自分を思い通りに変える

もう一人の自分って、何

人間ある事に気が付かないでいると、何をやってもうまくいかないものです。っというよりも、考えている事とは反対の行動を無意識にしているのです。

そのある事とは

自分の中に
もう一人の自分が居座っている
という事なのです

自分の考えている通りに
行くか行かないかは、この
もう一人の自分次第
なのです

もう一人の自分を知る

まずは、このもう一人の自分を意識・理解する事で、うまくいく為の本質が見えてきます。すべての行動において、自分は良かれと思って判断して、自信をもって行動しておりますが、もう一人の自分が、その意に反していたら、絶対に思った通りに動く事は出来ないのです。まるでもう一人の自分に翻弄(ほんろう)されているかのようにです。

出来れば本ページの前編である「もう一人の自分」を一読して、参考にしていただけたらと思います。
【関連記事】
もう一人の自分

無意識行動するもう一人の自分

もう一人の自分とは分かりやすく言うと、普段何気なく歩いている行為を見た場合「右足と左足を交互に出して」っとか、「右足を出すと同時に左手を前に出して」っとか、意識して歩いていないですよね。無意識行動していると言う事なのですが、じつわもう一人の自分が歩くという行為をコントロールしているのです。だから鼻歌まじりで歩いていても、いつの間にか目的地に着く事が出来るのです。

自分の中にもう一人の自分がいる
しかし
行動はどちらかにしかできません

もう一人の自分に操られている

「自分」は前に行きたい、でも「もう一人の自分」は後を向いている。こんな状態の時はどちらに進むのか。間違いなく100%「もう一人の自分」の方に進んで行きます。いくら自分が前に進もうと思っていても「もう一人の自分」が後ろを向いていると、絶対に前には進めないのです。あせれば焦るほど後ろに進んでいくのです。

もう一人の自分の正体

人間の意識には、顕在意識と潜在意識の2つの領域が存在します。すべての情報は、まず顕在意識に入ってきます。そこから自分に必要な情報だけを潜在意識に伝えますが、この中間には情報を選別する為のフィルターがあります。

アイデンティティー・フィルターです

自分に必要な情報を選別しているアイデンティティー・フィルターですが、自分らしさと言うか個性のようなもので、普段の生活の中から生育されていきます。特に幼いころの経験からは思い込みがだんだんと強固な物に育成され、10歳前後にはほぼ確定してくるのです。誰でも平等に入いってきている顕在意識の情報の中からチャンスを選ぶのかダメ・ムリを選ぶのか

どちらが潜在意識伝わるかは
アイデンティティー・フィルターの育成次第
なのです

困ったメンタルブロック

アイデンティティフィルターがネガティブになっていれば、何をやってもうまくできません。このネガティブ志向を永く続けていると、フィルターの中にメンタルブロックという物ができ上がってしまいます。名前の通りすべてにおいて、ブロック・ブレーキがかかってしまうのです。

このメンタルブロックが出来上がってしまうと、自分が何を思っていても、何をやろうとしても、すべての事に対してブレーキがかかってしまって、決して前には進めないのです。メンタルブロックの中に「出来る訳がない」「ダメに決まっている」「あれは嫌いだ」「こいつも嫌いだ」「何もしてくれない」等々、すべてにおいて拒否反応をしてしまうような強烈な思い込みが根付いてくるのです。

メンタルブロックをリセットする

何をするにしても上手く行かないと言う現象が、日常的に起こってきます。困ったメンタルブロックですが、今までの考えや行動等からつくられたものなのですから、気が付かないのでいるだけなのです。でも、それは自分の考えをコントロールして、リセットしてやりさえすれば、やり変える事が出来るのです。

ちょっと、誤解しないで欲しいのは、メンタルブロックは良い悪いの判断が出来ません。暗い情報ばかり並べましたが、良い方にも働いているのです。例えば「あいつ。ぶっ殺してやる」っと、頭に来る事もありますが出来ないですよね。コレも良い方にブレーキがかかっていると言う訳なのです。

セルフマネジメント

この流れを理解するために
セルフマネジメント
という言葉があります

セルフマネジメントをググってみると、自己管理能力の事で、 目標や夢を叶えるために、自分の感情をコントロールし、モチベーションを保つ力や、仕事の生産性を維持するためのタスク管理能力なども含まれるっとあります。

分かりやすくイメージで言うと、馬に乗っている自分です。つまり「もう一人の自分」が馬です。この上に乗っている自分が、前に行こうと一生懸命ムチで叩いても、馬が後ろを向いていると、絶対に前には進めないっという理屈なのです。

