マイ病院を決める

病院の選び方

私はあまり病院には行かないのですが、かかりつけのマイ病院は決めております。みなさんは病気になった時やケガをした時に行く病院は決めていますか。

おそらく居心地の良い病院を決めているとは思いますが、私の場合ちょっと変わっております。自分の身に起こる事は、自分で対処していくという考え方なので、たとえ病気やケガなどしても、病院にはめったに行きません。でも必要なのでマイ病院は決めております

先生の説明を聞きたい

対処の出来ないケガ・事故とか、病気になって少しでも不安な事などがあれば行く程度です。その時は、自分では分からない事もあるので、先生の意見を聞いてみたいという事を、第一に考えております。

病気になる時は、自分の免疫を強固にしていく時だと思っているので、先生の説明を聞いてから、あくまでも自己責任で判断します。なので、いただいた薬も必要なければ、服用はしないようにしております。

病院の先生にも個性があり、いくら素晴らしい先生でも、しっくりと来ない先生もおります。私の基準は、素晴らしい技術を持った先生よりも、患者目線を意識して、どんな内容なのかを教えてくれる、患者の不安を解決してくれる先生のいる病院を、マイ病院にしております。

私のマイ病院

ここ一年ぐらい肩が痛い、五十肩かな。でも六十歳を過ぎていた頃なので「何を今更」で違うカモ。でも骨まで痛く感じるし、期間もちょっと長くて心配なのでマイ病院へ行ってみました。

レントゲンを撮って、先生の説明がありました。骨には異常なし、もし骨の病気だと、一年もガマンできないそうです。最悪ポッキリと折れた場合でも、痛いのは、せいぜい三ヶ月ぐらいなので、私の場合やはり「五十肩」だそうです。いやいや「六十肩」かな。

マイ先生は説明上手

原因は、手を上にあげた時しか働かない筋肉があるそうです。普段の生活では、手を上にあげたりする仕草は、あまりやらないので、長い間に固まってくるらしいんです。家の戸を長く閉じたままにしておくと、コリ固まって開きにくく、なるようなものです。

そこに油をさすとスーッと開くように、注射をする方法もありますが、今言ったことを意識して手を上にあげたり、後ろに回す体操などして、少しずつ馴染ませていけば良いので「しばらく様子を見てみましょう」と丁寧な説明をいただきました。体操の仕方等も教えていただき、分かりやすい説明に納得して病院を出ました。

スッキリした気分に、逆の立場になって、まずは患者の不安を取り除く為に、分かりやすく説明するのが良いですね。っという訳で、整形外科病院はココに決めております。

マイ歯医者も同じくです

歯医者にしても、同じような感じの先生です。しかも基本的にすぐに直すという考え方なので、気にいっています。長引く時には、その理由を分かりやすくしてくれます。処置の方法にしてもすべて説明して、納得した上での治療です。

行きたくない病院

ある朝の事です、起きた時から、おなかが張っており、ガマンしながら出勤の準備です。便秘ではないのですが、突然の糞つまりです。準備がひと段落してトイレに行くも出ないのです。おなかは痛いのですが、なかなかでないのです。私はビデオ撮影も業としており、今日は、あるホテルでの結婚式のビデオ撮影に行かねばならないのです。

時間はたっぷりあるのですが、あせるので余計に入口でコリ固まった感じで、詰まっているのです。結婚式の途中で、おなかが痛くなると困りますので、とにかく出しておこうと思って、意を決して病院に行きました。

先生は白衣が似合う

近くにマイ病院はなかったので、調べてから近所の病院へ行きました。まず先生が白衣ではなくて普段着であった事に驚きました。「何なんだ」と思いつつも、帰宅して女房に聞いてみると、子供がなつきやすいように、怖がらないようにと白衣は着ないそうです。

なるほど一理あるなと一応は納得しつつも、私には受け入れられませんです。何故なら制服は大切だからです。まず、子供専門の病院なの?大人は分かっているから良いのカナ?っという感じです。先生の腕の良し悪しよりも、まず信頼感がまったく違います。信頼感がないので、大人の患者が不安がります。

それと子供が普段着で診察されていると、大人になってから白衣で診察されると、ビビっとしまわないかと、かえって逆効果の感じもするのです。極端な例ですが、お坊さんの格好で手術をされているようなものです。私も見た瞬間そうで、かなりの違和感を感じたのですが、何しろ急を要していたので、不思議でならないままに診察を受けました。

