周りの環境に馴染む

馴染むための考え方

私達の周りにはいろいろな施設があります。病院、警察、消防、役所などですが、すべては自分が幸せに過ごして行く為の、手助けをしていただくという場所です。つまり、自分では処理できない事や、場所などを提供しているのです。

施設は手助けをしてくれる所

病院は病気になった時に治してくれるのではなく、治るまでの処置をしてくれます。警察は事故や事件から守ってくれるのではなく、事件事故が起こった場合に、事実関係を証明するなど、その後の処理をしてくれます。

消防署は火事から守ってくれるのではなく、消防車や救急車など、火を消したり病院まで搬送してくれます。市役所や公民館もしかりです。周りにあるすべての施設は、自分が快適に過ごすために、手助けをしてくれている所なのです。

基本的には自分の身は
自分で工夫して守るものです

便利で快適な生活を築くには

私達の周りにはたくさんの便利のいい機関や施設などがあります。たくさん便利な制度がありながら「こんなに便利な制度がありますょ、活用してみませんか」などと、わざわざ近ずいてきてから教えてくれません。広報などに目を通すなど、こちらが調べてから交渉して、時には机の一つもたたいたりして、やっとこさ重たい腰を上げるのです。

困った時、黙っていたら
すべての施設は何もしてくれない

ならば、ちょっと調べてみるか

世の中すべてが、手助けをしてくれる

このように考えてみると、どのように行動すれば良いかが理解できます。つまり上手に利用するように、自分の判断で考え、行動して初めて、快適に過ごす事ができるのではないかと思います。調べてみれば、便利で快適な方法がたくさんあります。興味本位で調べてみれば、思わず目からウロコが落ちたりする事も、あるかと思います。
(私の場合はたくさんありました)

環境に馴染む

グチは自分を見失う

少し話がズレますが、近くに不平不満やグチばかり言ってる人がいませんか。よーく観察してみて下さい、必ず他人や周りのせいにしているはずです。つまり他人をアテにしているのです。考え方として他人を頼るという意味では、病気になればすぐに病院をアテにするのと同じ理屈だと、私は思っています。

不平不満を言うよりも、自ら進んで周りの環境を利用することを考えて環境に馴染むように行動した方が得策で、人生が楽しく過ごせるのにと思います。

自分の事は自身で管理

若い頃にリフォーム関係の仕事をしていた時も、まったく同じ事を考えておりました。

お客さんの家を快適に過ごせる事が出来るように、手助けをしているという考え方です。自分の過ごしている家は自分自身で管理、悪くなりかけた所などがあれば早期に発見、簡単に修理など出来る事などは、自分で考え工夫して直してみる。

そして、どうしても出来ないところを、業者に依頼、手助けをしてもらう、私共業者は、その対価としての料金を頂くという考え方です。

病院は治るまでの処置

病院の先生の仕事は病気を治すのではなくて、症状を和らげるための処置で治していくのは免疫でしかないのです。大掛かりな手術を必要とする事もありますが、私達が家回りが傷んだり古くなった箇所の部品の交換、または補修したりする事と同じ事なのです。

他人をアテにしない

そして他人をアテにしないという免疫が定着してくると、困った問題が起きた時も同じ理屈です。不平不満を言うよりも解決していくという免疫をつけて行く方に目が向いており、問題が起きても難なく行動、無意識にのうちに解決できるという事なのです。

  1. この記事へのコメントはありません。