サラ金地獄からの脱出(一部)サラ金地獄に陥る

ついに支払い不能事態に

ずいぶん昔になりますが、すごくヘコんだ時期がありました。わずか2年の間にサラ金6社と国金無担保融資に合計約800万円の借金が出来ました。

2年間に800万円

当然支払い不能に陥りました。目の前は真っ暗になり。途方に暮れるわ、焦点が合わずわで、仕事にも手がつかず、ただ月日だけが流れていくだけでした。原因ですが、事業とか何かに失敗した訳でもなく、体も、いたって健康で元気だし、頭も良い方だと思うし、ギャンブル、お酒、ソープランド、タバコ等、いわゆる男の遊びは一切なし、しかも仕事も、すごく順調だったのに、なぜそんなに借金が膨れたのか、不思議で仕方ありませんでした。 (たぶん今考えれば、調子が良いが故のどんぶり勘定で、イケイケ人生だったように思います)

毎月14万円捨てている

800万円の内訳ですが、200万円が国金無担保融資で、600万円がサラ金です。そのサラ金6社の600万円ですが、サラ金の600万円というと1ヶ月14万円が利息です。当然ですが、毎月14万円返済していたのでは、いつまでたっても、元金は全く減らないです。毎月14万円ドブに捨てているようなもので、行き詰まるのは当然です。催促にも、びくびくした毎日。不安をいらだたせながらも、自転車返済の繰り返し。当然ですが、バンクするのはもう目の前に来ております。

「どうなってんのか、よー分からん。何が分からんかが、分からん」いらいらした毎日が続く「うわっ、コレではダメだ。毎月14万円ドブに捨てている。いくら考えても生活不可能です」あっという2年間でしたが、ついに返済不能の時が、やってきました。その時は現実を直視しなければいけません。「くよくよするより、何とかするしかないじゃないか」っと言うよりも、くよくよしている場合じゃありませんですよね。

何とかする目標に頭を切り替える

よーし、一丁やったるか
私の人生で何とかする目標に頭を切り替えた瞬間です

うーーむ、何をやるのか、よー分からんけど、この「何とかする目標」に頭を切り替えた瞬間から、堰(セキ)を切ったように動き出しました。今、考えても不思議なくらい、すごい行動に出ていきます。人間切羽詰まると怖いです。もりもりと「何とかする」と言う目標が芽生え、行動が決まってくるものです。これから書いていく解決行動は、このハッピーライフを立ち上げたキッカケでもあり、自分の人生を大きく変えた出来事なのです。よろしかったら、ぜひ参考にしてみて下さい。

サラ金地獄からの脱出

長い闘いの始まり

さあ、ここから長い闘いと、自分の心の中に異変が起こってきます。「サラ金と国金無担保融資で800万円か、何とかするしかないんだけど」などと、悩んでいるヒマなどはないです。頭を切り替えて、分からないなりに、とりあえず目の前の事から手を付けていったように思います。まずは、値切るれるところは値切りたおして、ダメもとで、いろいろな思い切った手で、強気で行動したようにも思います。相手の都合など、まったく無視、むし、ムシです。何とかする一直線で、それしか見えてませんでした。鼻息も荒くかなり強引な態度だったと思います。今では無事解決しており、ずいぶんと昔話になってしまいましたが、すべての借入が無事解決するまで、なんと15年間という月日を要してしまいました。  (サラ金の場合は9年間)

銀行・国金無担保融資の大幅減

とりあえず最初にした事は、すでにある銀行無担保融資分の130万円を含めた、2行合計分330万円の交渉からです。まず支払金額と期間延長を保証会社と交渉。 (無保証とありますが、公的機関の信用保証会社が保証人です) 改善方法や、これからの支払い金額などを記入した計画書を作成します。思い切って元金据え置きで交渉した結果ナント承認されたのです。しかも国金無担保融資も承認され、2行で支払い合計13万円を1年間は利息のみの7千円を支払っていきました。これは1年ごとに見直しをしていく、という考え方なので、1年後に残高の一括返済ができなければ、また支払金額と期間延長を交渉します。少し落ち着いた1年後から、毎月の支払を2万円に変更しました。1年後に一括返済できなければ、また交渉を繰り返します。

