良い事ばかり起こしたい

笑う人には福の神が来る

少し前、テレビで笑いの実験をしておりました。普段まったく笑わない人5人ぐらいを前にして、おもしろい話を言って何とか笑わすように、してみるという実験です。実験を行うとニヤっとする程度で、面白い話とはウラハラに、重苦しい雰囲気です。なんせ普段笑わないという人達です、全員が笑うには程遠く、難しい感じを受けましたです。

そこで、一人笑いのプロを聞き役に加えてみるのです。そして、同じように、おもしろい話をするのです。そして、おもしろい事を言うたびに、その笑いのプロが、ゲラゲラと大声で笑うのです。しかも、心の中から、おなかを抱て笑うのです。それはもう頭の血管が浮き出るぐらいです「うわー、さすが笑いのプロだ」っと、関心して見ていたら、なんとその笑いにつられて、みんなクスクスと笑っているのです。段々と笑いのプロに感化されて、いつの間にか笑顔いっぱいになっているのです。同じように言っているのに、明らかに反応がありました。そして見ている私も笑っていました。

うーーむ、そういえば私の周りでも、ある人が話すと、みんな笑って盛り上がるという人がいます。その人は、人の話はあまり聞かないし、話の内容も、自己中心的な自慢話が多く、別に面白いとは思わないのですが、周りの人が聞き入って、笑っているのです。もちろん、そこには笑いのプロなどは、おりません。

何だろなと、よくよくみてみると、その人は自分が言った事に対して、自分で笑っているんです。先ほどの実験の時の「笑いのプロ」のように、心底からです。それにつられて、みんなが笑いだして、その場が意味もなく盛り上がってくるのです。話の内容なんてどうでもいいのカナ。この人ひょっとして、笑いのプロかな、というぐらいです。

考えてみれば、いくらおもしろい事を言っても、ブスーっとして喋っていたら、笑えないですよね。一般的な生活の中では、内容よりまずは、雰囲気づくりが大切なのではないのかなと思います。自分が言って自分で笑っている。珍しい人だなと思っていたら、私も同じように面白い事とを言うと、自分で大笑いしていることにに気が付きました。そうしていたら周りが盛り上がっているようなのです。周りの人が、どのように受け止めようかは考えずに、図々しくバカ笑いします。すると不思議なんですょ、相手もつられて笑っているのです。無意識に良い事はマネしていたのだと思います。

追いかけると逃げていく
逃げると追いかけて来る

自分にとって良い事は追いかけないで、自分から演じることによって、向こうから追いかけて来る。つまりは、引き寄ってくるという感じで、笑う人には福の神が来たるです。

良い事ばかり起こしたかったならば
まずは笑う事かなと思います

笑っているから良い事が起こる

そして同じころに、過去に超ネガティブだった女性アナウンサーが、笑顔の先生と認めている浪越徳治郎先生とお話をする機会があったそうです。浪越徳治郎先生と言えば、ご存じの方もいられると思いますが、「指圧の心は母心、押せば命の泉わく」の名セリフと「あっはっはっはー」の大笑いで知られる指圧師です。

その「あっはっはっはー」と大笑いしている先生に対して「浪越先生、良い事があったから、お笑いですね」と言いますと、こう答えたそうです。「それはね良い事があったから笑っているんじゃないんだょ。笑っいるから良い事があるんだょ」「ハッハッハーーーッ」っだ、そうです。お話をした、この女性アナウンサーですが丁度この頃、暗い自分を意識していた時期だったのです。当時の証拠写真を見せていただきましたが、まさに「うわっ」「超クラィ」です。しかし笑顔の大切さに気づいて、しばらくしてからアナウンサーを退職、著書「笑顔があれば」のベストセラーを機に、今では笑顔協和国大統領の肩書で、全国をまわって講演、大勢の経営者の前で、笑顔いっぱいで講師をしておられるのです。その講演の中での一説を紹介させていただきました。

どうも、笑っていると良い事が起こるらしいです

笑う事を受け入れてみれば
周りの人達が自分に近ずいて来る
つまり引き寄って来る感じです

そして、笑いをググってみますと、やはりたくさん出ましたです。慢性関節リウマチ患者に林家木久蔵さんの落語を聞いて笑ってもらい、大笑いした結果、炎症の程度を示す物質の顕著な減少が認められたそうです。中には、正常の10倍もあった値が正常値にまで改善した例も確認され、患者自身の声にも「こんなに声を出して笑ったのは久しぶり。毎日笑えたらどんなにいいか。」という意見もあったそうです。

