夢をあきらめないで

童話うさぎとかめから学ぶ

コツコツと努力しても、一向に良くならない。毎日毎日一生懸命働いて、節約だってしているのに、生活も楽にならない。周りの人達に気を配りながら、迷惑もかけないようにしているのに悪い事ばかり起こる。いったいどうなってるの、分からない。そんな人の為に

どのように考えれば良いのか
どのように行動すれば良いのか

分かりやすいヒントが有名な
イソップ童話うさぎとかめ
にありました

かめからの教え

かめがコツコツと一歩ずつゴールを目指していたのでゴールに着くことができました。さらには絶対的に不利なうさぎにさえも勝つことができました。なぜゴールという目標が実現できたうえに、なぜうさぎにも勝てたのか。コツコツと努力しているまさにかめの心境なのですが、うさぎとかめの童話から、そのコツコツの真意を、かめの気持ちになって考えてみました。

のろまでもゴールはできる

まずはのろまでもゴールはできるということです。いくら足が遅いといっても、コツコツと続けていればゴールにたどり着くという目的は必ず実現できるのです。競争よりもゴールに目を向けてみるという考え方です。そうすれば目的は確実に実現できるうえに、能力の優れたうさぎにさえも勝つような状況(チャンス)が生まれてくるという教えです。

この考え方を、そのまま
日々の行動に置き換えてみました

能力がなくてもゴールはできる

まずは能力がなくてもゴールはできるということです。いくら能力がないからといっても、コツコツと続けていればゴールにたどり着くという目的は必ず実現できるのです。競争よりもゴールに目を向けてみるという考え方です。そうすれば目的は確実に実現できるうえに、能力の優れた人達にも勝つような状況(チャンス)が生まれてくるという教えです。

周りよりもゴールを見る

能力があることと実現できることは、まったく別問題なのです。うさぎに勝つ必要なんてないのです。うさぎに勝とうと思から、すぐに疲れてしまうのです。ゴールさえすればいいことであり、周りの人なんて、見る必要はないのです。自分のゴールだけを見て、コツコツと歩いてさえいれば、いずれは実現するので周りの人達も認めてくれるのです。

達成オーラが渦巻いてくる

実際にゴールだけを見て、一歩ずつ進む、そのようなクセをつけていけば、達成できるような事柄などが自然と引き寄って来ます。そして、そのようなオーラが渦巻いてくるのです。オーラが渦巻いてどっぷりつかってくると、何を言われても気にならないし、グチ・不平・不満などの無意味なことは決して口にはでてこないのです。

あとで気がついたら
うさぎより先にゴールしていただけ
つまり
うさぎの居眠りを誘う
そんな状況をもつくりだせるのです

まわりを見てみると油断して居眠りしているうさぎのような人が実に多いいのです。そのような居眠りうさぎ的な人達はどんどんと追い抜いていってしまう、そのような自分ができ上がってくるというイメージです。

チャンスをつかむ

基本的に、焦点を目標に向けて歩いてさえいれば、周りの人達が勝手に油断してしまう可能性があるということです。つまりチャンスがきたときに、その流れにすぐ乗ることができるようにチャンスが来たときに備えておくためのコツコツのような気がしてなりません。

もしかめが競争を意識して、初めからコツコツしなくて途中で「っあ、うさぎが寝ているなら、ひょっとして勝てるカモ」なんて、そこから必死で歩いていては、うさぎに勝つ確率ぱグっと下がってしまいます。もしも「っあれ、ウサギが寝ているのなら」っと一緒になって寝ていては、これはもう夢どころか最悪です。初めからゴールだけを見てコツコツすることが、ゴールすることができたと同時にうさぎが寝込んだチャンスを、見事にものにできたという教えです。

そしてもう一つ、そもそもゴールがなければコツコツできません。ゴールがあるからコツコツして行けるのです。ゴールの向こうには一億円ある。そう考えてみれば、何があってもコツコツするしかない。こんなイメージです。

かめの心境

このうさぎとかめの書き込みも、最初は、思いつくままに書き込み、分かりやすくまとめたりしている内に、新たな文面が浮かんできたりして。そして、書き込んだことによって、ある程度の責任感が生まれてきて、少しずつ自分の物になっていくのだと感じております。自分なりの器が大きくなり、どのように進んでいけばいいかが明確になってきます。無意味な過去の後悔や未来の不安などもなくなり、何があってもいま自分がするべきことをタンタンとこなしていく。そんな自分ができ上がっておりますです。

まさにかめの心境です

他人よりも自分と競争をする

他人と競争をしても、疲れるし長続きしません。もし、ある人を超えても、さらなる上の人がいます。ずいぶん昔だったら、それでもいいのかもしれませんが、多様化されている現在、さらなる上を目指すことは、すばらしいとは思いますが得策ではないと思います。

それよりも競争相手を
他人よりも自分に置き換えてみます
焦点を
うさぎよりもゴールに変えてみます

昨日の自分よりも今日の自分

つまり昨日の自分よりも、今日の自分が、少しでも進歩しいればよしとする。それを喜んで、また明日も何か進歩しようです。つまりかめさんのように、周りのことよりも、目標であるゴールしか見ないということです。

事実そのようにしてみると、周りがグチやイヤミ、悪口など言ってきても、全く気にならないし「っあ、この人って焦点がブレてる」的な目で、見てしまって、可哀そうにさえなってしまいます。早く気が付いてょっで、こころに余裕さえうまれてきます。

焦らず・濁らず・褒めてやる

自分を褒める

人それぞれの向き不向き、また経験などまったく違っているので10000人10000色です。くらべるなんて疲れるだけ。のろまでも自分自身が毎日成長していれば、それで満足。そうすれば毎日が満足三昧で進歩の連続です。そして自分を褒めてやる。そうすると無意識に木に登っていたりします、なんだか楽しくなってきませんか。誰かと比較するなんて、くだらない。まったく無意味だと私は思っています。

成長とは続ける事

このブログを立ち上げてから、試行錯誤で約2年たちますが、なかなか思い通りの文章にならなくて、言いたいことの表現の難しさに、試行錯誤の連続で、まさにかめの心境です。しかしコツコツすることの好きな私であります。かめさんのように、周りを見ないで焦らずに続けているので、自分の納得できるブログが、徐々に完成しております。

このうさぎとかめに関するページも、思いついてから投稿まで10日間ぐらいかかっております。投稿したあとに、読み返しながら変更や追加などして、じっくりと作り上げております。実際にそのように過ごしていると、少しずつ自分の本意が表現できるようになってくる、そんな感じにひたっております。そして、うまく表現できたときなどは、今までとは景色が違って見えたりもします。ブログで培った(つちかった)ノウハウが、すべての行動に役立っているのです。

【関連記事】
①めんどくさい事は嫌だ
②うさぎとかめに学ぶ幸せの道
③自分の得意分野で競争をする
③焦点を合わせる
⑤なりたい自分になる
⑥夢をあきらめないで
⑦足を引っ張るのは誰だ

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。