一旦停止はクセをつける

一旦停止を無視していると

一旦停止では見通しの良い場合でもちょっと待てょと、必ず停止するようにクセづけています。例えば車も多くない、田舎のコンビニの駐車場から広い本線に出る場合でも、一旦停止のラインがあれば必ず停止します。

ラインが無くても、交差している道路では、基本停止します。車も、全くいないし、通行人だっていない、事故なんて起こる訳ないです。おそらく、この先もないでしょう。なので、止まらずに、そのままのスピートで行ってしまいがちです。

ちゃんと確認していますょ

確かに事故なんて起こる訳はないのですが、無意識に行っていると、クセずいてしまって、とっさの場合間に合わないものです。人間は勘違いするし、思い込んでしまうというクセがあります。

たとえ止まらなくても「ちゃんと確認していますょ」「だから大丈夫です」と言います。大丈夫だからと軽く考えて、いつも繰り返していると一旦停止は行っても良いのだと思い込み、クセがついてしまうのす。

まさか来るとは

その思い込みのクセから、なんでもない場面でも、車が来ていても無意識に、出てしまうという可能性があるのです。事故った後に必ず「まさか来るとは」と言い訳をしてしまいますが、事故は一瞬の思い込み勘違いの、そのまさかなのです。

まさかだから事故なのです

一旦停止のラインが書いてある、という事は過去に事故があって危険だから、または、危険性が充分にあるから、いつも住んでいる地元の人達が、必要に迫られているから書いているのです。

一旦停止は一旦停止する場所

私も何度か、車や歩行者などが目の前に来ている事に、正直気が付かない事もあります。「なるほど、こんな場所だったから書いてあるのか」「今のは完全に、うっかりだったなー」っと、反省しつつも、無意識に止まっているので、慌てる事もなくて何事ともなく済んでおります。

私のこのクセですが、ウンヌンと理屈を並べるよりも、一旦停止だから一旦停止していれば良い事であって、みんながそのようにしていれば、事故は限りなく0に近ずいて行けるという事なのです。ほんの0.5秒止まるだけで、心が広くなり余裕が生まれ、何だか周りが良く見えるようになってきます。

しかし
それでも事故は起きる

と、私は思っています

なので、仮にそれで事故ったとしても、人生を狂わせるような事はなく、最低限で処理する事が出来ます。

お褒めの言葉をいただきました

余談ですが、今年、初の高齢者講習を受けました。実際に車に乗っての指導があり、終えた後に指導員から、感想を頂きました。幅寄せの時に内わっぱを使っていたが、それ以外は良かったです。そして

「広い道路に出る時に、必ず一旦停止していたのには驚きました」「完全に停止している人は、ほとんどいないんですょ」っとか、ベタ褒めだったのに。思わずどや顔でした。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。