最初の一歩はちょっとから

ちょっとやってみるか

何か始めようと思ったら、あまり難しく考えないで気軽にちょっとやってみるかで始めた方が長続きするようです。できる所から軽く「ちょっとやってみるか」です。

「よしやるぞ」と気負ってしまうと、するべき事とは別方向にチカラが入ってしまって、すぐに息切れしてしまいます。特に「よーし、明日から絶対にやるぞ」なんて言っていると絶対に出来ないです。明日になっても同じ事を言っているからです。気負わずにちょっとならばずいぶんと気が楽です、あまり考えないから自然と受け入れられているようです。

歩きながら考える

やりながら考え、気楽に修正しながらやってみる。その修正を楽しみながら繰り返していくうちに、徐々に出来上がってくる自分が面白くなってくるという、実に感じの良い雰囲気が出来上がってきます。

静止していてる物を動かす時には、最初は大きなチカラを必要とします。少し動きだすと押すチカラも最初ほどはいらないので、更に加速しやすくなります。動きに慣れて来ると、ちょっとのチカラでも動いてくれますので、楽チンであります。

そして、立ち止まらないで軽く押しているだけで、だんだんと加速し来るという、ただこれだけの事なのです。このような事をイメージしていると分かりやすいのではないかと思います。

最初の一歩を踏み出しさえすれば良いという簡単な事なのに、人間であるが故に膨大なエネルギーを必要とするのです。

だから
ちょっと
です

始まりはいつもちょっとから

人に頼まれて、ちょっと手伝ったつもりが一生の仕事になっていたりする。ちょっとギターをポローンと弾いてみたら、いつの間にか夢中になって、自分のトレードマークになっていたりする。っあ、これ私の事なのです。仕事にしても趣味にしても、自分を成長する為の行動の第一歩は「ちょっとやってみるか」と言い聞かせてみれば出しやすくなるというものです。

やろうと思った事は出来る

さらに、感動した出来事に出会った時に、こころがトキメイたり、憧れたりして「やってみようかな」っとか感じたら、自分には出来る能力があるという事を、まずは知るべきだと思います。自分に能力がなければ、ただ単に楽しかったというだけで終わってしまい「やってみようかな」とは思わないのです。自分にはできる能力があるからこそ「やってみようかな」と感じるのです。

出来る前提でちょっとです

なので、やってみようかなと感じたら
自分は出来るいう前提でやってみるべきです

やはり気負わずに「ちょっとやってみるか」です。何かにこころ打たれて、ちょっとマネ事とをしている内に夢中になってしまい、気がついてみれば超有名になっていたりする事もあります。ちょっとで良いのです。その場所まで行ってみるとか、無理のない程度に買ってみる。

そして、その通りになってみる。そこに自分が引き寄って行く。そこにいる自分だけが見えてくる、イメージしてみる。っん、何だかわくわくして出来るような気がしてきます。やってみて続くようだと、最終的な自分の目標が徐々に見えてきます。

何度も言うようですが、ゆっくりで良いのです。慌てたり気負ったりする必要など、まったくありませんです。ちょっとの積み重ねが、膨大に成長していくという事なのです。

分からない事が分からない
その分からない事が何かを分かる為の第一歩

それが
ちょっと
です

【関連記事】
何をしたら良いのか分からない

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。