今から始める第一歩

ホームページができました

ずいぶん昔の話になりますが、ホームページを作りたくて悪戦苦闘していたことがあります。いくら本を読んでも、ホームページビルダーで作ろうとしたも、どうしても分らなくて理解も出来ずに、何ども挫折を繰り返しておりました。2~3年ぐらいした、ある日のことです。あるホームページ作りを説明しているページが目に入ってきました。突然、何の説明もなく次のような簡単なタグが書いてありました。
<html>
<head>
<title>私のホームページです</title>
</head>
<body>私のホームページです
</body>
</html>
「なんだ、相変わらず難しい事が書いてあるなぁ。訳わからんぞ」っとか思っていると

「何も考えずに、メモ帳に同じように書いてみて下さい」とある。

「フムフム、同じことを書くだけならできるな、ちょっと書いてみるか」っで、言われるままに長々と書き込んでみましたです。

「次に保管場所を決めて、すべてのファイルを選んで、index.htmlで保管してみて下さい」っとある。

「まぁ、しかし相変わらず面倒だね」
「とりあえず保管場所をつくってか、よー分からんが、i・n・d・e・xっとこれで良いんかいな」プチ
「っん、なんか表示が今までと違うみたいだけど」

「今度はそれを開いてみて下さい」とある

「ああ、開くのね」プチあれー、あんなにごちゃごちゃ書いたのに、標示されたのは「私のホームページです」っという、たったこれだけかいな。「なんじゃコリャ」っと思っていると、標示されたのを確認してから「これはこういう事なんですょ」とタグの説明などしており、すごく分かりやすくて、ちょっと理解できましたです。

「うーーむ、何となく分かってきましたような気がするな、フムフム、だっだからー」

「次に、ようこそ<br>と書いて上書き保存して閉じてください」

「ふーっ今度は<br>かいな」プチ。やはり言われるがままに書き、保存しては表示します。

「段差ができたはずです」とある

「うんうん出来た出来た」

同じように「それでは<b>で囲ってください」

「あれ、ホントだ大きい文字になってる」

「<center>で囲って下さい」「<font>で囲って下さい」進んでいくごとに、中央・色つけ、と変化していきます。その調子で言われるがままに次々と書こ込んでいくと、ナント簡単なホームページが出来てしまいました。つまりすべてに、出来てから、タグの説明をしているのです。だから理屈が出来て、よく分かってきましたです。

調子に乗って、つぎつぎと書いていくと、段々と良い感じでホームページらしく出来ていくではありませんか。「うーーむ、何だこういう事だったのか」っで、リンクやテーブルが出来た時はボロリと目からウロコが落ち、自分にとっては最高の黒船到来でした。「こ、これは面白い」そこから火がついてからは、自分でいろいろと調べてまくっては、ホームページ作りにハマりこんでしまいました。

あれだけ本を読んでも理解が出来なかったのに、分かってきたところで同じ本を読むと、不思議ですねー、実によく分かるのです。いくら本を読んでも、最初の一歩を実際にやってみないとダメなんですね。っとうより、理解するにはその方がずっと早いです。出来上がってから説明すると、すごく理解できるのです。貴重なページにたどり着いたことに感謝です。っと同時に、なかなか始める事が出来ない第一歩を踏み出すためにはっと考えてみました。

第一歩を踏み出すためには

なかなか始める事が出来ない第一歩を踏み出すためには、まず自分がやろうと思った事はアレコレ考えるよりも、とりあえず何らかのアクションを起こした方か早いです。分からないなりに、ちょっとやってみることではないかと思います。

最初の第一歩は、何も考えずに、ちょっとやってみる
気負わずに「ちょっと」です

しかも、この「ちょっと」からが長続きする事が多いいようです

近所のお手伝いをちょっとした為に、一生の仕事になったり、ちょっと飲んだおかげで、アル中になったり、ちょっと横になったりするとトタンに眠くなり、そのまま朝までになっちゃう。とか良い事も悪い事も、この「ちょっと」から始まっていることに気が付きます。

10階建てのビルに登るには、一気に登ろうとしないで、とりあえず「うーん、ちょっと行ってみるか」っで、まずは目の前にある一段を上ってみる。最初の第一歩は、やはり「ちょっと」です。一段目に立ってみて、そこから次が始まり段々と分かってくるのです。

一番上には自分の夢が待っているをイメージしながら
今見えている目の前の一歩を「ちょっと」踏み出してみる

私がホームページを理解できたのも「フムフム」で軽く一歩を出し徐々に勢いがついてきて、あるページがヒントになって分かってきたのです。じつわ、このページは何度も見て知ってはいたのです。今までに理解できなかったのは自分に受け入れるだけの力量、つまり器が未完成だったという事なのです。同じものを見てチャンスだと捉えられるように、分かろうとしながら階段を一歩づつ上って行く事だと思います。

階段を上っていなければ、そのページを見たとしても、「分からないや」っでスルーしていたと思います。初めの軽い一歩から、試行錯誤しながら徐々に加速して、自分の器の中に受け入れ準備が出来たところへチャンスが来たらものに出来た、っと理屈をつけてみましたです。

やりたい事などのすべては
この「ちょっと」からを意識して
始めてみるのが良いのではないのかな、と感じましたのです

ちょっとの重大さ

物事の始まりは、このちょっとから始まるのです

人に何か頼まれたりした時に「ちょっと待ってくれ」とか「ちょっと行ってくる」とか 瞬間的に動く時に、なぜか「ちょっと」という言葉を反射的に使っています。何気なく無意識に使っている、この「ちょっと」という言葉には、人間が無意識に動いてしまうという人間の本性をついたヒントがあり、重大な意味が込められているのです。
静止しているものを動かす時は、初めには膨大なエネルギーを必要としますけど、一旦動いてしまえば、後は軽く押しただけで加速していきます。何か始めようと目的を見つけた時に、まず最初の一歩さえ出ればいいのです。

最初にちょっと「うーーん、よいしょ」と動かすのです
後はだんだんと加速していくということなのです

しかし、この一歩がなかなか出ないのは、今までの出来事と思い込みから、経験のない未知の世界なものだから、不安が先に立ってなかなか出ないのです。この最初の一歩を動かすのに、人間であるが故に膨大なエネルギーを必要とするのです。だからあまり深く考えないで、ちょっとを意識して、とりあえず軽く一歩踏み出しましょう。

意外と簡単だったりして

良い事も悪い事も
この「ちょっと」から始まっていることに気が付きます

【類似記事】
最初の一歩が踏み出せない

【関連記事】
悪い習慣を断ち切る

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。