人生が明るくなる!ひとりごとは自分からの素直なメッセージ

人生が明るくなる!ひとりごとは自分からの素直なメッセージ

【人生が明るくなる】
【1】【2】

人間ぼんやりしているときに、ついポロリとでた言葉になぜか悟ることがあります。「あれ、オレ今すごく良いこと言わなかった?」とか思ったり気がついたりして。 ひょっとして何も考えないでいるとき・ぼんやりしているとき・無欲・無心・いわゆる妄想している状態のときには、自分自身に適していることを思いつくのかな、そして「行動してみなさい」と、ひらめきという形で教えてくれているのではないのかなと思ったりするのです。

あれ、今すごく良いことを
書きこんでいるのでは
っと、思ったりして

私はそんなひらめきがしょっちゅうありますが、すぐに忘れてしまいます。時々「あのときに良いこと言ったのだけどなんだったっけ」とか思いだそうとしたりします。このまま忘れてしまうのはもったいないような気がしてして、できるだけメモするようになってきました。そのメモもいつの間にか溜まり溜まってきたので、このページで書き込んでみることにしました。長文になることもありますので、そんなときはまとめて一記事に書き込んでおります。

さりげなくひとりごと

うっかり・早とちり

〇早とちりでにがい経験
遠方にて仕事を終えて帰宅途中「高速道路の通行料の割引き」のタレ幕が目に入った。しいて急ぎの帰宅ではなかったけど、8割引きなので高速で帰ることにした。今日はついてたなっと思ったら、料金所で普通に料金を取られた。よくよく見ると条件の中に「大型貨物につき」とあった。あきらかに私のミスではありますが、一瞬だまされた・紛らわしい・の感情になったりして、このようなにがい経験ってありませんか。

〇サービス工事は簡単に考えないように
工事に行った家の納屋の内壁が落ちていたので「サービスで赤土を補充しておきますよ」と言っていたのです。さっそく朝一番で赤土を塗り仕事を終えて帰り際に 、ふっと壁をみてみるとせっかく塗った赤土がゴッポリと落ちているではありませんか。厚く塗り過ぎたので塗り直しです。本番の工事よりもオマケの工事の方がしんどかったという話でした。

〇持ってきたのは予期せぬ物だった
今日は田舎の方で仕事をしました。見ると庭一面に美味しそうな柿がたくさん実っている。奥さんが「柿がいれば持って帰りんさい」と言われた「ああっいただきます」「じゃあ、ちょっと待ってね」っと言いながら家の奥の方へ入っていった。重たいから手伝おうかと思っていたら持ってきたのは柿ではなくハサミだった。「いるだけ取りなさい」ということらしいが、本業の仕事よりこちらの方が疲れました。手の届かないところは取れないようで、誰も取る人がいなく地面に落ちてしまうらしいのです。

〇ハンドルがない
「おーい、ちょっと車をもってきてくれー」「おっ かなりのイイ車だね」運転席をのぞくも「アレ、ハンドルがない」なんだこの車は、なぜハンドルがないのだ。一瞬、なにが何だかわからなかった。「あれ、何で助手席にハンドルがあるのだ」しばらくしてベンツだと気がついた。

〇長男の成長
朝食の時に新聞を捜したけどいつもの所へありません。女房にたずねるとテーブルの反対側にあり、息子が読んでいたと言うんですそういえば息子も今年から大学生になったので、新聞を読むようになったのはむしろ当たり前なのに、改めて息子の成長に感謝すると同時に、ある種の安心感が漂いました。

「おーい、息子も新聞を読むようになったのか、たいしたものじゃないか」思わず女房に声かけました「読むところは私と同じで番組欄だけよ」今の返事は聞かなかった事にしよう。

女房との会話

〇どっちもどっち
車のキャリーの位置をやり変えた。印をつけるのに「おーい、マジックはないかー」っと、わが愛する女房を呼んだ。「書けないのならあるよー」だって、どう思う。「ちょっとむずかしいが、もってこい」っと、えらそーに言ってやった。うーーむ書けないことはないがマジックの役目をはたしてない。そこで言ってやった「しかたがない、自分のを出すかー」

