なりたい自分になる

なりたい自分になるには

なりたい自分になりたい
でも
どうしてなりたい自分になれないの?
どうして
毎日、毎日、嫌な事ばかりしなければいけないの??
なぜなの??? ホワイ
もし、こんなことを思っているとしたら

そのヒントが童話「ウサギとカメ」にありました。足が速いウサギと足の遅いカメが競争をしました。ウサギは「どうせ勝つのだから」と、ちょっと一休み。居眠りしている間にカメがゴールしていたっというイソップ童話です。

イソップ童話「ウサギとカメ」から学んだ事
(このぺージの前編です)
ウサギとカメに学ぶ幸せの道

この「ウサギとカメ」の物語を読んだだけで、このページ趣旨であります「なりたい自分になる」なのですが、何となく分かるような気がします。読み進みながら、自分なりに考えて自分なりに習得していくと段々と進化していきます。何かを感じるようにしてみる。ここが大切で、続けていると必ず何かヒラメキます。誰にもない自分だけの学びです。自分だけの出来る方法が、必ず見つかります。貴方がこうすれば良いという方法は、私には分かりませんです。というよりも1000人1000色です、人によって、すべて違います。このページでは私が良いと思う考え方などを書き込んでおりますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

周りの出来事よりも、何を見ているか

さて、「なりたい自分になる」には、この書き込みに限らず良いなと思ったら、同じように読み返して、自分なりに習得していくという事だと私は考えております。何度も読み返して、その都度なぜ競争したの?何で寝ちゃったの?何で懸賞がないの?などもしも自分だったらと、置き換えたりして、楽しみながら、ヒマな時にでも考えてみれば、自分なりの学びがあります。この「ウサギとカメ」の書き込みも、最初は、思いつくままに書き込み、分かりやすくまとめたりしている内に、新たな文面が浮かんできたりして。そして、書き込んだことによって、ある程度の責任感が生まれてきて、少しずつ自分のものになっていくのだと感じております。

自分なりの器が大きくなり
どのように進んでいけば良いのかが明確になってきます
過去の後悔や未来の不安もなくなり
何があってもいま自分がするべきことをタンタンとこなしていく
そんな自分が出来上がってきます
まさにカメの心境です

他人よりも自分と競争をする

他人と競争をしても、疲れるし長続きしません。もし、ある人を超えても、さらなる上の人がいます。ずいぶん昔だったら、それも良いのかもしれませんが、多様化されている現在。さらなる上を目指すことも良いとは思いますが、得策ではないと思います。それよりも競争相手を、他人よりも自分に置き換えてみます。つまり昨日の自分よりも、今日の自分が、少しでも進歩しいれば良しとする、というやつです。それを喜んで、また明日も何か進歩しようです。つまりカメさんのように、周りのことよりも、目標であるゴールしか見ないという事です。事実そのようにしてみると、周りがグチやイヤミ、悪口等言って来ても、全く気にならないし「っあ、この人って目標がブレてる」的な目で、見てしまって、可哀そうにさえなってしまいます。早く気が付いてょっで、こころに余裕さえ生まれてきます。

自分を褒めてやる

人それぞれの向き不向き、また経験等まったく違っているので10000人10000色です。比べるなんて疲れるだけ。のろまでも自分自身が毎日成長していれば、それで満足。そうすれば毎日が満足三昧で進歩の連続です。そして自分を褒めてやる。そうすると木に上ってしまいます、なんだか楽しくなってきませんか。誰かと比較するなんて、くだらない。まったく無意味だと私は思っています。

続けることで成長していく

このハッピーライフを立ち上げてから、試行錯誤で約一年たちますが、なかなか思い通りの文章にならなくて、試行錯誤の連続で、まさに、このカメの心境です。コツコツすることの好きな私であります。だからコツコツと焦らず続けていれば自分の納得できる、素晴らしいブログが完成出来ると思いますです。ちなみに、この「ウサギとカメ」(なりたい自分になる)のページは、思いつきから投稿まで10日間ぐらいかかっております。投稿した後に、読み返ししながら変更や追加などして、じっくりと作り上げております。

目標があるのに目標を見ていない人

人間の行動パターン

このイソップ童話「ウサギとカメ」からの教えを参考に、人生に置き換えた場合を考えた時に、人間の行動パターンは大きく分けて4つのパターンがあることに気が付きました。ウサギの中でも、この物語に出てくるようなウサギばかりではなくて、ちゃんとゴールを見ているウサギもいるでしょうし、カメの中でも、ゴールを見ていないカメだっているハズです。ウサギがゴール見ていたら、素晴らしいではないですか。もしもカメがウサギを見ていたら、ナントくだらないとは思いませんか。ウサギを見てすぐにあきらめて「これで良いのだ、ウサギに勝つ必要もないし、自分はのろまなままでいいんです」というカメもいるハズです。つまり

ウサギの仲間でも
カメを見ているウサギと、ゴールを見ているウサギ
の2パターン、カメの仲間でも
ゴールを見ているカメと、ウサギを見ているカメ
の2パターンがあり、合計で4つのパターンです

同じように、人間の行動も
目標を持っている人と、持っていない人
(ゴールを見ている人と、周りを見ている人)
の2パターン、そしてどちらにも、
目標を目指している人と、目指していない人
(ゴールを目指している人と、周りを見てグチっている人)
の2パターンがあり、計4つのパターンです

理屈っぽくなりましたが、分かりやすく言えば
目標を持っている人と目標を持っていない人
の2パターン、そしてどちらにも
行動している人と、行動していない人
の2パターンがあり、計4つのパターンです

その中で、目標があって目指している人、ウサギで言えば、さっさとゴールまで行ってゴールの上で休むウサギです。そして、コツコツと確実に進むカメさんの事です。これが一番良いと思います。このようなウサギとカメだったら、どちらも競争なんて無意味な事は絶対に、しないと思います。そして、目標(ゴール)があるのに目指していない人。じつわ、このタイプが一番不幸に成りやすいのです。つまりカメ(周り)を見ていた為にゴールを忘れてしまい、油断してゴール前で居眠りをしたウサギの事です。

目標(ゴール)がないのに、目指している人。つまり何も考えてはいないけど、いつの間にか成りたい自分になっていたという人達の事です。側から見れば、ナント運の良い人なんだろう、と羨ましがられています。これはこれで、ゴールまでたどり着いているので、良しとします。目標(ゴール)がないので目指していない人。何も考えないで「オレはこれで良いのだ。人様の迷惑が掛からないように、自分の中で静かに人生を楽しみます。のんびりが一番」ってか、うーーむ、なるほど、これもアリかな・・・っで、良しとます。

目標があるのに周りを見ている人
ゴールを見ないでカメを見ていたウサギの事です

いわゆる問題なのは、先ほども書き込んだように、目標があるのに目指していない人で、周りを見ている人達の事なのです。つまり物語に出ている、居眠りしたウサギの事なのですが、まずは、このイソップ童話「ウサギとカメ」から、何となくで良いので感じて頂けたらと思います。

早くその事に気が付く事
気がついた時から考え方が変わります
考え方が変われば行動が変わってきます
当然ですが結果も変わってくるという事なのです

イソップ童話「ウサギとカメ」から学んだ事
(このぺージの前編です)
ウサギとカメに学ぶ幸せの道

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。