体をシャキっとさせる方法

ラジオ体操

無意識に
「たいぎいねー」
「体か重たいや」
などと、言ったりして
大きなため息をついている時ってありませんか

軽く体を動かしてみる

さりげなく背伸びをしてみたら、すごく気持ちが良かった「ほうっ、体がシャキっとしてきたぞ」ダルイ時は、休むより逆に運動した方がいいぞ。そして、いろいろと動かしてみると痛い個所、気持ちのいい個所が出てくるので、そこが痛んでいるのです。弱っているのです「このままでは退化してしまいますょ」とからだが教えてくれているのです。っという事をまずは分かる事で、自分の体からの対話から始まります。「自分の弱っているところを教えてもらうために、軽く体を動かしてみる」「いつも無意識に働いている、自分の体の隅々まで気を使ってみる」

考えてみれば
心臓も肺も
無意識に働いてくれております

だから分からずに、おろそかにしてしまいがちですが、意識していれば無茶はしなくなり、悪くなる前に小さなサインを送ってくれます。ググってみるとストレッチっとやらで、素晴らしい方法がたくさんヒットしておりますが、すべてやるのは不可能ですし、する必要もありません。ストレッチ等は、本人が動かしてみて良いと思ったことを紹介してるだけなので、参考にする程度にして、自分の体なのですから自分が一番よく分かります。あまり周りの情報等に振り回されずに、自分で劣っている場所を見つけて、自分なりに対処していく方法を考えて行動してみる事こそが基本だと考えております。

人生すべて二面性
自分を疑う

振り回されるなで思い出しましたが、どんな人でも信じることも必要ですが、それ以上に疑ってかかってみることです。そして周りの人達も疑ってかかってみると、自分で向上していくしかないと言う信念らしき事が分かってきて、そこから大人的な考え方・行動が出来てきます。何があっても動じないオーラが渦巻いてくるようになってくると思います。そして何よりも私のこのブログも疑ってかかって下さい。さらには自分本人も疑っかかるのです。何か問題が起きた時は、まずは自分を疑ってみる事から始めるのです。

人生すべて二面性
どんなに素晴らしい人でも
信じる事と同時に疑ってみる事を意識してみる
そうすると自分が成長していくのが分かってきます
(これは、こころの健康法にも入るのでコチラも参考にしてみて下さい)

家のリフォームと同じ

世間ではいろいろと素晴らしい体操法などが紹介されておりますが100人100色です、自分の悪い所や修正しなければならない事は、自分が一番よく知っていなければならないです。むかし家のリフォームの仕事をしておりましたが、早く点検して早く補修すれば、いつまでも家が長く保てるように、これからは意識してラジオ体操という点検で、悪くなりかけている個所をみつけて、早期にほぐしてみるようにしてみれば良いのではと思います。

自分を休ませてやる

スーパー銭湯というのは、安い料金で、リラックス出来るので、時々利用しております。そして、久しぶりのスーパー銭湯です。私の場合は、からだを洗うというよりも リラックスする為に行っております。サウナに入っては一休み、露天風呂に入ってはまた一休みで、ゆったりとしたものです。あちこちと体を動かしてゆっくり休んで、いろいろ反省したり妄想してみたりと、2時間少々は入っております。

マインドフルネス

マインドフルネスという言葉があります。リラックスして、今だけに集中しなさいという意味で、何も考えないで、息をしている事だけに集中していれば、恐怖や不安などが薄らいできて、ストレスになる要因である一切の雑念が、ふりのけられてしまうという、一種の催眠療法です。確かに落ち着くし、おかげで意味のない不安などはなくなりました。そうすると不思議です。悪い事でも自分を知るチャンスに思えたりするので、悪いことが起こらない感じです。

