本当に困り果てた時の魔法の言葉

一休さんからの教え

本当に困り果て、もうどうしようもないって事ってありませんか。そんな時に元気づける魔法の言葉があります。それは、あのトンチで有名な一休さんにあります。一休さんは自分が亡きあと、弟子達に一通の手紙を封筒に入れて残しておりました。将来どうしても困り果て、どうしようもなく行きずまってしまった時には、この封筒を開けて手紙を読むように、その時までは絶対に封筒を開かないように、と残した手紙です。さて、一休さん亡きあと、数年してその時期は、やってきました。弟子たちが、本当に困り果て「もうダメだ、どうしようもない。一休さんの封筒を開くしかない」と、おもむろに開いた封筒の中に書かれた文書が、たった一言

大丈夫、心配するな、なんとかなる

なんだ、なんだ、何かのトンチなのか。いやいや、そうでもなさそうな、でも、何となく何となくホっとするような、今まで「もやー」っとしていたことが、ちょっとだけ晴れたような感じもするな。でも、何だろう、一休さんの事だから、何か深い意味があるような感じで、思わず考えさせられてしまいました。

心配は迷いを誘う

そこで、本来の意味はともかくとして、この一休さんの教えを、自分なりに考えてみました。心配事は心配しても、どうにもならないものです。心配して悩めば悩むほど、自分の未来が見えなくなってしまい、不安になってくるだけです。その結果、まだ来てもいない未来に対して、不安ばかりが浮かび、ストレスが先走りして前が見えなくなり、良い判断ができなくなります。心配とは「悩むこと」で、何とかなるは「じゃあ、どうするか」と考えます。

言い換えれば
心配するな、何とかなる
悩まないで、じゃあ、どうするかです

辛いと思うよりも、難しく考えずに、心に余裕を持つようにして、それなりに対処できる自分を見つめなおして、ゆっくりと周りを見て進んでいけば、悩みなんて乗り越えられる、という教えなのかなと考えましたです。それは、過ぎ去ってみれば、現実に起こった事は、あまり大した事ではなくて、その時の考え方や、対処の仕方の方が重要だった事に気がつきます。

起こってしまった現実よりもその時の考え方です
悩むことよりもじゃあ、どうするかです

辛い事は幸せ街道

ちなみに「辛い」という漢字ですが「+の上に立つ」と書きます。辛いと感じた時は+の上に立っているという事。つまり自分が成長している時期なのです。

辛いなー、っあ、でも今、自分が成長しているのだ

そう考えてみれば、何となく希望が芽生えて、笑顔が浮かんできます。そして、毎日毎日「辛い時は自分が成長しているのだ」と考えながら暮らしていけば、やがては、その上に一本の横棒(-)が生えてきて「幸せ」という漢字になってきます。辛いことを選んで、繰り返していけば、やがては幸せで明るい未来が待っているのです。

「辛い」ことは当たり前「自分の欠点」に対処していく為の免疫が、付いていないから起こるのであって、むしろ起こってくれた方が、免疫が付いていくので、心が広くなって、世の中の流れに溶け込んでいける事ができます。私も、この理屈を知らないで、ずいぶんと回り道をしていたようです。

悩み解決の第一歩

周囲の相談は楽だけど一時の慰め

ここで「じゃあ、どうするか」をこれからの人生に、具体的にどのように行動していくかですが、自分に解決していくという免疫がないものですから、誰かに相談するという事になります。その相談する相手なのですが、それなりの専門家や、実際に克服してきた人に相談するべきです。ともすれば、身近にいる友達や兄弟、親だったりします。

そうだねー
そんなの、がまんしなくていいょ
その人って、ひどいねー

とか言って同情したり、一緒になってグチったりして一見、気休めになって良いように感じますが、話している内に相談が解決よりも、気休めの方向に脱線してしまって、結局は解決には至らないです。たとえ解決するとしても、かなりの時間がかかってしまい、とうてい納得のいく解決には至らないです。しかも、将来同じような問題が起こってきても、ダラダラと過ごしてしまいます。相手も経験などがないものですから、解決方法よりも、相談相手に嫌われないようにと指摘なども出来ず、同情だけに終わってしまいます。言っていることに対して、決して悪気はないのですが、無責任なのです。

相談は専門家に

しかし専門家となると、自分の欠点なども指摘され、ちょっと躊躇して「辛い」と感じてしまいますが、問題が起こった時は、相手や、まわりの状態よりも、自分のこころの中にあるものですから、当然指摘なども必要になり、ここで先ほどの理屈で「辛い」ほうを選びます。その方が解決していくという免疫が、自分の中に出来るものですから、これから同じ問題が起きても、最短で解決できて、結局は良い結果になるからです。

何か問題が起きた時は
楽な解決よりも辛い解決の方法を考えてみる
その方が良い結果になるようです

悩みの解決方法

専門家だから辛いけど解決が早い

やはり、それなりの解決方法を知っている人たちに相談すると、相手が専門家なので相談した、その瞬間から解決という目標に向かって、最短距離を進んで行きます。だから「何とかなる」っで、必ず解決します。自分の不具合を指摘され、すごく辛いのですが、これを乗り越えていけば、解決した後にまた、同じような問題が起こっても、解決したという経験から今度は「悩む事の無駄」など、どうすれば良いのか分かっているので、つまり自分の中に免疫ができているものですから、楽に解決することができます。

これを繰り返して行くと、あまり意識しなくても、無意識に対処していける自分が出来上がってくるものです。そして、自信満々のオーラが渦巻いてきます。目配りなども変わって、誰からも「この人はできる」という意識で接してくるようになってきます。

専門家は責任があるから解決が確実で早い

しつこいようですが、もう一度書きます。一休さんの教えの中にある「心配するな、何とかなる」は言い換えれば「悩まないで、どうするか」です。心配とは「悩むこと」で、何とかなるは「じゃあ、どうするか」です。目の前に起こったことは「悩まないで、どうするか」的に考えていけば、自分の欠点に気が付き、必然的にソコから先が見えてきます。逃げないで、いつもこのように考えていると、何があっても怖くないです。自分に自信を持てるようになった、一休さんの、さりげないこの教え、ひょっとしたら、人生すべて、この一言ではないかな。

まちがっても「何とかなる」を「そのうち、何とかなるだろう」と勘違いをして「何もしないで、良いのだ」とは考えないように。何もしなかったら、何も変わらないです。どうにも、ならないです。あくまでも「じゃあ、どうするか」です。一休さんゆえの、この教え心配するな、なんとかなるは見ているだけでも何となく、こころが癒され、まだまだ深い意味がありそうです。

辛いと思うより、辛いと思う心に感謝
なのでしょうか。一休さん

  1. この記事へのコメントはありません。