最初が肝心

相撲中継に学ぶ

相撲ファンというほどでもないが、私が子供だったころに、相撲中継を見ていて不思議に思った事があります。立ち合い前に何度も何度も塩をまいて、なかなか始まらない。いったい何してるんだろう、何かんがえてるのだろう、なぜあんなに無駄な動きをするのだろう。さっさとすればいいのにと、不思議で仕方がありませんでした。

立ち合いに備える

しかし大人になると、この立ち合い前の塩まき場面がじつに面白い。相撲ははじめにガツンとぶつかる立合いで8割が決まるといわれています。最初にガツンとやればあとは勢いでいくので有利に戦えるのです。その瞬間に最大の力が発揮できるように、前日から、そして朝起きた時から調整してるのです。そして土俵にあがってから、序所に盛り上げます。勝つ為に相手のスキを伺ったり、作戦などを再確認したりとか相手をにらみつけて、威嚇したり必死です。それが立ち合い前の儀式のひとつ塩まきです。

震えがきた名場面

ずいぶん前になりますが、千代の富士VS北の湖の優勝をかけた大一番で、塩まきのときに二人がにらみ合う場面が数秒間続いたことがありました。記憶にある人もいると思いますが、じーーーっと相手をにらみつけて微動だにしないのです。うわーっなかなか動こうとしない。会場中の観客が「うぉー」っと、どよめき始めております。

さあ、後がない立ち合い前の最後の塩まきのときには、目と目でにらみ合って、まったく動こうとしないという、鳥肌がたつほどの、ものすごい迫力に震えた記憶があります。このシーンは強烈に印象のに残っております。やるしかないと切羽詰まったときなどに無意識にでてくる一種の火事場の馬鹿力をひきだすという、自分の力量以上のチカラでぶつかるように、塩を巻きながら徐々に盛り上げていたのです。

立ち合い・塩まきの大切さ

勝負は立ち合いで8割決まるといわれております。私たちもここ一番というときには、数日前から調整して本番に備えて、塩まきと似たような行動をしております。なんだか人生の生き方と似ているようで、この立ち合いがすごく面白いのです

仕事にしても遊びにしても、何にをするにしてもはじめる第一歩に、最大限のちからを発揮できるように調整していれば、後は流れで自分の思うように有利に進んでいきます。相撲の立ち会う前の塩まきのときに、あのお相撲さんが何を考えているのかなと考えながら見てみると相撲観戦がおもしろくなります。

さて、何をはじめるのしても最初が肝心というタイトルなのですが、一種の火事場の馬鹿力を一時的に引き出すという、いわゆる自分に眠っている能力を最大限に引き出す為の行動が、相撲の立ち合い前の塩まきにありましたので取り上げてみました。

最大限のちから火事場の馬鹿力を一時的に発揮できるようにするための考え方はコチラに書き込んでおりますので参考にしてみて下さい。
【関連記事】
もう一人の自分

焦点を立ち合いに向ける

会社に勤めるにしても、商売するにしても、すべてのはじまりには最初が肝心ということは分かってはいるのですが、実際にどのように活用すればいいのかです。とにかくはじまりをうまく決めてしまえば、あとあと楽に思うようになるのです。そのはじまりに焦点を合わしての塩まきです。

立ち合い・塩まきをイメージ

当然ですが違う方向には目がいかなくなります。目標に向けて素直にすすんでいけるのです。立ち合い前の塩まきをイメージして、そのときに備えるという考え方です。会社勤めにしても商売にしても、はじまりとは立ち合いです。いい意味での相手との勝負だと考えます。はじまりの日が決まれば、そこに焦点をあわして立ち会う前の塩まきのように、修正・調整して体制を整えていきます。

会社に勤めるにしても、うまくやっていけるのかなど、つい今の時点では必要のない方向を見てしまいがちです。立ち合い前の塩まきのように、焦点をはじまり合わしてして、今しなければいけないことの集中して少しずつ調整していけば、そっぽの方向は見えなくなるのです。

商売にするにしても、うまくいくだろうか・資金はどうなるのか。初めに自分の要望と相手の意見を取り入れるようにして、初めにきっちり決めてしまえば相手も納得してくれます。特に今の世の中は個人性が問われています。大企業にはない自分の個性を生かさなければいけない時代になってきているのです。

決めてしまえばそれが天職

もちろん途中でダメだという選択もありますが、一旦これでよしと心に決めてしまえば、あとは流れでスムーズにいきます。うまくいくことだけをイメージして決めた訳ですから、周りのグチ・不平不満などまったく無駄な無意味だと感じることができて、どんな人でもいい面があるのでそちらの方を見るようになってきます。つまり悪い面はスルーして、いい面だけを取り入れるようになってくるのです。たとえ、どんな苦悩にあったとしても、それは自分が決めた道・自分の天職なのです。一旦決める重大さに気を引き締めての勝負です・立ち合いです・塩まきです。

立ち合い・塩まきから得ること

立ち合ったあとも、つまり就職した後や商売を始めた後も何かと問題が起きてきますが、同じように立ち合い前の塩まきを意識・イメージして調整するようにしていきます。同じように働いていくにしても、この立ち合いを意識した行動と、ただ給料や料金を頂くだけの行動とは、長い間には天地の差がついてきます。

竹のようにしなやかに

つねに焦点を人生の節目(立ち合い)に向けていくという習慣を身につけていくと、どのように人と接っしていったらいいのかがわかってきます。または困った問題が起きたときでも、どのように対処したらいいのか、どのように行動したらいいのかが分かってきます。自分の体に節目(立ち合い)を育てていくという考え方です。焦点を節目(立ち合い)に向けていくというオーラが身についてくると行動に一貫性がついてきます

あの高く伸びている竹が、どんなに強い風が吹いても、しおれるだけで折れないのは節目があるからです。竹は高く伸びるために節目があるといわれております。人間も節目があれば、軽さと強さを備えている竹のように、軽い行動と粘り強さが身について苦難にさえも折れないのです。

立ち合い・塩まきは節目つくり

今までと同じように、グチや不平不満など言ってきても気にならないのです。無視するようになってきます。っというよりも早く気が付いてねっという感じで、接するようになってきます。そうすると相手がグチなど言ってきても、そのような目でだんまりでいると、言ってる自分が「グチなどいけないかな」っという事が分かって来るのでしょう、途中でトーンダウンしていくのです。

でも理屈では分かってはいても、実行するとなるとできないんですょ。なので、意識とイメージだけでいいのです。始めはぎこちない動きでも、意識とイメージして毎日を過ごしていれば、あるときに、ふっとできるものです。焦点を合わせるべきことに目がいって、周りの無駄なことなどは目に入らなくなるものです。無意識に進むべき道を修正してるようになってくるものです。焦点を始まりのときに向けていれば、ちがう方向に向ける必要がないことが分かってくるのです。

そこに焦点を合わせる訳ですから、自分の必要性・給料・待遇面・仕事の内容などいろいろ自分の中で整理をしておくということです。いざ立ち合いになれば自分の目指しているものや、どんな内容なのかが塩まきで整理できているので、そのことを分かるように全力でぶつかるだけです。立ち合い・塩まき。この考え方の習慣を身につけていくと何かと便利です。っというわけで焦点を立ち合いに合わしていくという考えかをもちながら、相撲観戦を見ているとすごく面白いという話でした。最後まで読んでいただきありがとうございました。感謝です。

焦点を合わせるべきでの考え方はコチラに書き込んでおりますので参考にしてみて下さい。

【関連記事】

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。