自分の得意分野で競争する

童話うさぎとかめに学ぶ

【前回の記事】

何をやっても、いつも周りの人達に負けているという、そんな劣等感のようなものを抱いているとすれば

そのヒントが誰でも知っている
うさぎとかめ
という童話にありました

うさぎとかめに違和感

私ですが、誰でも知っているこの物語を、数年前から何だかしっくりとこない感じを、持っておりました。まず初めに違和感を感じたのは、うさぎとかめが、なぜ競争をしなければいけなかったのか、ということです。

なぜ
かめがうさぎを競争相手に選んだのか
なぜ
うさぎがかめを競争相手に選んだのか

要するに「競争するには値しないうさぎとかめが、競争をする必要があったのか」何となく不思議でありました。「ゴールしたら何があるの」これも不思議です。例えば、勝った方に美味しいごちそうを一年間準備しています。っとでもあれば、うさぎも、さっさとゴールしてからひと眠り「かめさんすまないね」ですょね。うさぎとかめの物語に興味をもって、自分がかめだったら、いやいやうさぎだったらと、何かにつけて考えておりました。

もし私がかめだったら

かめが、なぜ絶対的不利な条件で、うさぎに競争を挑(いど)んだのか、もし、自分がかめの立場だったら「じゃあ、あの島まで競争しましょうか」と言います。つまり自分の得意分野である、水の中での競争にします。なぜ、絶対的に不利な陸上にしたのかが、不思議でたまらないのです。陸上ではなくて、水の中だったら、かめの方が得意なハズです。っと何となく思ってはおりました。っん、ちょっと待てよ「得意?」「勝てる?」

書き込んでいる途中で、不安なことに気がつきました。うさぎって、ひょっとして泳げるんじゃないのかな。ググってみると、うさぎって水の中でも泳ぎが達者なのですね。うーーむ、じゃあ、潜っての競争にするのかな。とにかく自分の得意分野で勝負しろっということなのです。

自分の得意分野で競争をする

私が、この物語から得た教訓は、自分の得意分野で競争をしろという考え方です。

もし
私にイチロ選手が勝負を挑んできたら
まさにかめの心境です

たとえば、私が、世界のイチロー選手とバッティング競争をしても、絶対に勝ち目はありません。もし勝負を挑むならば、ジャンケンで勝負します。ギターで勝負します。それなら勝ち目は充分にあります。

もちろんイチロー選手が私にバッティング競争を挑んでくるハズもありません。うさぎさんょ、自分が成長する為に、もっと本気な相手を選んでね。もしもしかめかめさんょ、カエルとヘビがケンカしても結果は分かるだろ。こんな感じです。

このうさぎって落ちぼれ?

うさぎが絶対に勝てるかめを、なぜ競争相手に選んだのか、競争する相手を選ぶことに対しては論外なハズですし、勝つのは当然で、勝ったところで自慢にもなりません。

しかも、負けてしまえば、仲間達を前にして居場所などありません。勝っても負けても、どちらにしても周りの仲間達からは、総パッシングをくらってしまうだけのような気がして、何をとっても、良いことなどないハズです。なのになぜ???

ひょっとしたら、このうさぎさんって仲間達からは相手にしてもらえない、落ち込こぼれなのかな。だから絶対に勝てるかめが相手なのか。そんな感じがするし、もし競争が必要だったならば、さっさとゴールまで行って、なぜ、そこでゆっくりと寝ないのか。なぜ、途中で寝込んでしまわなければならないのか。いくら考えても不思議でしかたがないのです。うーーむ、焦点がちょっとボヤけている感じです。

周りの人達を観察

しかし、よくよく考えてみると、なーんとなくこのような人って周りにいませんか。自分だけの理屈から、それがすべて正しいと思い込んでいる人。自分の得意分野で話をしている自己満足の人。ゴリ押ししている自己本意の人。逆に周りの人達に感化されて、自分の主張を控えている人。

やっぱり
焦点がボヤけている

このうさぎとかめをイメージしながら、周りの人達を観察してみると、じつに面白いです。さらに自分を見つめてみたりすると、どうしたらいいのかが何となく分かるような感じになってくるのです。自分はこのままでいいのかな・焦点が違う方向へ向いていないのかな。うーーむ、です

周りの人達はどのパターン?

うさぎの仲間でも居眠りしたうさぎのようにかめを見ているうさぎ。さっさとゴールを目指すうさぎかめの仲間でもゴールを目指してコツコツ歩んでいるかめ。ゴールを見ないでうさぎを見て翻弄(ほんろう)されて、立ち止まっているかめ。これを人間の行動に置き換えてみて、周りの人達をよーく観察してみて下さい。たいていは、このパターンのいずれかに該当しているのです。

口先ばかりで何もできない
あっ行動しないで居眠りしている
居眠りしているうさぎ

喋らないが実現している
さっさとゴールに着いてるょ
とっくにゴールしているうさぎ

何を言っても動じない
コツコツと真面目な奴だなー
ゴールにたどり着いたかめ

いつも周りの目を気にしてやんの
優柔不断でクズグスしている
うさぎを見てビビっているかめ

このように考えながら観察していると、そのうちに、対処の仕方などが自然と分かってきます。自分の視野が広がってきます。何があっても動じなくなってきます。そして大人のしぐさに変わってくるような、いつもとは違った景色が見えてきます。器が大きくなってくるのです

居眠りなんかしたくないなぁ
えーい、やってしまえ
他人に惑わされたくないなぁ
確かにのろまでも実現はできるのよね
です

ところでかめかめで、うさぎが寝ている前を通り過ぎる時に「うさぎさん、寝てちゃダメですょ」っと、なぜ声をかけなかったのか、ちょっと、こすい感じもします。シメシメ今のうちにっと考えたのかな。(理由は次の③焦点を合わせるに書き込んでおります)

うさぎの立場・かめの立場

うさぎかめなど相手にしないで、さっさとゴールしてしまい、かめが「うさぎになんて勝てる訳ないじゃん」っとか言って、初めからあきらめて、だらだらと過ごしていれば物語になりません。うさぎの悪い面とかめの良い面を比較しているから童話として成り立つし、みんなが共感してくれてくれるのです。

このように、伝わってくる教えの中には、うさぎかめの両方の立場から考えることができます。少しずつコツコツやれば、必ず目標を達成することができるというかめからの教えと、油断していたから、置いてきぼりをされますょといううさぎからの教えですが、私たちも知らず知らずの間に、両方の立場に立って行動していることが、多いいような気がします

うさぎとかめでググってみた

ここまでは、私が感じた教えを長々と書き込んできましたが、まだ何かあるような物足りなさを感じていたある日、ひょっとして私と同じように考えている人もいるような気がしたのでうさぎとかめでググってみました。

さすがネット時代。たくさんの人が、自分なりの解釈を書き込んておりました。ちょっと、うれしくなりましたです。すると、その中に、まったく違う考えがありましたので、続きの記事に書き込んでおります。よろしければ一読していただけたらと思います。

【続きの記事】

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。