私はタバコをやめました

私がタバコを止めた方法

タバコを止めたキッカケ

私ですがタバコは32歳の頃やめて、もう38年過ぎております。それまで15年ぐらい吸っていました。やめたキッカケは、移動販売をしていたときに、仲卸しの事務所で行商仲間10人ぐらいで雑談していたときです。「タバコちゅうのは、辞められるんかいな」っと誰かが言ったのです。そのときに全員が

よし、みんなで始めてみようか
っと言って始めてみたのがキッカケでした

ちょっとやめてみるか

私もこのときは軽い気持ちで「ちょっと、やめてみるか」っと始めたのですが、それ以来あまり苦もなく、自然にやめてしまったのです。当時はタバコをやめようと思っているも、やめることは難しいと思っていましたが、やはりこのちょっとが良かったように思います。

やめようと意識しない

そのとき私は、タバコを辞めようと思ったら、やめようと意識しないことだと思いました。意識を違う方に転換するという方法もあります。よく飴玉を舐めるとか、ガムを噛むとか、果物を食べるとか言います。

もちろんそれも一つの方法だと思いますが、止める為に飴玉を舐めたりすると、舐めるたびにタパコのイメージが浮かんだりして、それにガマンするという意識も働くので苦痛になり、ついついタバコを指にはさんでいたように思います。

根性を試すつもり

自分の根性を試すつもりで
ちょっとやめてみるか

私が思うのは、タバコは嫌いだ嫌いだ嫌いだと思って、毎日言い続けるのです。無理にやめようと力んでしまうと、疲れてしまって余計に意識してしまいます。それよりもタバコが嫌いだ嫌いだ嫌いだと、毎日毎日言い続けていれば、タバコが嫌いだというイメージが、自分の脳の中にできあがってくるのです。

そして、あるときに何かをキッカケに、ふっとやめられるような状態が起こるのです。しかも、何故か立て続けにです。

自然にやめる

タバコのイメージをなくする

私がやめられたのも、よくよく考えてみればタバコはあまり自分に合ってなかったんですね。それでも15年ぐらいは吸っておりましたが、タバコをやめようというよりも、タバコは嫌いだ嫌いだ嫌いだというイメージを、毎日抱いていたような気がします。

しかし習慣からタバコを指にはさんでいたのです。そうしたあのときのキッカケを機に自然とやめれたのだと思います。不思議なことに、タバコが入らないような状態が続いていたような気がします。

辞めるような状態が起こる

辞めるために苦痛など、まったくありませんでした。一度、半年した頃に隣で吸ってるタバコを、美味しそうだと思ったぐらいで、全く吸いたいとは思わなかったのです。

思い起こしてみると、偶然にも販売機がない日が続いたり、あっても手元にお金がなかったり、風邪を引いたりとか、吸えないような状態が続いたことも幸いしておりました。これもやはり日頃から、嫌いだ嫌いだ嫌いだと思っていたことから、本当に嫌いだという思い込みができあがっていたので辞めていくような状態(チャンス)が引き寄ってきたときに、すーっと波に乗ることができたのだと思います。だから自然に苦もなくやめていたような感じがしています。

微笑んでいる人達がいる

そして、今こうして書き込んでいると、その当時に不思議なことを考えていたのを思い出しました。

何故タバコを吸ってるの
何故タバコを吸わなければならないの
イヤなのだと分かっているのに何故
害があるだけでお金もいるし
っん、タバコって中毒じゃん
何だかみんな吸って中毒になっている
しかも平然と

タバコ税もどこに行ってるの
販売元や仕切っている政治家など
たくさんお金が入って喜んでいる人がいる
何だかあのビルの上から
中毒患者の姿を見ながら
裕福に暮らして微笑んでいる人達がいる

コレって何だかバカらしくない?⤴

こんなグチらしきことがチラチラと、頭に浮かんでおりましたです。だからカナ、徐々にですが、タバコを吸うことが、本当にバカらしくなってきたような気がしてきたのです。

私の禁煙方法

毎日毎日嫌いだ嫌いだ嫌いだと思い続けること
自分の中に浸みこませていく感じです
時々タバコで真っ黒になった肺の写真を見る
これは勇気いりますが、効果大だと思います

【関連記事】


関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。