ストレッチは寝る前にするとよく眠れる

普段スポーツなどは始める前後に、軽く体操をして体をほぐしてやります。運動をする前の準備運動と、運動を終えたときの筋肉の疲れを癒す運動です。運動をしない人でも仕事を始める前と終えた後にも、軽くストレッチをしたりします。いきなり動いたり、終えたりするよりも、ストレッチをすることで、体が機嫌よくスムーズに動いてくれるのです

ところで、ストレッチって、1日が始まる前後も必要なのではないのかなっと思います。朝起きた瞬間は、まだ頭の中がボーっとしており、床に着くときは、まだ体が火照っております。休むと動くの節目には、ちょっとリラックスタイムをつくってやりたいです。このページでは、私が寝る前にやっている簡単なストレッチ法を紹介しております。スッキリしてよく眠れますので、参考にしてみて下さい。

ふくらはぎを癒してやる

日中は、立っているか座っているかで過ごしております。ときどき横になりますが気持ちいいですよね。逆立ちで過ごしている人はいないと思うので、日中は重力の関係で血液は常に下側に向けてかかっている状態にあります。

心臓が血液を送る働きをしておりますが、よくよく考えてみると、それだけではからだ全体までは行き渡らないような気がするし、戻ってくるにはかなり無理な感じがします。足などに行き渡った血液を心臓まで巻き戻すためには、それ以上の巻き戻しポンプの力が必要になるはずです。

ふくらはぎは第二の心臓

どうなのかなっと疑問をもっていたら、じつわ血液が流れている血管は筋肉の中にも存在しており、筋肉も血液を送る役割をしているのです。筋ポンプ作用といって、筋肉が収縮と弛緩を繰り返して血液を押し上げているのです。

ふくらはぎは第二の心臓と呼ばれて、血液を心臓まで押し上げるポンプの役割をしているのです。普段は全く気にしてはいないのですが、血液を心臓まで戻すために、ふくらはぎが疲れているのです。とくに長時間の座った状態や立った姿勢が多いい人、それに過度なストレスや、運動・栄養の偏りなどが重なってくる人、血液を下から上に上げているふくらはぎの働きを無視していると、ご存じのように血液の流れが滞って、ポンプ機能の低下から足のむくみという症状が起こってきます。最初は、押さえても皮膚が元に戻らないなどの筋肉の低下です。

まだ気がつかないで、知らん顔して過ごしていると、動脈硬化症など面倒になってくるのもご存じの通りです。しかもふくらはぎなど足に動脈硬化が起きている人は、脳や心臓でも動脈硬化が起きている確率が、非常に高くなっているそうです。足の中でもとくに、このふくらはぎの緊張を、ほぐしてやったほうが絶対にいいと思います。そこで私は、血液の流れをよくするために、一日を終えて寝る前には血液を心臓まで押し戻しやすくするために足を上にあげてみることを実行しております。

ストレッチ・足を上げるだけ

まず壁に向かって膝を両手で抱えて座ります。そして足を壁にそって上に向けるわけですが、仰向けになってお尻をゆっくりと壁際にくっつけていきます。足と体がL字型になる格好で、膝の裏側は曲げずにまっすぐにして壁にくっつける要領です。両手は思いっきりバンザイをします。これだけでも、かなりきついと思いますが、さらに足先からお尻、頭に向けてゆーっくりと徐々にチカラを抜いていきます

頭から手の指先までちからを抜いたら、ゆっくりと深呼吸をします。当然口元は開き、まぶたなどは閉じるはずです。ここまでのポイントは、ストレッチというよりも足の血液の流れを癒すことなので、いきなりではなくて自分のペースでゆーっくりです。そして何も考えずにリラックスします。

ちょっとやってみて下さい。それだけで血液が心臓まで届きやすくなってくるというイメージが湧いてきて、ジワーっと楽になってくるのが分かります。日中は立っているので、重力に逆らって血液やリンパ液なども戻りが悪くなっているのです。両足をあげることによって解消してあげます。慣れないと、太ももが痛いなど、かなりの強烈感があるので、最初はお尻は壁から少し離してみるといいです。

ここでのポイントも、やはりストレッチというよりもふくらはぎを感謝を込めて癒すというイメージです。気持ちいいのですが、無理はしないで、癒すという考え方でゆっくりと静かにです。

自分だけのツボを見つける

そのままの姿勢で、左足は伸ばしたままで腿(もも)のあたりに、右足首を持っていくと、左足全体から腰にかけてグググーっと伸びてくる感じがします。もちろん右足も同じように延ばしてやります。ゆっくりでいいので何度か繰り返します。さらに片足ずつ、ふくらはぎ・太もも・すねなどを軽くさすったり、また足首、足裏、土踏まず、指先などをマッサージします。揉むというよりも、さするという感じで、ゆっくりです。

五本指はグー・チョキ・パーをしてみます。指先など押えてみると、意外と気持ちがいいです。さらにギューっと強くもみほぐしてみると、すごく痛いところがあります。そのほかいろいろ押さえてみると、痛い所や気持ちいい所があります。そこが自分のツボなのです。すごく楽になって気持ちがいいのですが、そのままの姿勢で寝込まないようにして下さい。私の場合は15分ぐらいです。そしてうつ伏せで寝ます。

逆立ちしてみた

私はその日の疲れ具合で必要に応じて、壁にまっすく伸ばしている足をそのまま広げてみたり、膝を抱えたり、あぐらのかっこうをしてみたりといろいろ試しています。あとは自分でいろいろと工夫してみると、自分に合った自分に適した方法がみつかと思います。ここでですね私のことです、ならばと逆立ちがいいのではと思って試してはみたのですが、腕がめちゃくちゃ疲れるので、さすがにやめました。

ふくらはぎに感謝

これは私独自の方法で自分なりに行っているもので、事実スッキリしてよく眠れるし、朝起きてもからだが軽く、一日がスムーズに動けますので続けております。しかし、あくまでも、活動から休むというリラックスタイムである寝る前なので癒すという、ふくらはぎに感謝を込めるという時間なのです。そして冬場は部屋の中が寒々としていて、かんだじゅうが縮こまっているのであまりしません。そのかわりとして布団の中に入って、うつ伏せ寝と足枕をして足を高くして寝ます。体中がポカポカしてくるし、じんわりと血液が逆流してくる感じがします。

ググってみても心臓の負担を減らして健康的な生活をおくるためには、ふくらはぎを意識したストレッチが推奨されております。興味がある方は「足裏の壺」などでもググってみると、たくさんの人達が試行錯誤で得た経験をブログしております。いろいろと試してみるのも、いいかもしれません。
【関連記事】


関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。