チャンスを勘違い

チャンスに気がつかない人

うまくチャンスをとらえるには、何かやりたいことがひらめいたら即行動です。考えていると、過去の失敗が思い出され、考えれば考えるほど、できない理由ばかりが頭に浮かんでどうせダメだろうの思い込みが強固なものになってくるからです。

一番危ないタイプ

自分は頭もいいし、やるべきことは人一倍速い。仕事だって休まないし、遅刻だって絶対にいやだ。もちろん上司にも気にいられている。人つきあいも普通だし迷惑だってかけていない。こんなに毎日頑張っているのに、なぜうまくいかないのだろう。なぜみんな自分を認めてくれないのだろう。こんなに素晴らしい理想的な人がココにいるのに、なぜ気か付いてくれないんだろう。

自分に自信をもっている人
一番失敗しやすい
不幸になりやすいのが
このタイプなのです

もちろん自信をもっているのは素晴らしいと思います。私もかつてはそうのように思っておりました。

お人好しというレッテル

自信をもっている人は、周りからはよく見てもらえるような、批判されたくないように気にいられるように振る舞っている感じがします。みんなに気にいられているということは、相手にとって都合のいいことであり、自分にとっては不幸なことなのです。要するにお人好しというレッテルを張らている。ヘタに自信をもっている人は、単なる自己満足に終わってしまって、他人から見れば都合のいい人がいるっという目でみられているだけなのです。

自分のやるべきことをしなさい

ある日、事務所のソファーに座って雑談をしているときに、仕事仲間からあなたはいい人だと、みんな言ってるょっと、さりげなく言われたことがあります。このときに、何だかすごい違和感を感じたのです。あなたはただのお人好しですょというように聞こえたのです。このときからなんだろう、あまり周りのことは考えないほうが、うまくいくのかなっというように思いはじめたのです。

周りよりも
自分のやるべきことをしなさい

一瞬この言葉が聞こえてきました

このように考え方を改めて過ごしていると私は他人からいい人だと言われたくないというように考え・行動すようになっていたのです。

そうすると不思議です、まわりに変化が起こってきます、明らかに今までとは違った雰囲気なのです。まわりの人達も自分に対して共用してくれているのです。そして認めるという態度で接してくるのです。徐々にですが、みている景色が変わってみえるようになり、そして思うように相手も動いてくれている雰囲気で、ずいぶんと楽に過ごしていけるのです。さきほど仕事仲間があなたはいい人だと、みんな言ってるょと言われたのは、お人好しのような目でみている、都合のいいような付き合いをしているからこそ、無意識にでた言葉なのでしょう。

周りのことは考えないほうがいい
というよりも
自分のことを最優先すべき
ということだったのです

チャンスにのる準備をする

自分を見ないで「なぜ周りは気ずいてくれないの」っとか言って、他人や周りのせいにしていると、そちらに気がちって、自分の進む道がブレてしまいます。目標だって、かすんでしまって、せっかくチャンスが来ても、まったく気がつかないでいるのです。

そこに、足元にチャンスが転がっているのに、そのチャンスを、チャンスとして、とらえられるように、自分に一番適したことや感動をすることだけを素直に受け入れられるように、常日頃から準備をしておく。考え方を自分の目標に、焦点を合わせておくことを意識しながら過ごしていきます。

周りで、うまくいっている人を、よく観察してみると、自分の目標に、焦点を合わせている人が多いいことに気がつきます。特別なキャラでそのことを、みんながうらやましがって認めているのだな、という感じがします。

チャンスを見極める

目にとまったギターを触っていたらいつの間にかデビューしていた。何気なく始めてみるも、気がつくと素晴らしいチャンスだったりします。うまい話に乗ってはじめてみたが詐欺事件だった。チャンスだと思えても、思わぬ落とし穴だったりします。

人の話を聞いて、これは素晴らしいと一瞬トキメキ動いた結果「こんなハズではなかったのに」っとか後悔する。それは、それがすごく楽で、すぐにでもできそうだと想像できるからです。えてして楽な事は、あまり良くない結果になりがちです。

チャンスのうらおもて

本当にいいことを実際に行動に移すことは、すごく辛いことだと思います。周りの人からは「何であんな辛いことを、すすんでやってるの」っとか「全く無駄なことをしてる」なんて不思議がったりするものです。でも楽なことよりも辛いことを選んだ方がいいのです。

