ストレス解消法

無意識に働いている

私達の体を動かしている心臓、肝臓、食道、胃や血液等すべて無意識に働いております。どれをとっても、なくてはならない重要な物ばかりで、この働きがあってからこその体がだるい時の対処法を行う事ができるのです。この無意識に働いている物に対してリラックスタイムを作る事が必要だと考えます。

リラックスタイム

無関心に、働くのは当たり前だと休ませないでいると、気が付かないうちに過酷な事を、強いているカモしれません。悲鳴を上げているカモしれません。贅沢病や症候群にかかるなど、いろいろと障害がでてくると困りますので、時々機嫌を取ってあげて下さい

休ませると喜んで働いてくれる

私はマインドフルネスが気にいって実行しております。息をしている事だけに集中するのです。しかも人間は、ゆっくりと動く動作に馴染んで来るという習性があります。だからあわてる必要など、まったくないのです。

私達の働いている周りでも、会社の一員として働いている自分に対して、上司が無下にしていたら、反発してしまいます。人間だから我慢もしてはおりますが、無意識に働いている臓器等は、融通が利かないので「いい加減にしろ」っで、働く事を止めてしまって贅沢病など体に支障をきたしてしまいます。

不足した栄養分は欲しくなる

人間の体はよくできたもので、こうして無意識にたくさんの臓器神経が働いてくれて、上手に扱ってやれば、それに答えてくれます。病気等は悪くなる前に軽いサインを送ってきます。「このままでは体がダメになるので早く対処してね」っです。

そして、自分に不足してきた栄養のある物などが、無償に食べたくなってきます。そして、栄養も取りすぎると毒になりますので「これ以上食べるといけませんょ」と言って欲しくなくなります。

眼や耳は二つあるけれども、口は一つしかないです。両目でよく見てみなさい、両方の耳でもよく聞きなさい。でも、しゃべるのは控えめにという意味なのかな。しかし、世の中の人達は逆の事をしている人がいかに多いいかです。

呼吸はコントロールできる

私はマインドフルネスを実行していると書き込んでおりますが、もう少し付け加えます。心臓や消化器官や腎臓などは、自分でコントロールする事はできないが、唯一自由に自分でコントロールできるものに呼吸があります。精神的・神経的なものは、この呼吸方法で、ある程度コントロールできると考えます。

マインドフルネスで呼吸を、ゆっくりとコントロールする事が出来れば、何となくですが他の臓器などに対しても、自分の思いが伝わるような気がするのです。ここら辺は理屈抜きです。特に自律神経失調症等は、息をゆっくりと吸って吐くというマインドフルネスが一番良い方法だと、私は思います。

簡単な故にいつでも、どこでもできます。それなのに効果てき面です。私も落ち着きのない早トチリな性格でしたが、実行し始めてからは、ゆっくリズムで、危なげもなく、事故もケガも格段と少なくなってきました。それと同時に、かなり視野が広くなりましたです。

マインドフルネスと丹田

余談ですが、警備の仕事がら立ちっぱなしが多いいので、心に隙間を作るを意識して、マインドフルネスをしております。それに加えて下腹部ヘソ下あたりに丹田(たんでん)というイメージ空間があります。そこから上の体重を丹田(たんでん)に乗せてやるという感じです。

そうして立っていると不思議と疲れません。だるかった体がシャキっとしてきます。何かが、ぶつかってきてもフラ付くこともなく、歩く時には丹田に体重を乗た感じでの体重移動です。それをイメージする事で、軸がブレないで安定するので、疲れないのです。何かにつまずいても、残っております。特に冬の雪道などには、絶対にお勧めの歩行法です。

私のストレス解消法

ゆっくりと深呼吸する
場所を変えてみる
全身の力を抜いてみる
全て忘れる
目線を違う方向へ向けてみる

私は、若い頃から立ってする仕事が多いいのです。慣れてはいるものの、何もする事が無い立ちっぱなしの時などは、さすがに足がだるくなります。でも座ったりすると、今度は体全体がだるくなってくるのです。

私がマインドフルネス丹田を意識するようになってからは、ダレる事なく対処できております。あまり長くする必要などありません。10秒ぐらいです。これで、ずいぶんと楽になります。

しかしたいぎーね
っあ、待てよ
マインドフルネスと丹田だ
じーっ
すーっはーっすーっはーっ
うーーむ
全くの概念が消えていきます
マジで効きます

【関連記事】
体がだるい時の対処法

  1. この記事へのコメントはありません。