自分の筋書で治療する先生

更に糞つまりの説明をするも、「いつから」「その時の状態」とか、いろいろと質問してきます。まあこれは良いとしても、私の場合は「今出して欲しい」のです。

先生も考えがあっての事なのですが、診察といっても、自分の考えているストーリに、導くような質問ばかりで、患者である私が話をしても「そうじゃなくて」っとか言って「こころ、患者にあらず」自分の知りたい事だけを、ひたすら聞いてくる感じに、少し嫌気もさしてきましたです。

っえ、何を検査するの

長々と診察後に、やっと看護婦さんに指を突っ込んでもらって、奮闘努力の結果、何とか出ましたです。思わず「これです」「これをして欲しかったのです」やっと、ひと安心です。そして、受付で試薬セットのような物を出して、検査するから便を採取してから、後日に来院して欲しいという事です。

やっと、ひと段落して終わったムードなっている時に「っえ、何を検査するの」「また来るの」「なぜ」っとか、戸惑っていると、便秘なので状態を調べる為、という事ですが、今のいま、帰り間際に聞きました。便秘だと決めつけている考え方に、私にしてみれば絶対に行きたく無い病院です。

独りよがりのギクシャク状態です。一時も早く立ち去りたい心境に、感情は、もう限界でした。先生のやり方も理解できますが、便秘だと決めつけて患者を見ない、意見を聞かない。診察の時に理由・処置方など言ってもよさそうですが、それも、まったく無し。先生の診察方針なのでしょうが、この病院は私には合わないです。

高飛車態度の先生

またある病院は、県外からも評判を聞いて来院するという患者さんも沢山いるという、かなりの名医で有名な病院です。私は、長いあいだ胸にパクパク感があり、タンも詰まり気味で、のどあたりにも不安感があり、精密検査をして欲しく、この病院を初めて訪れました。

診察に違和感あり

病院に入ると、すぐに目に付いたのは普通の病院とは、雰囲気がまったく違い、まるでホテルのロビーのようです。先生の個性が出てるなっと思いつつ、検査・説明です。異常なしで何事もなかったのですが、やはり私には違和感がありました。

「異常はないですね」っで、結果の説明もなく、しばらくは沈黙状態。「何しに来たの」という目線に「悪くなってからきなさい」「軽々しく検査には来ないで」と言っているような、高飛車な先生だと感じました。

自分の筋書で治療する先生

「むかし建設業をしていて解体作業などもしていたので、アスベストを気にしていたのでが」っと、自分の不安材料を話してみるも「そんな考え方の方が問題です」とキッパリ。ここまで来ると、ケンカ腰です。「分かりました」っで、帰りました。

まるで「悪くなってから来なさい」を通り越して「悪くなり過ぎて、治す事が難しくなって、どうしようもなくなったら来なさい」患者の考えている事などは、無視する事が名医だという態度です。技術のレベルを売りにしている病院という感じがするのです。

もちろん、このような病院も必要です。患者によっては「先生の、そこが良いんですょ」という人もいると思いますが、患者目線を無視した高飛車診察は、私の場合、マイ病院として選ぶのは絶対にダメです。自分の不安が解決するどころか、憎しみにも似た感情を抱くようで、来院した時よりも、悪くなって病院を後にしましたです。

その他、行きたくないというよりも、驚いた病院があります。歯が痛くて病院へ良くも、レントゲンも他にも異常なし、先生の「とりあえず、抜いてみましょうか」には、さすがにドン引きしました。「異常が無いのに・・・っえっえっえ」っで、後で分かる事なのですが、虫歯ではなく蓄膿症だったのです。

不安を取り除くのも治療

病院には病気になったから行くのですが、何らかの不安を持っているものです。患者からの話をじっくり聞く事と、不安材料を取り除いてあげる事も、治療のうちだと考えております。それがなければ意味がない。ただ治すだけでは、病気に対する理解が得られない。

病気は自己責任っという
私の一番の基本に反するのです

すみませんです。イロイロとグチっぽくなりましたが、私の考えであって、人それぞれで判断すれば良いのです。私達の周りには病院もたくさんあります。気軽にマイ病院となると、病気を治す技術は当然あるのですから、それと同時に不安を取り除く為の説明をしていただける先生。患者目線で、対応してくれる病院が良いと私は思っております。

マイ病院は持った方が良い

まだマイ病院を決めていない人
マイ病院を決めたいと思っている人
とりあえず近くで等と、あまり深く考えていない人

マイ病院は持った方が絶対に良いです。その理由は、先生の性格や考え方などが分かるし、カルテのに残っているので、流れが分かり参考になるからです。まだマイ病院を決めていない人で、決めておこうかなっと思ったら、参考にしてみてください。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。