チャンス、おとし穴、素晴らしい、即うごけ、ちょっと待てょとか、楽よりもつらい方がいいって、ゴチャゴチャ言ってるけど、まとめてょっとか言われそうです。

チャンスとは

チャンスとは知っているか知っていないかだけのちがいなのです。たとえばなしをします。遠くに見えるあの高い山の頂上に一億円埋まっています。すごい急なのぼり道ですが、埋まっている場所は明確に分かります。そこに行きさえすれば、確実に一億円が手にはいるのです。しかも早いもの勝ちです。さて、あなただったらどうしますか。

えーっほんとにあるの?
どうやってもってかえるの
あんなに高いとこイヤダ
雨が降っているから
真夜中だから
寒いから
暑いから
忙しいから
誰か行ってきて
クルマがないから
歩くの辛いから
まあ、明日のことょ
そのうち気が向いたら
めんどくさい

っで、行かないで、ズルズルと引き伸ばしますか。あきらめますか。それとも、すぐに行きますか。っい、一億円ですょ。絶対に行きますですょね。しかも何があっても、自分で今すぐにです。

雨が降ろうが風か吹こうが、たとえ真夜中であっても、そんなこと、まったくのお構いなしです。何しろ早いもの勝ちです。周りから見れば、「何でこんな大雨の中、しかも真夜中に、どこ行くの」っとか思って、不思議がって見ております。

ついに狂ったのかとか思ったりして、困った顔で心配などしております。それは、そこに行けば一億円、手に入ることが分かっているからこそ、行動することができるのです。つまり分かっているか、分かっていないか、だけの違いなのです

ちょっとの違いで
行動までも変わってくるのです

分かっているから行動できる

それと同じように自分のヒラメキは実現できるのだと分かって、受け入れる器が準備できているからこそ、他人の目など、まったくのお構いなしというわけです。うまくいっている人は、そんな人が多いいなっという感じがします。

さすがに一億円は極端でしたが自分はできる能力があるので、夢がかなうと分かっているっということは、まったく同じ理屈なのです。自分にとっていいことを、ヒラメキとしてとらえて、詐欺など必要のないヒラメキはスルーして、本当のチャンスだけをとらえて、そして即行動するようになるための書き込みです。

チャンスは平等

しつこいようですが何度も書き込みます。チャンスは誰でも平等におとずれるものです。そのときに、ひらめいたり、心ときめいたりしたときには、それができる能力が自分にはあるのだと、分かっているか、分かっていないかだけの違いなのです。

チャンスはあくまでチャンスなのです。チャンスが来たときに入れる器がなければこぼれてしまいます。チャンスを物にできるか・できないか。それに気がつくか、はたまたスルーして見逃すか。どちらを選ぶかは自分の器のでき次第なのです。

とりあえずどうすれば

ところで、先ほど書き込んだ言葉を、いつも無意識に言ってはいないでしょうか

えーっほんとにあるの?
どうやってもってかえるの
あんなに高いとこイヤダ
雨が降っているから
真夜中だから
寒いから
暑いから
忙しいから
誰か行ってきて
クルマがないから
歩くの辛いから
まあ、明日のことょ
そのうち気が向いたら
めんどくさい

このようなネガティブな言葉をくちにだした時点で、チャンスがかすんでしまって、目の前にチャンスがきても気がつかないのです。うまくいかないときは、いずれ来るだろうチャンスに、すぐに乗ることが出来るようになる為の、自分の器を広げていく準備期間なのです。

チャンスが来た時に、すぐに乗ることができるようにかすんでしまうようなネガティブ言葉は使わないようにします。そうすると本当のチャンスを的確にとらえる為には、周囲の人・もの・事柄に、常に感謝の気持ちを持つようになってきます。チャンスとはふつうにふるまって、あたりまえのことをあたりまえにこなしていくことだと感じております。まずは自分の心の器にいいチャンスだけが入る、余裕のすき間ができあがってくるこのようなイメージです

【関連記事】
チャンスをとらえる
チャンスを勘違い
最初の一歩はちょっとから
悪い習慣の始まりはちょっとから
もう一人の自分

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。