実験に協力した林家木久蔵さんですが、「病は気から」を裏付ける、この実験は米国のリウマチ専門雑誌「Journal of Rheumatology」23巻4号(1996年)に木久蔵さんの写真入りで掲載されているそうです。もし興味のある方はググってみるのも良いでしょう。また、お笑いで代表的な吉本新喜劇ですが、お笑い喜劇鑑賞でがん患者の免疫力が向上、わずか5分間笑うことで、NK細胞(免疫細胞の一種)が活性化してくるそうです。それに笑いは頭脳の活性化にも良いようです。まさに笑いは良い事だらけです。吉本興業のお笑い芸人達が、人気になるのも、なるほどです。

笑いに関する事で思い出した事を、二件書き込みましたが、良い事ばかり起こしたいと思ったら笑ってみる、何かおもしろい事を言ったり聞いたりした時には、とりあえず笑ってみる。笑うクセをつける事が必要な感じがします。

深く考え込んでいると、どうしても暗くなってきます。笑っていれば当然、明るくなってきます。そして笑いは、明るくなるための一つの方法です。笑っていれば明るくなってくるのと同じように、まずは自分から明るく振る舞まっていると、良い事が起こってくるようです。生活・仕事・趣味等、すべてに対してとにかく楽しくという事でしょう。

すみません、もう一度書きます
どうも、笑っていると良い事が起こるらしいです
どうも、明るく振る舞っていと良い事ばかりが起こってくるらしいです

幸運神様と仲良くする

いつも笑っていると、幸運の神様が近ずいてくるような感じがしませんか。そして笑うと同時に、すべての人や事柄に感謝の日々を過ごしていると、大喜びをしながら近寄ってくるような感じがしませんか。幸運の神様と仲良くしている、自分には幸運の神様が居付いているのだ、という感じがしませんか。よしよし幸運の神様を逃がさないように仲良くしていこう。そのようにしていけば、幸運の神様が勝手に幸せにしてくれているという感じです。なぜならば幸運の神様がいるところには、貧乏神は絶対に近ずいてこないのです。貧乏神は幸運の神様が大キライだからです。せっかく仲良くなった幸運の神様が、逃げて行かないように振る舞ってみる。このように意識して暮らしていくことで、自然とハッピーになってくるというものです。グチ・不平・不満・悪口等には、まったく無縁で、少しでも言ったりしていると、幸運の神様が逃げてしまいます。そして幸運の神様がいなくなったトタンに、貧乏神が近ずいてきますから明るく、明るくです。

幸運の神様と仲良く、仲良くです

グチ・不平・不満・悪口は無意識にしており自分では気がつかないものです。自分に対して、気にいらない言葉、態度、しぐさなどしてきた時に、負けまいと言い返したりしていると、幸運の神様が愛想を尽かして、逃げてしまいます。そうすると、貧乏神がニコニコしながら近ずいてきます。もし、そのようなしぐさに気がついたら、「っあ、幸運の神様が、逃げてしまう」をイメージしてみると、自然と対処する方法が分かってくると思います。っで、そのようなしぐさに気がついたら、それは自分を知る良いチャンスです。それは、カチンときたら「カガミの法則」で、その人と同じ動作を、自分もしているという事なのです「人の振りみて我が振り直せ」で、自分を見直してみるという事です。間違っても相手にしてはいけないです。幸運が逃げてしまいます。静かに交わして、しまいましょう。

しつこいようですが、もう一度書きます。「幸せの神様」が居付いている限りは「貧乏神」は絶対に近ずいてきません。せっかく仲良くなれた「幸せの神様」に嫌われないように、毎日を楽しく暮らしていくと良いかと思います。悪運が振り向かずに、幸運が引き寄ってきているのだと思えば、今まで、イヤだと思っていた苦労だって、面白くなってきます。タダがむしゃらにしているだけ、幸せな人達をうらやむばかり、グチやイヤミ悪口などか無くなってきます。ひょっとしたら、イヤな事でも楽しめるようにクセがついくるのかな、という感じもします。

【関連記事】
悪い事ばかり起こる

  1. この記事へのコメントはありません。