悪い事ばかり起こる

一ヶ月先の支払いをする人

ずいぶんと昔になりますが高校を卒業したころの事です。私の同級生で車のローンを一ヶ月先の支払いをしている人がおりました。もし支払いを忘れていても「一か月間の余裕があるから」という理由なのですが、このような考え方の人は、うっかりでも忘れる事はないと思うのですが。自分の中に余裕がある人生を送っている感じがしておりました。

逆にローンの支払いを一ヶ月、二ヶ月前の支払いを、遅れがちにしている人もおりました。同じ金額を支払うというのに、内容がまったく違う事に気が付きます。「支払いに余裕をもっている」のと「支払いを追いかけている」との違いです。突き詰めれば、心に余裕があるか、ないかの違いです。今考えれてみれば、長い間には大差がついてくるようです。

つまり、こころに余裕をもって毎日生活していれば、自分の器も広くなってきます。広くなると言う事は、そのすき間に、良い事を入れられるスペースが出来ます。良い事が近ずいてきた時に、すぐに入いることができるという事です。何だか、良い事が引き寄ってくる為の準備が、出来ているという感じがします。

「支払いを追いかけている」のは、追いかけている訳ですから、取り残されてしまいそうな状況がイメージできます。器が満杯で、こころに余裕がなければ、良い情報なんて、やってきても入いる事ができなくて、こぼれてしまいます。そうすると人生のイロイロな場面でも不具合が生じてきます。上とは逆で、まるで、良い情報を載せている幸せ車が、走り去って逃げている、その後から必死で追いかけている。そんな状況が思い浮かびます。

追いかけると逃げて行く

どうも人生には「逃げていくものには、追いかけてみたくなる」という性質があるようです。人間はとっさの出来事に対して、何故か身構えてしまいます。追いかけてくると自分を守ろうとして、無意識に逃げる準備をするのかもしれません。逃げていては追いかけてくるぞ。そこから、逃げていると加速して、まだ繰り返していると段々とひどくなってきます。

例えば、好きな女性に「貴女が好きですょ」と追いかければ、彼女としてみれば逃げたくなります。好きな彼女に告白されたとしても「っお、ラッキー」なんて、その気丸出しで、喜んで近づいて行ったりすると、100年の恋もいっぺんに冷めてしまい、途端にトーンダウン「まずい雰囲気」になる事があります。ホワイ?なぜなの?今まで好意を持って、夢みてイメージしていた感じと、追いかけて来るという、一種のストーカー的な感じを受け、急変な現実とのギャップに、「こんなハズでは」と、何となく別人みたいに感じてしまうのでは。うーーむ、っという事は、好きな相手は追いかけてはいけないのだ。いやいや、そうではなくて軽々しく追いかけたりすると、逃げたくなるという心理が働くと言う事です。

お金にしても、やはり追いかけると逃げて行きます。時給ばかり気にして、「自給900円よりも、こちらの方が自給1000円なので」とか言って働いていると、自分が働いたのだから頂くのは「当然」と考え方になり、お金を得るために働く。つまり、イヤな事でも時給が良いのでと得意げに話す。時間をお金に変えている、ただそれだけの事、という体になってしまいます。極端な例が一発あててやろうと、ギャンブルをしている人ほど、お金が逃げて行くのはご承知の通りで、完全にお金に嫌われ、逃げられております。

逃げると追いかけたくなる

「追いかけると逃げて行く」それでは「逃げると追いかけたくなる」という理屈になるなっという訳で、ここでまた、この事をうらずけるような実験を放送していた事を思い出しました。

日光のサル軍団が観光客を襲うのは、どんな人なのかという大変面白い実験です。野生のサルに首輪をつけ鎖でクイに、つなぎます。そして、襲うのは、おそらく弱い人間だと思って、女性がバナナを持ってサルに近ずいていきます。やはり案の定、襲ってくるのです。でも男性には襲ってきません。じゃあ、女性ばかり襲って男性は襲わないのかな。そこで男性が女性の服装をしてサルに近ずきますが、襲わないのです。女性が男性の服装をしても、襲ってくるのです。どうも見た目ではないようです。

なんだろーっで、VTRを何度も見ていると、いきなり襲って来ない事に気が付きます。サルはいきなり襲って来る事はないのです。しばらくは相手の様子を伺っているのです。バナナの前を行ったり来たりウロウロしております。更によくよく観察してみると、襲う前に、ちょっと襲う振りをしています。つまり威嚇(いかく)です。こいつは襲っても大丈夫なのか、反撃してはこないか、っと、伺いを立ててるのです。そして、少しひるんだりすると、「っん、こいつはいけるぞ」と判断すれば、意を決して、いきなり襲ってくるという事が分かってきました。

