悪い習慣を断ち切る

ちょっとの重大さ

チョイト一杯のつもりで飲んで
いつの間にやらハシゴ酒

ご存じ植木等さんのスーダラ節です。すごくノリの良い歌なのですが、順を追ってみますと「チョイト一杯」から始まって「いつの間にやらハシゴ酒」そして「気がつきゃ、ベンチでごろ寝」っで、「これじゃ体に良い分けないょ」ですよね、そして「分かっちゃいるけど、やめられない」っと言う歌詞なのですが、文字通りそのままの内容・流れで、よくあるパターンです。酒・タバコ・ギャンブル・風俗・パチンコ・麻雀等、やめられないという人は、この「ちょっと」から始まっているのではないでしょうか。

体には悪いと分かっているけど
やめらられない

道楽や体に悪い事などは、楽チンで面白いものですから、すぐに行動しがちですが、人生は楽しい事などには、必ずと言って良いように、落とし穴があるようです。楽しいが故に、そのイメージが頭の中で渦巻いて、その裏に隠れている落とし穴とやらに気が付かないのです。人間は一度イメージしてしまうと、意思よりもイメージした方に進みやすいという性質があります。っと言うよりも、ほぼ100%イメージの方向に進んでしまいます。自分の意思は、まったく無視して、まるでイメージにコントロールされてしまっているかのようです。

こころの中で描いたイメージが
自分の意思に勝ってしまうのです

そして、楽しい事を続けていると、脳内物質であるドーパミン(快楽物質)が分泌されます。ドーパミンは前向きな性格になるという快感の源なのです。だから、いつの間にやらズルズルと、のめり込んでしまうという、ものすごく怖い始めの「ちょっと」です。このドーパミン(快楽物質)を良い方向へ利用すれば良いのですが、どうも快楽などには、とっつきやすいようです。快楽的な遊びなどに関しては、体に悪いだけではなくて、周りの人達にも迷惑がかかるので、ある程度の恐怖感と緊張感をもって 挑んでみるようにすればいいのですが。

更に続けていると、加速して自分はやめたいと思っているのに、その気になっている「もう一人の自分」が、続けていくように指示を出してくるようになります。「もう一人の自分」がやるようにと、指令を出すと、絶対にやめられないのです。自分の意思を無視して逆方向へ行ってしまうっという、自分をコントロール出来なくなってしまうという、いわゆるコントロール障害になってしまいます。車でもコントロール出来ないと事故ってしまいます。

段々とハマり込んんでいるうちに、待っているのは依存症という世界です。依存症とは、行為がやめたくてもやめられないというもので、自分の意に反して、つい行動してしまうという事です。考えている事と、やっていることが違うと、自分の中でパニック状態になってしまうのです。

完全に
脳が悪いイメージに支配されている
というイメージです

例えば、タバコは身体に害があると分かっていても、タバコがやめられない。これは「ふーっタバコがうまい、リラックスできる」というイメージが根ずいてしまうと、、自分の中いいる「もう一人の自分」が「イライラしたのか、じゃあタバコを吸えば」と指令を出してきます。そうなると、いくらやめようと思っても、「もう一人の自分」が指令を出してしまうと、必ず指令に従ってしまうのです。思えば思う程イメージだけが膨らんで、ますます辞める事は出来ないという状況になってきます。そして、立派な依存症です。(「もう一人の自分」の偉大性を知る)

未成年が禁止されている大人の娯楽などは、始める前に「ちょっとやってみるか」より「ちょっとまてょ」です。娯楽などの面白い事を始める時には、すぐにとっつきやすいのですが、5秒間ほど立ち止まってみるクセをつける。

っお、ちょっと、やってみるか

心ときめいた時には、5秒間待つと正常になりつつあります。5秒ですが、イメージが高まっている時の5秒は、それはそれは長いですょ。ですが、5秒間待つと正常になる事ができやすいのです。まずは「ちょっと、5秒間ほど、まてょ」っで、体の全チカラを抜いて、こころ静かに深呼吸です。