つまり
私の人生は良い事ばかりです

一度リセットする

本日はこんな事を思っいながら、記事にしようと湯舟の中で考えていたところ、ふっと疑問点があることに気が付きまた。せっかくリラックスしに来たのに、考えたりしていたのでは、リラックスの効果がないのでは。いろいろと考えるよりも無になることだろ。思わず気が付いて自分に言い聞かせていると、まったく知らないおっさんが話かけてきた「貴方いくつになったんですか」から始まり同じ年頃なのでつい、長話をしてしまいました。私にとって、スーパー銭湯は「何も考えないで、今までやってきたことを一度リセットする」いつも働いている自分の体を休ませてやる、という意味のリラックスする所でした。

無意識に動いている大切なもの

私はすべての記事に対して「もう一人の自分」を意識してみる事をお勧めしておりますが、自分の意思よりも、この「もう一人の自分」は無意識に動いております。詳しくはもう一人の自分に書いておりますが、すごく偉大で大切な存在なのですが、そのほかにも無意識に動いている大切なものがたくさんあります。自分の体を動かしている心臓、肝臓、食道、胃や血液の流れ、等すべて無意識に働いております。この働いている大切なものに対して、気を付けてあげる為に、リラックスタイムを作る事が必要だと思います。休ませないでいると行きずまってしまってしまい、贅沢病や症候群にかかるなど、いろいろと障害がでてきます。

休ませてやることで喜んで働いてくれるのです

不足した栄養分は欲しくなる

私達の働いている周りでも、会社の一員として働いている自分に対して、上司が無下にしていたら、反発してしまいます。人間だから我慢もしますが、無意識に働いている臓器等は「いい加減にしろ」っとか言って、反発して動く事を止めてしまい、贅沢病などにかかってしまうのです。人間の体はよくできたもので、こうして無意識にたくさんの臓器神経が働いてくれて、上手に扱ってやれば、それに答えてくれます。病気等は悪くなる前に軽いサインを送ってきます。「このままでは体がダメになるので早く対処してね」っです。そして、自分に不足してきた栄養のある物などが、無償に食べたくなってきます。そして、栄養も取りすぎると毒になりますので「これ以上食べるといけませんょ」と言って欲しくなくなります。

更に、よくよく考えてみるといろいろと理屈付ける事が出来ます

眼や耳は二つあるけれども、口は一つしかないです。両目でよく見てみなさい、両方の耳でもよく聞きなさい。でも、しゃべるのは控えめにという意味なのかな。しかし、世の中の人達は逆の事をしている人がいかに多いいかです。

臓器の中でコントロールできるもの

そして、心臓や消化器官や腎臓などはコントロールする事はできないが、唯一自由にコントロールできるものに呼吸があります。精神的・神経的なものは、この呼吸方法で、ある程度コントロールできると考えます。特に自律神経失調症等は、息をゆっくりと吸って吐くというマインドフルネスが良いと思います。簡単な故にいつでも、どこでもできます。それなのに効果てき面です。私も落ち着きのない早トチリ性格でしたが、実行してからは、ゆっくリズムで、危なげもなく、事故もケガも格段となくなったと同時に、かなり視野が広くなりましたです。

マインドフルネスと丹田

余談ですが、警備の仕事がら立ちっぱなしが多いいので、心に隙間を作るを意識して、マインドフルネスをしておりますが、下腹部ヘソ下あたりに丹田(たんでん)というイメージ空間があります。そこから上の体重をそこに乗せてやるという感じで、歩く行為は丹田に体重を乗た感じでの体重移動です。それをイメージしてすることで、軸がブレないで安定するので、疲れないのです。雪道には絶対にお勧めの歩行法です。

私のストレス解消法
ゆっくりと深呼吸する
場所を変えてみる
全身の力を抜いてみる
全て忘れる
目線を違う方向へ向けてみる

いろいろとやってはおりますが、うーーむ、なんだか私の人生・面白い人生であります。イライラした時や嫌になって落ち込んだ時、ストレス解消には持ってこいです。おかげさまで、周りの人達の無責任な会話や助言にも、まったく動じる事なく、アワアワと自分のやるべき事をこなしております。そして、一日一回はダッシュしております。周りの人達が笑っておりますが、無視・むし・ムシのでんでん虫です。やっぱり走らないと体が弱ってしまいますから。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。