そこで今度は男性が近寄って、威嚇してきた時に、わざと後ずさりしてみます。そうすると襲ってくるのです。今度は女性が近寄って、威嚇してきた時に、後ずさりしなようにすると襲ってこないのです。つまり逃げる人には、追いかけてくるという事なのです。

人生も悪いことからは、逃げないで追いかけてみる方が、うまく行くように思うのです。悪い事などはサルだと思って「何だおまえは、来るなー」っで、追い払うイメージです。振り返ってみるに人生すべてに、この理屈が当てはまるように思います。

良い事は逃げるのではなくて引き寄せる

それでは逆に、良い事から逃げれば追いかけてくるのかな。いやいや、みんなを幸せにしたい神様は追いかけたりはしないです。でも、行ってみたくなるように誘導して、引き寄せてみる事を考えた方が良いのです。心の中で「幸せ神様、仲良くしましょうょ」という気持ちでいれば、基本的な事である「ありがとうございます」という感謝の気持ちと「すみません」と言う謙虚な気持ちになってきます。そうするとニコニコしながら近ずいてきますょ。

「逃げると追いかけてくる」
なぜか彼女もお金も逃げていく人へ

彼女を自分の方に「引き寄せる」的に考えた方が、うまく行くように思います。例えば、好きな彼女に告白された時などは、これはすごいチャンスです。ありのままに喜んではみるも、この理屈を考えた時に、彼女の告白に対して逃げてみる。そうすると彼女の方としてみれば追いかけたくなりませんか。あからさまに逃げるのではなく、「ありがとう、よろしく」っとか言って、普段の姿勢を崩さないようにしながら、ちょっと微笑んでみたりする。カッコイーとは思いませんか。さらに引き寄せる事を意識してみる。例えば、自分には何の魅力があるのだろうか考えてみるです。つまり、自分の良いトコ探しです。自分では気が付かないだけで、何かあるハズです。そうでないと告白などしないですょね。そして、アワアワと過ごして行く。そうすると、うまく行く確率は限りなく100%に近づいてくるのであります。ジャジャジャーーン

お金は追いかけるのではなく、引き寄せるもの。給料日が待ち遠しくて、指折り数えてイヤイヤながら仕事をしている。やっとこさ給料を頂いたら、また0からの始まりで給料日を待つ。まるでお金の奴隷です。それよりも、今生きている人生を楽しむ、たとえどんな状態であろうとも、それは自分の進んできた道、今ある状態を幸せだと感じる事。っで、どんな仕事であろうとも、それは自分で決めた事「あなたは、この仕事をしなさい」という使命なので、イヤイヤするも、楽しくするも給料日はやってきます。焦点をお金に合わせるより、している仕事を見た方が得策です。楽しんでいれば、お金が自分の方に近ずいてくる。お金が引き寄ってくる感じがします。

悪運は追いかけるもの

ともすれば、何か問題が起きた時に、ついつい楽な方法を選びがちですが、楽な方法を考えていると、解決方法が身につかないものです。私も、かつて相談を受けた時に、アドバイスに対して「えーっ私がするんですか」「でも、自分には出来そうもないなー」「そんな事よりも、もっと簡単な方法はないの」口に出さなくても眉間に、しわを寄せていると、あまり本気になれないです。水戸さんではないので、どこにも印籠などありません。つまり他力本願では、いつまでたっても、同じことに繰り返しになるということです。

問題が起きた時には、逃げるのではなくて、追いかけて行くのです。問題が起きた時には、しつこく追いかけて行くのです。「なんだお前は」とか言いながら、その悪い問題に向かって、立ち向かっていくイメージです。「二度と来るな」と、逃げていくまで、しつこく、しつこく、しつこく追いかけます。そうすると、その苦しい悪運とやらが、こそこそと逃げて行くんですねー、不思議です。一度逃げてしまえば、そのコツが分かりますので、段々と簡単に追い払う事ができるようになります。

そのような行動をして、悪運、つまり「貧乏神」とやらが逃げるていくと、ニコニコしながら「幸せの神様」が近ずいてくるのです。きっと、貧乏神と仲良くしている人は無視していたのでしょう。そして今度は「幸せの神様」と仲良く暮らしていくことを考えていくと。当然ですが、良い事しか起こらないようになってきます。

【関連記事】
良い事ばかり起こしたい

  1. この記事へのコメントはありません。