めんどくさい事は嫌だ

面倒臭いなぁ

人生過ごしていると、いろいろと難しい問題が起こってきます。ついつい「面倒臭いなー」と思ってしまい、嫌な事からは、逃げてしまうような行動を起こしがちです。しかし逃げると追いかけて来るという人生の法則があります。

逃げると追いかけて来る

つまり面倒臭いからと言って、嫌な事から逃げていると、嫌な事が追いかけて来るのです。そして何があっても面倒臭いと思い込んでしまうのです。面倒臭いが口癖になると、良い情報からも自分に対して、面倒臭いという対応をするのです。幸運などからも、そんな人を面倒臭がって近ずいて来ないのです。

これだけ大勢の人達と共存しているかぎりは、嫌な事があるのは、むしろ当たり前です。その嫌な事を前提に生活して行く、そして事実のみを受け入れて、自分で処理をして行く。そのクセをつけていると、面倒臭いと思っていた嫌な事が逃げていきます。逃げるというよりも、面倒臭い事は当たり前的な心になるのです。

だから同じ事が起こっても、嫌だと感じるよりも苦にならなくなるだけなのです。嫌だと思い込んでいるメンタルブロック(思い込み)がなくなっていくのです。難なく交わして入れる器が、自分の中に芽生えて来るのです。

メンタルブロックをなくする

そして、良い事しか起こらない、さらには自分にとってチャンスが来た時に、いち早く察してチャンスに乗る事か出来るのです。つまりはチャンスが来た時に、すぐ乗れるようにメンタルブロックをなくして準備をしていく行為。これが面倒臭い事は当たり前で過ごして行くという事だと思います。

うさぎとかめにヒントあり

しかし、そうは言っても、面倒臭い事って、無意識に逃げる反応をしてしまいます。メンタルブロックをなくする為、面倒臭い事は当たり前だと考えれば良いだけなのですが、人間であるが故に分かっちゃいるけど出来ないのです。そこで分かりやすいたとえ話があります。そのヒントが誰でも知っているうさぎとかめという童話にありました。たくさんの学びがあり、しかも的を得ておりますので是非一読ください。

【関連記事】
①めんどくさい事は嫌だ
②うさぎとかめに学ぶ幸せの道
③自分の得意分野で競争をする
④焦点を合わせる
⑤なりたい自分になる
⑥夢をあきらめないで

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。