最初が肝心

相撲中継に学ぶ

相撲ファンというほどでもないが、私が子供だったころに、相撲中継を見ていて不思議に思った事があります。何度も何度も塩をまいて、なかなか始まらない。いったい何してるんだろう、なぜあんなに無駄な動きをするのだろう。さっさとすればいいのにと、不思議で仕方がありませんでした。

しかし大人になると、この立ち合い場面がじつに面白い。最初にガツンとやればあとは勢いでいくので有利に戦える。その瞬間に最大の力が発揮できるように、前日から、そして朝起きた時から調整してるのです。そして土俵にあがってから、序所に盛り上げます。勝つ為に相手のスキを伺ったり、作戦などを再確認したりとか相手をにらみつけて、威嚇したり必死です。それが立ち合いです。

ずいぶん前になりますが、千代の富士VS北の湖の優勝をかけた大一番で、二人がにらみ合う場面が数秒間続いたことがありました。記憶にある人もいると思いますが、じーーーっと相手をにらみあって微動だにしない。うわっ中々動こうとしない。会場中の観客が「うぉー」っと、どよめき始めても、まだにらみ合っているという、鳥肌がたつほどの、ものすごい迫力に震えた記憶があります。このシーンは強烈に印象のに残っております。

人生も同じで、ここ一番という時は数日前から調整して最初の立会いに備えます。なんだか人生の生き方と似ているようで、この立ち合いがすごく面白いのです。仕事にしても遊びにしても、何にをするにしても始める第一歩に最大限のちからを発揮できるように調整していれば、後は流れで自分の思うように有利に進んで行きます。相撲の立ち会う前の塩まきの時に、あのお相撲さんが何を考えているのかなと思いながら見てみる。そんな目でみると相撲は面白いです。

一種の火事場の馬鹿力を発揮するっということですが、この理屈をうまく発揮できないか、思い当たるふしがありますので近日公開します

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。