ムチで叩くよりも、乗っている馬を、前に行くようにコントロールする事を考えた方が、楽に前に進む事が出来るのです。一旦、馬が前を向いてしまうと、馬を上手に操る事で、自分がこうしたいと思っただけで、自分と同じ方向へ進む事ができるのです。しかも無意識に何も苦労しなくてもいいのです。ただ自分はその上に乗っかって、馬をコントロールすればいいだけなのです。

もう一人の自分は馬と同じぐらい
大きなチカラをもっているのです

乗っている馬を前に向ける

毎日生活しておりますと必ず問題が起きます。そんな時には、悩みながらアレコレと対策を考えるよりも、乗っかっている馬が前に向くように、コントロールしてやる事を考えた方が得策なのです。慌てずに馬に乗っている自分をイメージして、馬を前に向ける事を考えてみると、どのようしたら良いのかが分かってきます。なにしろ、自分が思っただけで同じ方向にスムーズに進んでいくのですから、これは楽して、うまくいきます。こころに余裕さえ生まれてきます。

乗っている馬さんを
前に向ける方法は







簡単な事なのです



それは



当たり前の事を当たり前にこなす
この一言に尽きます



「お早う」
「ありがとう」
「すみません」
「よろしくお願いします」
「させていただきます」

お墓参り・感謝・謙虚で、人様に迷惑が掛からないように、自分のするべき事をタンタンとこなして行く。人間だからいろいろと感情が付きまといます。簡単な事でも、できそうで出来ないのです。ある種のメンタルブロックが居座っているからです。幸運は人や環境が運んでくる物。

さりげなく掃除・整理・整頓
きれいな物を見てきれいだと感じる
うれしかったら笑顔を見せる
人が喜んだら一緒になって喜ぶ

その人によって違いますので
自分の出来る事から
改めて考えてみる

このようなイメージを毎日続けていると、いつの間にか馴染んできます。やがてはアイデンティティフィルターから、メンタルブロックがなくなり、馬をコントロールする為の情報を、優先して選んでしまうように育成されて来るのです。

長い間の思い込みを開放してやらねばならないので、即変わるという事はないのですが、ある日、突然にヒラメキというカタチで知らせて来るのです。

イメージするだけですから、料金も動力もいりません。何かにつけて試してみる価値は充分にあります。

意識行動から無意識行動へ

無意識行動している「もう一人の自分」を良い方向に向ける、自分と同じ方向に進めていく為には、いつもイメージすることに尽きると思いますけど、一つだけポイントがあります。それは最初は意識して行動するという事です。それが、いつのまにか無意識に行動していたっという事なのです。

今、こうして私がパソコンのキーボードをスラスラ(?)と打っているのも、自分ではなく、じつわこの「もう1人の自分」が打っているのです。始めたころは「パ」はどこだっけ「ソ」えーと、あったー、次は「コ」かー、よいしょ「ン」ふむふむ、とか言いながら打っていましたが「もう1人の自分」が覚えてしまうと、あまり考えなくても、打てるようになってくる。車の運転やギターを弾くなど、その他のことでも同じで自分がやろうと思っだけで、すべてが同じ方向へ進んでいくというのです。

すべてだから、イロイロな事にも応用できます。良いようにも悪いようにも働きます。何かをやろうとしても「もう1人の自分」が後ろを向いていると、「どうせ、私には無理だから」「友達に言っても笑われるだけだから」など言い訳名人になっていると、結局は前には進まないという事です。

しかも、無意識だから気が付かないのです。しかし、これは良い方にも働いているのです。「あいつ気にいらないからムカつく、ぶん殴ってやる」とか思っても、実際にはできないですよね。無意識にブレーキが、かかっているのです。

人間は空を飛ぶようになれる

【極端な余談です】
人間は「私は鳥だと」本気で思い込むと
本当に鳥のように羽根がはえてきて
大空を自由に飛べるようになって来るという話です

私は絶対に空を飛ぶのだぞ

そう思いながら毎日毎日、手をバタバタ羽ばたかしていると、一万年ぐらいすれば手が羽根に変化して、鳥のように何も使わずに自由に空を飛べるようになるのです。もちろん「一万年ぐらいすれば」という、気の遠くなるような話で、現実的ではありませんが、

考えてみれば地球が誕生して以来、現在まで地球上すべての動物や生き物たちは、周りの環境や状況の変化に応じて、自分に必要な事が出来るように変化、進化して行っている事が分かります。ゆえに、人類の歴史がそれぞれの思い込みから、思い込み通りの自分が出来あがってくるという事を証明しているのです。

【関連記事】
もう一人の自分

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。