足をひっぱるのは誰だ

うさぎとかめのうさぎに学ぶ

「まずは自分を信用することから始まるのだ」っと、信念をつらぬいて、「オレはできるのだぞ」っと、絶対の自信をもってすすんでいる人。うらやましい限りの存在感です。まさか童話のうさぎのように、かめと競争するなんて、恥さらしなことはしないだろうし、自分を過信しての居眠りをすることはないと思います。さっさとゴールして、そこでゆっくりしてから、次のステージにすすんでいるはずです。そのような人達には、このブログは役に立たないかと思います。

私のブログの目的は、絶対の自信があるのに、なぜか思うようにいかない。素晴らしい能力があるのに誰も知らん顔。いつまでも足踏みしていることに気がつかないでいる。不思議と気にいらないことばかり起きる。どうすれば良いのかが分からない、何かふっきれるような、とっかかりが欲しい。そんな人達のためのブログなのです。

どのように考えればいいのか
どのように行動すればいいのか

そこで、分かりやすいヒントが有名なイソップ童話うさぎとかめにありました。足の速いうさぎが居眠りして、絶対的に有利なかめに負けてしまったといううさぎからの教えです。どうやら、ここらへんにヒントがあるようなのです。なぜうさぎかめに負けたのか。なぜ居眠りしたのか。まさにうさぎの心境なのですが、うさぎとかめの童話から、うさぎが油断した真意を、うさぎの気持ちになって考え書き込んでみました。

うさぎからの教え

ひょっとして、ゴールではなくてかめを見ているのではないのか。自分の目標がありながら「わかっているょ」っで、絶対の自信があるがゆえの、聞く耳を持たない考え方をしてはいないのか。いつでもできるという自信から、明らかに自分より劣っている人達に自慢したり、押し付けたり、説教じみたことを言ったりなどをしている。私の周りでも、このような人がたくさんおります。しかも、どこへいっても必ずいるのです。

できない人は教えたがる
できる人はやりたがる

人間は自分の能力を過信して、周りを見下していると成長しません。自分が一番だと思い込んでいるので、周りのいい意見を聞かないからです。いつまでも立ち止まっている、周りの人達を愚かだと思い込んで見ている。めくどくさいから、なかなか行動しない。ちょっとやって、うまくいかないので、すぐにあきらめてしまう。自分の能力を誰も認めてくれないので、ついつい周りの人達に自慢したがる、それで満足。つまりかめを見て居眠りしているうさぎのすがたがイメージ出来ます。

自分を疑う

自分は素晴らしい能力をもっていると自信がある人も、基本的にはできるのは確かなのに、何かに抑え込まれているような、誰かにコントロールされているような、誰かに足を引っ張られているような気がする。特に素晴らしい能力を持った人ほど、油断してしまうということなのです。

自分に自信をもつこと
よりも
自分を疑ってみること
も大事なのです

自分を疑ってみることにより、わかってくることがあります。いわゆる向上心というやつです。目標をさだめて、それに向かっていくための手段に、失敗・苦悩をおしまずに、目標だけに向かって進む考え方に変わってきます。

じつわ、良いと思ってやっている事でも、成長を妨げる悪いことだったりするのです。無駄なことだと思いつつも、成長するには必要なことであったりもします。するしないは別として、自分を疑って周りの意見を取り入れてみるべきです。常に自分を疑いながら受け入れてみると、思い込みなのか良いか悪いか、という気づき向上心になってきます。自分を疑ってみると心が広くなって、自分が成長していくのが分かってきます。

先ほど、誰かに足を引っ張られているような気がすると書き込んでおりますが、じつわ、足をひっぱっているのは自分自身なのです。周りの人達ではなくて、自分の中に居座っているもう一人の自分がブレーキをかけているのです。自分には目標に進んでいけるだけの器がないです。器がないからこぼれているのです。だから器ができていない段階で突き進んでいけば、大きな挫折に合うか、体に害が及んでしまいます等々、うまくいかないように抑えているのです。むしろうまくいかないことに感謝して、器を広げる事を考えた方が得策のような気がします。このブログ全体に言える事なのですか、もう一人の自分を意識してみると人生が変わります。

【関連記事】
①めんどくさい事は嫌だ
②うさぎとかめに学ぶ幸せの道
③自分の得意分野で競争をする
③焦点を合わせる
⑤なりたい自分になる
⑥夢をあきらめないで
⑦足を引っ張るのは誰だ

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。