ドーパミン(快楽物質)の分泌も治まり、冷静な判断が出来るようになってくる可能性が高いです。高まる鼓動も沈み込んで、落ち着きを取り戻してみれば、正しい判断ができる余裕が生まれてきます。家族の未来像なとかに焦点を合わしてイメージしてみれば、気軽に手を出すには怖い感じがして、一瞬身構えてしまいます。

私がタバコを止めた方法

私ですがタバコは32歳の頃やめて、もう38年過ぎております。それまで15年ぐらい吸っていました。やめたキッカケは、当時移動販売をしていた時に、仲卸しの事務所で行商仲間10人ぐらいで雑談していた時です。「タバコちゅうのは、辞められるんかいな」っと誰かが言ったのです。その時に全員が

よし、みんなで始めようか
っと言ったのがキッカケです

私もこの時は軽い気持ちで「ちょっと、やってみるか」っと始めたのですが、それ以来あまり苦もなく、自然にやめてしまったのです。当時はタバコをやめようと思っているも、やめることは難しいと思っていました。やはり、この「ちょっと」が良かったように思います。

その時私は、タバコを辞めようと思ったら、やめようと意識しない事だと思いました。意識を違う方に転換するという方法もあります。よく飴玉を舐めるとか、ガムを噛むとか、果物を食べるとか言います。もちろんそれも良い方法だと思いますが、止める為に飴玉を舐めたりすると、舐めるたびにタパコのイメージが浮かんできて、つい手が出るという結果になってくるように思います

自分の根性を試すつもりで
ちょっとやめてみるか

だから私が思うのはタバコは嫌いだ嫌いだ嫌いだと思って毎日言い続けるのです。無理にやめようと力んでしまうと、体が疲れてしまい余計意識してしまいます。それよりもタバコが嫌だ嫌だ嫌だと、毎日毎日言っていれば、嫌だというイメージが自分の中に出来上がってきて、ある時に何かをキッカケに、ふっとやめれるのです。

私がやめられたのも、よくよく考えてみればタバコはあまり自分に合ってなかったんですね。それでも15年ぐらいは吸っていたんだけど、タバコをやめようというよりも、タバコは嫌いだ嫌いだ嫌いだというイメージを毎日抱いていたような気がします。しかしクセからタバコを指にはさんでいたのです。そうしたあの時のキッカケを機に自然とやめれたのだと思います。

辞めるために苦痛など、まったくありませせんでした。半年した頃に隣で吸ってるタバコ美味しそうだと思ったぐらいで、全く吸いたいとは思わなかったです。偶然にも販売機がない日が続いたり、あってもで手元にお金がなかったり、風邪を引いたりとか、吸えないような状態が続いた事も幸いしておりました。これもやはり日頃から、嫌いだ嫌いだ嫌いだと思っていた事から、辞めていくような状態が引きよってきたような感じがしています。

私の禁煙方法

毎日毎日嫌いだ嫌いだ嫌いだと思い続けること
自分の中に浸みこませていく感じです
時々タバコで真っ黒になった肺の写真を見る
これは勇気いりますが、効果大だと思います

依存症を止める方法

依存症ですが、酒・タバコ・ギャンブル・薬物・風俗・パチンコ・麻雀などありますが、共通しているのは、周りの誰かが迷惑しているという事です。そして、家族内での争いがひどくなる、生活のリズムが崩れてしまう、お金がどんどん無くなる、体調が悪くなる等完全に人生のリズムが崩れてしまいます。私の場合は、タバコが自分に合わなかったので、書けるのですけど、タバコが体質に合っている人もおられます。このような人が禁煙すると、かえってイライラしてストレスがたまってしまいます。

タバコを吸っていても、元気な人もいるし長生きしている人もおります。基本的には悪いことだらけなんですけど、タバコが体質に合っている人は、無理して止める必要はないと思います。「やめるやめない」は自己責任で自由にすればいいと思います。重症になれば、それなりの専門機関が必要となりますけど、早期のうちに分かってもらうように、自分の経験から思ったことを書き込んでおります。

