「お願いできますか」という謙虚な言葉でお願いしております。

頼んできた相手が、美味しいエサだけを求めて近ずき、もらえなくなったら噛みついて逃げていくという、野良犬的な存在な人も時どきいますが感覚的に感じます。もちろん相手にはしないで反射的に、即その場からすーっと、いなくなります。そうしないと全く意味がないばかりか、その人のオーラが乗り移ってきて、せっかく居付いた神様やお金などが、逃げていってしまうのがイヤだからです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。