っん、これは行けるぞ
一回目の大幅減交渉で目の前が明るくなったのをキッカケに
大幅減行動に拍車がかかってきます

大幅減行動に拍車

少し余裕が出来たので、立て直す事ができました。調子に乗って住宅ローン・住宅金融公庫にも元金据え置き交渉しました。さすがに据え置きはできませんでしたが、ナント15万円から5万6千円の大幅減で承認、1年後の交渉では完済まで7万1千円の支払いで承認されたのです。この時も、ずいぶん楽になったことを覚えております。

銀行・国金無担保融資の交渉は毎年繰り返していき、その都度承認されて完済まで、なんと15年かかりました。金額が金額なので当然ですが月日はかかり、その間の毎年の交渉など面倒くさくて、かなりの負担でしたが、少額づつなので仕方ありませんでした。これも15年間やり切りましたです。そして同じころ住宅ローンもすべて完済して、契約書と完済証明書を送られてきたのでした。

借入復歴を確認していると ・・・ アレ

この銀行・国金無担保融資と住宅ローン・住宅金融公庫の大幅減交渉までは無我夢中だったのか、あっという間でした。かなり余裕が出来てまして、ぐっと楽になりました「ふーっひと安心」ってかー「っん、ちょっと待てよー」「ちょっと待ってよ」ここで安心してはいられないですょね。ふっと立ち止まり、こころ新たに「すべてヨシでいけるぞ」です。

ここからが正念場
サラ金地獄からの脱出交渉です

さて、サラ金の借入れの処理方法を考えながら下準備をして進めて行きます。過去の手帳記録などを見ながら、借り入れ記録を書き込んでいる途中、その数字を何度も眺めることになり、ふっと気が付きます。この数字には、ずいぶん無茶だったなと思ったりして「これはさすがに無理があるな」っと、恥ずかしきながらも、気ずくことマジマジです。

ある異変に気がつく

サラ金6社の場合ですが、9年かかりました。とりあえず、借入開始の日・今までに支払った期間・毎月の支払い金額・残高金額等を分かる範囲で書いてみました。時間がかかりましたが、長々と書いていく数字を眺めている内に「っん、ちょっとまてょ、なんだコレー」ある異変に気がついてきました。それは、サラ金地獄に陥るワナです。

サラ金地獄に陥るワナ

最初はちょっとから

それは、最初は少額で1万円借りては、すぐに返済しているのです。しかし、2万、3万と少しづつ金額が増えて行きますが、それでもちゃんと返済しており、5万円ぐらいの借入、返済が半年ぐらい続いていました。そしてカード慣れしてくるのでしょうか、だんだんと金額が増えてくるのです。20万ぐらいは、とりあえずとか言って平気で借入します。そして15万円返済して5万円残している。この5万円が10万円になり、20万円になり、50万円になり、100万円になり、どんどんと加速がついてきて、勢いがついてくると膨れていくのはすごく早いです

思い込み

機械に行けばスーっと札束が出てくるから、これは一見、楽ですよね。冷静に考えれば、いけないなと分かる事なのですが、そこがカード慣れしてくると、一種のカード症候群になってきます。病気のようなもので、目の前の事しか見えなくなってきているのです。足らなくなってくれば、無意識にカードを使っているのです。それは自分の意識の中に「まだ10万借入ができる」という思い込みが芽生えて来るのです、この借りることが出来る金額を、自分の貯金だと勘違いしてくるのです。ここがコワイです。そして枠いっぱいまで借り入れると、あわてて必死に返済して行きますが、そのうちに枠が広がってくると安心してしまい、「とりあえず」っとか言って気が緩み、だらだらと枠いっぱいまで借入てしまう。いつしか、この繰り返しが始まってくるという訳です。そうしている間にも高い利息だけはバッチリ取られているのです。

