車を運転する時の心構え

車の運転と事故

くるまを運転する時に、自分は絶対に事故も違反も起こしません。と思いながら運転していませんか。

私は絶対に事故は起こしません
それは不可能です

いきなり過激な言葉から始まりましたが、車は常に動いているのです。すごい数のイロイロな車をイロイロな人達が運転しながら、ゴチャゴチャとひしめき合って、移動しているのです。交差点あり、狭い道路あり、歩行者あり、自転車ありです。むしろ事故を起こさない事は不可能で、奇跡に近い事なのです。

事故は起きるもの

でも、事故を起こしても仕方がないという意味とは違います。「自分は絶対に事故も違反も起こしません」という気持ちは、大切な事だとは思いますが、私の場合ちょっと見方を変えております。自分を信じる事も大切ですが、疑ってみる事も、それ以上に大切な事だと考えているからです。

私は事故は起きるものだと思って運転をしております。もし事故った時は最低限の被害で、一番軽くて済むようにそして、今日初めて、車を運転するのだという気持ちを心がけて、事故は起きるものだという前提で運転をしております。

周りの流れに合わせる

実際の私の運転ですが、ゆっくり走るのが苦手で、自分に合ったスピードで走っております。緊張して注意をするので、気が張って運転に専念出来るから、という理論を持っております。慎重し過ぎて、常にゆっくり走った方が逆に危ない、という感じもするのです。

私の場合、ゆっくりと走っていたら、すぐに眠たくなってしまうのです。事実、前方にあんまりノロノロと、必要以下で走っている車を見ると、正直イライラします。早く広い道に出ないカナです。

基本は、スピードは出し過ぎず、必要以上に慎重になり過ぎないで、周りの流れに合わせる感じです。周りから見ていても違和感なく、助手席の人が安心していられる、ウトウトと居眠りなんかできるような、そんな感じの運転手です。要するに当たり前ですが、普通に運転するという事なのです。

余裕がある雰囲気

しかし、通勤で車を運転していると、何故かあせったりします。別にあせる必要もないのに、空いている方にハンドルを切ってしまいます。ある日、後ろから、ゆっくりとついてくる車がおりました。しばらく走っておりましたが、それにしてもゆったりと、ついてきております。側から見ていても、余裕がある雰囲気が良いですね。

今日に限って、このくるまを運転している人を見て、「っあ、負けてるカナ」という感じがしたのです。そう思ったという事は、自分は大丈夫だと思っていても、少し自重しなさいというサインなのカモです。

感じる事は警告のサイン

考えてみれば、10分ほど早く家を出れば良い事ので、いつのころからか実行しております。確かに現場に早く着き過ぎるのですが、アト後、仲間達が到着するのを眺めていると、一種の優越感が芽生えてくるのです。

広い道などでは、少し飛ばしたりするので、見習わなければいけないなと感じた次第です。特に通勤ラッシュなんかは、絶対に見習いたいという事で

本日も一つ成長しましたです
(少しオーバー)

違反キップ

不思議と一度、違反キップを切られると、立て続けに切られるものです。私も恥ずかしながら、違反もあります。違反も事故を起こす前の警告料だと思って、運が悪いとかグチらずに、寄付だと思って静かに支払っておりますです。

例えば、うっかりでも事故を起こせば、時間と労力、ダメージに加えて、責任感から相手や周りの人達の迷惑など、精神的にも落ち込んでしまいます。それを考えれば、違反金ぐらいは安いものです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。