人生、逆療法です
辞めようと思わない事

「辞めよう、辞めよう」と思いながら、辞める事は難しいです。依存症なので、辞めようと思っても、そう思った時点で、すでに浸みこんでいるイメージが膨らんでしまいます。考えている事よりもイメージのほうが、数倍強いのです。無理やり辞めようとするよりも、イメージを変えてやることを考えた方が得策です。

タバコが嫌いだ、タバコが嫌いだ、タバコが嫌いだ、タバコが大嫌いだ。っで、タバコ大嫌いのイメージを自分の脳に叩き込みます。タバコで肺が黒くなっていく姿をイメージしてみる。何だか吸いたくなくなりませんか。

パチンコは機械に踊らされながら、惜しげもなくお札を投入して、やたら時間ばかりが過ぎていく。その建物のなかに入っていく自分をイメージしてみる。第三者的な目で自分をイメージしてみる。自分のやりたい事の方へイメージを変えていく

そして何よりも始める時に、行動する前に「ちょっとまてょ」です。マインドフルネス、深呼吸、ゆっくりと落ち着く癖をつける。

【関連記事】
もう一人の自分

行動する前にワンテンポ置く

そして、この「ちょっとまてょ」を、少し違う意味で、毎日の習慣にしている事があります。行動する前にはすべてにおいて「ちょっとまてょ」で、ワンテンポ置く事を徹底しております。朝起きる前は、すぐに起き上がらないで、しばらく床の上で「ちょっとまてょ」です。今から〇〇するんですょと、自分の身体に教えて準備をしてやるのです。今日やるべきことを少しイメージします。今日も動けることの感謝をしますです。

今から起きるのですょ
今からたかーい所へ上るのですょ
今から重たい物を持つのですょ
今から重たい物を持つのですょ
今から車を運転するのですょ
今から病気をなおすのですょ
今から仕事をするのですょ
今から階段を登るのですょ
今から食事するのですょ
今から遊ぶのですょ
今から寝るのですょ

そのほか生活して行く、すべてにおいて、行動する前には「ちょっとまてょ」っで、必ずワンテンポ置くようにしております。事前に馴染ませる事によって、自分の身体がそれに馴染むので、スムーズに、無意識に、楽に、早く、正確に目的を達成できると言うものです。

車を運転していて一旦停止の前では、車がいなくても必ず停止する癖をつけております。癖をつけていなければ思い込みから、いきなり車が出てきて、ぶつかってしまいます。事故を起こしてから「まさか、あそこから車が」とか不思議がる人がいます。車がいない時には一旦停止しないクセが付いていると、思い込みから来ないだろうという判断をしてしまうのです。田舎の道でコンビニから出る時に、車が来る来ないに関わらず、一旦停止をするという癖をつけております。一旦停止をして出ようと思ったら、目の前に車が通っていたり、隣に座っていた女房が「っあ、人がいるょ」っとか言ったり、実はこれで私は何度か助かっております。

ちなみに、飲み会の一時間ぐらい前に、缶ビールを一本飲んで体に免疫をつけております。「今からのみますょ」と体に教えておくと悪酔いしないのです。悪酔いする前に、体が受け付けなくなります。私の場合免疫をつける為に「飲む前に飲む」です。

何か行動を起こす前に、慌てずに「ちょっとまてょ」
良い事には「ちょっとやってみるか」っで、まず一歩
悪い事には「ちょっとまてょ」っで、深呼吸
動く前には「ちょっと」っで、ワンテンポ置く

人間は何か行動する前に「ちょっと」という言葉をよく使います
この「ちょっと」という言葉には、重大な意味が含まれております
良い事には「ちょっとやってみるか」
悪い事には「ちょっと待てよ」
行動を起こす前には「ちょっと待てよ」
この「ちょっと」という言葉を瞬間的に、使い分ける為に癖をつける為です

【関連記事】
もう一人の自分
最初の一歩が踏み出せない
今から始める第一歩

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。