悪い習慣の始まりはちょっとから

キッカケはいつもちょっとから

チョイト一杯のつもりで飲んで
いつの間にやらハシゴ酒

ご存じ植木等さんのスーダラ節です。すごくノリのいい歌なのですが、順を追ってみますと「チョイト一杯」から始まって「いつの間にやらハシゴ酒」そして「気がつきゃ、ホームのベンチでごろ寝」っで、「これじゃ体にいい分けないょ」ですよね。そして「分かっちゃいるけど、やめられない」っという歌詞なのですが、文字通りそのままの内容・流れで、よくあるパターンです。

酒・タバコ・ギャンブル・風俗・パチンコ・麻雀等、軽い気持ちで始めてはみたものの、いつの間にかズルズルで、ハタと気がついてからは、やめるにやめられないという人の最初のキッカケは、このちょっとから始まっているのではないでしょうか。

ちょっとの重大さ

道楽や体に悪いことなどは、楽チンで面白いものですからちょっととかいいながら、すぐに行動しがちです。自己管理がちゃんとできて、いき過ぎのない程度で楽しむには問題はないのですが、人生は楽しいことなどには、必ずといっていいように、落とし穴があるようです。楽しいが故に、そのイメージが頭の中で渦巻いて、その裏に隠れている落とし穴とやらに気がつかないのです。

人間は一度イメージしてしまうと、意思よりもイメージした方に、進みやすいという性質があります。よほどしっかりした意思を持っていないと、イメージの方向に進んでしまうのです。自分の意思は、まったく無視して、まるでイメージにコントロールされてしまっているかのようにです。

ワクワクしたイメージが湧いてくると
自分の意思を押さえつけてしまうのです

ドーパミン(快楽物質)

楽しいことをする時には、脳内物質であるドーパミン(快楽物質)が分泌されることが分かっています。ドーパミンは前向きな性格になるという快感の源なのです。前向きだから、イケイケでいつの間にやらズルズルと、のめり込んでしまうのです。娯楽などにはちょっとから始まって「分かっちゃいるけど」と気がつくまで「いつの間にやら」っで、すごく早いのです。

考えてみれば、ものすごく怖い
始めるときのちょっとです

悪い習慣の始まり

習慣は無意識化

この「ちょっと」と「ドーパミン(快楽物質)」をいい方向へ利用すればいいのですが、なかなか成果のでない人生の目標よりも、すぐに楽しめる快楽などには、とっつきやすいようです。

更に困るのは、ご存じのように、快楽的な遊びなどに関しては、体に悪いだけではなく、勢いがついてくると周りの人達にも迷惑がかかってしまうのです。娯楽などは自己管理をを意識して、ある程度の恐怖感と緊張感をもって 挑んでみるようにすればいいことなのですが。

コントロール障害

更に続けていると、加速してきます。そうなると自分はやめたいと思っているのに、その気になっている「もう一人の自分」が、無意識に行動してしまうのです。もう一人の自分とは、自分の中に居座っている本来の自分のすがたのことです

本来の姿である「もう一人の自分」が動きだすと、自分の意思で止めることは、非常に難しくなってきます。自分は前にいきたいのに、乗っている馬が後を向いているというイメージです。自分の意思を無視して逆方向へいってしまって、気がついたときには馬の向いている方向へ行ってしまう、自分をコントロールすることができない、いわゆるコントロール障害になってしまうのです。

依存症

段々とハマり込んでいると、待っているのは依存症という世界です。依存症とは、行為がやめたくてもやめられないという、自分ではコントロールできなくなった状態で、生活自体が非常に困難なってくるというものです。ご存じのように酒・タバコ・ギャンブル・薬物・風俗・パチンコ・麻雀など、依存症に陥ってしまうと、

周りの人達に迷惑をかけてしまう
家族内での争いがひどくなる
生活のリズムが崩れてしまう
お金がどんどん無くなる
体調が悪くなるなど
完全に人生のリズムが崩れてしまいます

しかし、そんなことよりも「分かっちゃいるけど」っで、つい行動してしまうという、困った依存症なのです。ついには、考えていることと、やっていることが違うので、パニック状態になってしまうのです。

悪いイメージに支配されている

例えば、タバコは身体に害があると分かっていても、タバコがやめられない。これは「ふーっタバコがうまい、リラックスできる」というイメージが根ずいてしまうと、自分の中にいる「もう一人の自分」が「イライラしたのか、じゃあタバコを吸えば」と指令を出してきます。

そうなると、いくらやめようと思っても、「もう一人の自分」が指令をだしてしまうと、必ず指令に従ってしまうのです。思えば思うほどタバコのイメージだけが膨らんできて、ますます辞めることはできないという状況になってきます。

周りをも巻き込んでしまうという、困った依存症ですが、自分の意思で変えることは可能だと思います。それは冒頭にありますちょっとの重大さです。自分で気がついて、やめなければいけないと思っている人は、もう少しおつきあい下さい。