つまり自分の焦点が、限度額のラインに合っているのです

自転車操業

アッチで借りてコッチで返済、コチラで返済するために借入の残高を探す毎日。なければ新しい借入先を探す、こうなれば金銭感覚が完全に麻痺状態です、もう仕事どころではありません。っで、最後は自転車返済が忙しくなってきます。まだ大丈夫、まだ大丈夫とか思っている間にも、現実には借金がどんどん膨らんでいってます。やはり落ち着く先は、返済不能の赤カードの行き詰まりです。考えてみれば、なるべくしてなってしまった感じなのですが、麻痺状態では余裕なんてありません。しばらくは暗中模索がつづきますが、さあ何とかしなくではです。

ちなみに、後々で気がつく事なのですが、このメカニズムは、ギャンブル症候群・アルコール症候群や、盗み・サギ・ハラスメント等、他の悪い習慣にも、まったく同じ事が言えると思います。

サラ金整理方法

サラ金整理方法は5つあります

【そのまま支払う】
何もしないで、今まで通り支払っていく

【特定調停】
借入した本人が裁判所に出向き、手続きをして解決していくものです。費用が安く知識もいりませんが、何度も裁判所まで行かなければならないので、キツイ部分もあります。

【任意整理】
グレーゾーン金利を差し引いて、毎月の支払額を減少させるよう債権者と交渉する。裁判所への申し立ては不要で、交渉はを弁護士や司法書士が行います。専門家にすべてお任せなので、時間がない人向きです。

【個人再生】
住宅・不動産など財産を処分しないで、借金を20%まで減額させる方法です。サラリーマン等、将来にわたって継続安定した収入を得ることができる人が対象です。

【自己破産】
裁判所へ自己破産を申し立て、免責が認められれば、サラ金への借金を支払う必要は全くなくなります。揃えなければならない書類が多く、書き方がよく分からないなど、弁護士の力を借りる必要があります。

もうひとつ、夜逃げ・とんずら・好きにしろと【踏み倒す】という方法もありなのですが、これは論外です。【そのまま支払う】も自分の中にはないので残る4っつから選びました。

特定調停を選ぶ

「合法的に、最小限必要な金額を、自分の払える範囲内で支払っていく」という事を、まずは自分の中に決めました。最小限必要な金額を、自分の払える方法で支払っていくには、金額を下げて支払い期間を延ばすしかないです。他の方法は、借金を踏み倒すという意識が自分の中にあり「お借りしたものは返す」という考え方なので、私は特定調停という方法を選びました。

これは借金残高から、グレーゾーン金利である過払い金を差し引いた金額を、無利息で月々少しずつ支払っていくというものです(原則36回)。これは、裁判所の効力を持ちながら、任意で解決していく、というもので、裁判とは違います。相談員は現職ではなくてOBの方で、ちょっとしたボランティアです。しかし、相談は裁判所の一室で行いますので、裁判所の効力はもっています。

解決すると支払いは楽になりますが、決めた事を実行しないと、今までのようなダラダラ催促と違って、裁判所からの「即強制」とやらが待っていますので、絶対に待ったなしです。そんなデメリットもありますものですから支払える範囲を徹底しました。     続きを読む

【関連記事】
この「サラ金地獄からの脱出」は三部に分けて書き込んでおります

〇一部
サラ金地獄からの脱出(一部)サラ金地獄に陥る
(サラ金地獄から頭の切り替え・何とかする目標と行動)

〇二部
サラ金地獄からの脱出(二部)特定調停での解決
(借金交渉の方法と下準備・特定調停をする時の考え方)
〇三部
サラ金地獄からの脱出(三部)本気の流れが必要
(サラ金業者との直接対決・借金交渉の秘訣と絶対条件)

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。