体がだるくてやる気も出ない

体がだるい

帰宅して、あまりにも喉が乾いたので晩酌にビールを飲んだ。カーッ うまいねー。かるーく食事をして さあバソコン。ビール飲んだ割りには、調子よくキーボード、パチパチ。酔いがまわってダメかなーっと思ったが、全然ダイジョーブでした。それから1時間ぐらいすると、今度はラーメンが食べたくなった。調子にのって、アーっお腹いっぱい 満足満足、ちょっと横になってゴロリン。うーーん いい気持ち シアワセ シアワセ。さーて そろそろパソコンをしようかな。んんっ でも でも でもなんです。からだがグターっとしてしまって、まったくパソコンにならないんです。

やる気モードとくつろぎモード

いくらしようと思ってもだめだー、体がくつろぎモードになっちゃてるー。お腹にいっぱい詰め込むと、そちらにエネルギーが集中して、頭が空っぽになってしまうのかな。やっぱり「食事は腹八分目」分かってはいるんですがねー。そういえば最近ちょいと疲れ気味。動いている時は、まったく気にならないけど、イスに座ったり横になったりすると、トタンに眠たくなります。それでなんとか気を取り戻して、だらだらとパソコンしていると

体がだるくて仕方がないんです
という記事がチラリと目に入ったのです

っん、何故か、そこでマウスを動かす手が止まってしまいました。えーっ今の私の状態ではないかフムフム。どんな内容なのか、どのような記事だったのかは、全く覚えていないのですが体がだるくて仕方がないんですという文面だけが気になったのです。

だるいですねぇー

だるいですねぇーっと言う、この文面を眺めているだけでも、何となく体がダラけて来る感じがしてきます。興味深々でしばらくは、そのままの状態でボーっとしていたのですが、ふっと次のような文面が頭に浮かんできました。

だるいですねぇー・だるいですねぇー・だるいですねぇー

これを百回言ってみましょう、本当にだるくなってきます。そういえば「分かってはいるんですがねー」とか言いながら「だるい・だるい・だるい」と無意識に言っているような感じがします。まさに今の自分の事で「だるい・だるい」を繰り返していたのです。そこで・そこでです、逆にウソでもいいから「楽しい・楽しい・楽しい」と百回言ってみたら良いじゃないのか。体が何となく、楽しくなってくるのではないかなっと思い、試しに言ってみましたです。

楽しい・楽しい・楽しい
うーーむ
楽しい・楽しい・楽しい
ふむふむ
楽しい・楽しい・楽しい
楽しい・楽しい・楽しい
楽しい・楽しい・楽しい

楽しい・楽しい・楽しい

気のせいかな。何だか段々と良い感じがしてきて、何だか分かんないけど、シャキーとして良いような気がする。そういえば、この文面を見ているだけでも何となく「楽しい」感じがしてきます。思わず調子に乗って、うさぎ跳びを10回しました。思いっ切りなるべく上まではねる感じです。10回でも、しんどいです・・・あれーっ不思議、体がだるくなくなりましたです。うーーーむっ、だるいからグターっとするのではなくグターっとしているからだるくなるのカモです。よし、それからは一日一回はダッシュです。ダラダラと、しんどい時は思い切ってダッシュしてみたりするとマジでシャキーっとして気持ちいいですょ。

チャンスに備える

逆に考え方を変えてみる

ここで気が付いたという事は、からだがだるくて仕方がないと感じている自分に、自分の中に居座っている本当の自分つまりもう一人の自分からの、メッセージのような感じがしました。毎日、気が付いたことをメモしまくっている内に、ある時、自分に一番良い方法を、ヒラメキという形で、知らせてくれるのです。より幸せに過ごすためには、っとか考えながらメモ等しまくって暮らしておりますのでチャンスに備えての準備をしている感じなのです。

頑張りまんねん

本日の書き込みで体がだるくて仕方がないんですっという記事が目に入って、手が止まった一行の記事が私にとってはチャンスだったという事なのです。からだがダルイ時は逆の事を考えてみると楽しくなってくるいう気ずき。分かるだけではなくて自分のものになってきたというのも、もう一人の自分が「ちょっと考えてみなさい」と指令を出してきたのです。以前の私のようにボーっとして過ごしていたら、何も考えずスルーしていたのだと思います。また一つ得ることが出来ましたことに感謝です。

楽しい・楽しい・楽しい
大丈夫・大丈夫・大丈夫
頑張りまんねん・頑張りまんねん・頑張りまんねん

百回ですかー、ちょっと試してみる価値はありそうです。ついでに、思いっきりヤケクソぎみに言ってみると、以外と効果があるのでは。仕事もグチなど言わずに仕事が楽しい・仕事が楽しい・仕事が楽しいとヤケクソぎみに百回言えばいいのでは。

えーっこんなに、するんですかー
よりも
えーったった、これだけですかー
ですです

同じ事をするにしても、言い方を変えるだけで、ずいぶんと気が楽になるものです

でも、でも、本当にダルいんですけどー

しかし、しかしです現実は厳しいものであります。数日後、本当に朝からダルいんです。でも、でも、書いてしまった手前、思い切って無理やり言ってみました。そうすると、もう10回めぐらいから、だんだんと、その気になってきました。そして楽しんで仕事した方がいいんですょ、と本気で感じてきました「おっっっ」我ながらいい思いつきだと、感心しながら、改めまして、何か仕事で落ち込んだ時など、コレ良いです。料金も、動力も、まったく必要ありません。今すぐにでも始める事が出来きるも効果は抜群です。試してみる価値ありで、ぜひおすすめします。私の場合で恐縮ですが、ブログに書き込んだ手前、その責任もあるので、はっと思い出しながらも無理やり言っていると、そのうち無意識化してきましたです。だるいですねぇーなどは、すっかり忘れているのです。

なので
私には良い事しか起こらない訳です

無意識に言ってた

そんな時にです、仕事仲間から「これを200個作らんといけない」などと、面倒臭そうに言ってきました。ムハーっグッドタイミング。即答で

何言ってまんねん、たった200個かいなー
っと言う言葉が出てしまった
そーなんです200個ですょ、できる訳ないょー
っと、まだグチってる

それ以上は会話が続かなかったが、毎日ダラダラしていたのでは、言っても分からないものなのです。あとは、どうなったかは知る由もありません。出来る出来ないは結果であって、始める前に判断しないで、まずは言い方を変えてみると、同じ行動するにしても、なんだか楽しく過ごしていけるように思います。

今回書き込みの結論です

言い方を変えてみると、考え方も変わってきます。考え方を変えてみると、行動も変わってきます。そのひとつの方法が、今回の書き込み「楽しい・楽しい・楽しい」です。行動が変われば当然ですが結果も変わってきます。長い間には、雲泥の差がついてくるのです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。