ここで人生は逆療法です

辞めようと思わないこと

「やめよう、やめよう」と思いながら、やめることは難しいです。依存症なのでやめようと思った時点で、すでに浸みこんでいるイメージが膨らんでしまいます。考えていることよりもイメージの方が、数倍強いのです。無理やりやめようとするよりも、数倍強いイメージを変えてやることを考えた方が得策です。ここで気がついて欲しいのはちょっとの重大さです。ちょっと、やめてみるか気楽にできるかな・根性を試してみるかです。そしてもうやめようよりも・・・・

とりあえず今日はやめる

それは、とりあえず今日はやめるけど、明日からまたやればいいやという。続けることへの一日先延ばしです。これだとやめなければいけないっという重圧が軽くなり、とりあえず今日辞めてみるだけなので、気はずいぶんと楽だと思います。もしできなくても、気が向いたら何度も気軽に繰り返しです。そしてクセづけて行きます。

明日からやるはやらない

決心したことを「よーし、明日からやるぞ」と言っている人は絶対にやらないです。それは明日になっても同じことを言っているからです。癖がついているからです。「何故いまやらないの」っと、突っ込みたくなりますが 、それは「めんどくさい」ので「今やらない」と言う、一番都合のいい言い訳なのです。

決心したことを「よーし明日からやるぞ」と言ってできないのであるならば、やめたいことなどには「とりあえず今日はやめるけど、明日からまたやればいいや」を口癖にしてみればでいいのでは。「明日からやればいいや」と思えば、やめようと気負わなくてすみます。明日になれば同じように「とりあえず今日はやめるけど、明日からまたやればいいや」で気楽に癖をつけるのです。

気軽に試してみる

ここで、「ちょっと」と「明日から」を組み合わせて、逆利用する事を考えてみます。そして気楽に試してみる感じです。

ちょっとやめて明日からやればいいや」
「今日はタバコをちょっとやめて明日から吸えばいいや」
「今日パチンコはちょっとやめて明日からやればいいや」

気軽に試してみるというところがミソで、何度も試してクセがついてくると、あるときにやめていくような事情や事柄などの偶然現象が立て続けにおこり、気がついたらいつのまにかやめていたということなのです。

自分の中のもう一人の自分が、そむくようにしてくれるのです。無意識だからに苦もなく、自然と離れて行くという考え方です。

もっといい方法はないの

さて、ここまで読んで、なんだあたりまえのことばかりじゃないか、そんなことは知っているし分かっているょ。それができれば苦労はしないょ。そうじゃなくて、もう少し

素晴らしい方法はないの
何か特効薬のような素晴らしい薬
速攻で効く魔法の言葉
何とかしてくれる人がいないか
何とかならないか

などと思っていたとすれば、物足りなかった内容だったと思います。

自分は思い通りに変えられる

しかし根付いていることを、すぐに変えるなど絶対にありえません。自分よりも他の方向に目を向けていたら、自分を変えることはできないです。しかし私のブログのタイトルは自分を変えるです。目を他人などより自分自身に向けてみる。自分の考え方を変える方が、はるかに早いし確実なのです。

チャンスに乗る準備

今まで書き込んできたことを、意識して繰り返しながら過ごしていると、実現するような事柄が、団子になってやってくるときがあります。これがチャンスなのです。

何もしなかったら、そのチャンスがきたことに気がつきません。チャンスがきたときに、いつきてもすぐに乗れるように、準備をしておくという考え方なのです。準備をするクセをつけることによって、チャンスが見えるのです。

考え方を変えることによって、行動が変わってきますし、当然結果も変わってきます。つまり自分を変えることができるのです。これはまさに私の経験済みからなので、切実に感じます。

ちょっと待て

そして記事の締めくくりに、人生はいつも何かを始めなければなりません。楽しいことなどの道楽行動に対しては、始める前にちょっと待てです。マインドフルネス、深呼吸、ゆっくりと落ち着く癖をつけておけば、ドーパミン(快楽物質)の分泌も静まり、冷静な判断ができるようになってきます。

高まる鼓動も沈み込んで、落ち着きを取り戻してみれば、正しい判断ができる余裕が生まれてきます。家族の未来像や自分の目標に焦点を合わしてイメージしてみれば、気軽に手を出すには怖い感じがして、一瞬身構えてしまいます。

自分の目標に対してはちょっと、やってみるかっで、常日ごろからいいことには「ちょっと」を、意識しながら、気軽に繰り返していれば、いつの間にか無意識に前に進んで行けるのです。

目標が決まったときには
ちょっとやってみるか
っと気軽に

娯楽などするときには
ちょっと待て
っで5秒ほどこころ静かに
です

ちょっとを意識

そういえば、私達は何かする時に「ちょっと」と言う言葉をよく使います「ちょっと待ってね」「ちょっと行ってみる」「ちょっとおかしいょ」「ちょっと都合が悪い」とか言います。大切な話なのに「ちょっと話があるんだけど」と「ちょっと」を無意識に入れています。

いつも何かする時に、さりげなく使っている、この「ちょっと」と言う言葉は、すごく重大な意味が含まれているのだということを意識してみて欲しいと思います。

【関連記事】
理解するにはとりあえずやってみる
最初の一歩はちょっとから
私はタバコをやめました

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。