〇知っとるんなら聞くな
「あそこの喫茶店の名前は何だったかな知ってる?」
「黒い森じゃなかったかな」
「私はアリスだと思うんだが」
「知っとるんなら聞くな」

こだわる

〇夢見が悪いとき
悪い夢をみているときは焦ってはいるが、目がさめてみて安心することがある。手を離せば真下に落ちる状況で「っん、変だぞコレは夢に違いない」と、はっきり夢だと確信してはいても、うーーむ、手は離せないですね。こんなことって、ないですかー

〇自分の世界
仕事仲間に言われた「何を言っても最近ジーっとある一点をみつめて、入り込めない雰囲気がある時がある」 うーーむ、そういえば時々、自分の世界に、入っているようなときがあるような気もする。困ったさんになったりキリリさんになったり、キラリと輝いたそのヒカリを見てるのかも。試行錯誤中のわたくしめの一シーンでした。

考え方を変えてみる

〇二者択一
さあ右にするか左にするかなど二者択一を迫られたときに、50パーセント当たる占い師と100パーセント外れる占い師がいたとします。 どちらを選ぶべきかというともちろん100パーセント外れる占い師です。つまりその占い師の言ったことの逆をすれば、100パーセント当たるというわけです。人生違う方面から見ることも必要かなと。

〇100%雨を降らせる
100%雨を降らせる方法があります。それは雨が降るまで祈りを辞めないことです。やめないで祈り続けていれば必ず雨が降るわけです。地球が始まって以来どんなに干ばつが続こうと、どんなに日照りが続こうと、雨が降る日は絶対にやって来るのです。ゆえに途中でやめなければ周りの人達は「祈りが通じたのだ」と言うのです。自分の夢も同じ理屈で、やめなければいいだけなのでは。

〇出来ない人は言いたがる・出来る人はやりたがる
つまり出来ない人は出来ないので、言ったり教えたりしてごまかしているのです。他人から見れば悪あがきにしかみえないのですが、気がつかないのは本人だけなのです。

〇困ることは必要
あまり幸せすぎるとダラダラしてしまう。適当に困ったことが起こった方が「よし」という気になって、こころが燃えてくる。生活にメリハリがつくので、困ったことが起こるのは必要なのです。

〇ハムスターが病気!どっどうする
ある冬の寒い日に子供がコタツの中でハムスターを温めていた。聞くと「なんだか元気がなくて温めている」のだと言う。どうもぐったりが続いているので病院へ行ったらしい。後日聞くと1800円治療費がいったらしい。女房に「そうだったら病院へ行くよりも新しいハムスターが800円ぐらいであるので、その方が良かったのに」っ言ったら。「そんなものじゃないょ」っとか言うのかと思ったら「それもそうね」だって。「・・・」

〇金魚
金魚を飼わなくなって3年ぐらいたつ。めんどくさいのでそのまま水槽が居間の片隅に置いてある。みっともないので又飼おうと準備してみた。金魚ってブクブク音や水の還元音がうるさいので、そのままにしていたのを思いだした。ハテ外に還元類を置くべきか、モーターを早めにやり替えて常に新しい物にするべきか、エサのいらない金魚にしようか、はたまた今までどおりにうるさいくてもいいかなっと、悩みながら準備しております。

テレビのインタビューからの名言

〇むずかしいがやらねば
イチロー選手が5年連続200本安打達成でインタビューを受けていた。「200本という目標がなかったらやっていられないと思うし、これさえやっておけば良いという感じ」「答えがないし終わりがないむずかしいがやらねば。それだけ」まるで目線が目標を達成した自分を見みているみたいで、前を向いている感じがイジできます。途中からだったけどついつい見入ってしまいました。

〇普通にやることが一番難しい
将棋の羽生善治四冠がインタビューを受けていた。羽生善治四冠といえば将棋をやらない人でも知っているという有名人です「どうすれば、勝てるのですか」という質問に対して「普通に指すことです」と答えていました。「いろいろいい手がみえるけど、ごくあたりまえにやることが大切です」という内容でした。でも、この「あたりまえ、というのがすごく難しいんですよ」と言っていました。仕事・生活にしても、このあたりまえにすることが大切なのに出来ていないのでは。そんな気がします。

〇今を幸せだと思うこと
テレビで日本最長年齢119歳の人がインタビューをされておりました。その中で「今までの人生で一番幸せだったのは何ですか」っという質問に対して、ちょっと間を置いてから「今ですね」と答えておりました。たった一言のさりげない感想でしたが、私には強力に印象に残っています。

【人生が明るくなる】
【1】【2】

関連記事一覧