あくせく働くのは嫌だ

【前回の記事】

もしも、あくせく働くのが嫌だと辛い思いをしているとしたら、自分がそのように思い込んでいるだけではないでょうか。ひょっとして嫌だと思っているのは働くことではなく、先行きが見えないからではないでしょうか。意味もなく毎日毎日働いているだけで先々何もない日々。とりあえ目先のハエを追っているうちに、つまらない日々が過ぎていく。

働くことよりも成りたい自分に
視点を変えてみるべきです

あくせく働けるということは元気な証拠なのです。裕福な人だってあくせく働いております。同じあくせく働くにしても何が違うんだろう。ちょっと焦点を変えてみるだけで、周りの景色が明るく変わってくるのです。当然ですが、結果も変わってくるのです。

しんどいことは幸せなこと

「最近しんどいょ」に即答

警備業をしていると業者の大型車に同乗することがあります。若い職人が出勤時間ギリギリに乗り込んできたと同時に、開口一番「雨が降る日も仕事で、日曜日も出勤で休みがなくて、最近しんどいょ」と、言い訳じみた愚痴をこぼしている。そのときに隣にいた役付きの先輩が言ったのです。「いいことではないか、幸せなことじゃないか」っと、即答です。その前後の会話は覚えていないけど、この言葉が強烈に印象が残りましたです。

いいことではないか
幸せなことじゃないか

この言葉すごく気にいったのでいただきました。いいと思ったことは、すぐ自分のものにしております。このとき以来、誰かがグチなど言ってきたら「いいことではないか、幸せなことじゃないか」っと、同じことを言ってやります。そして「若いんだろ、働け、働け」さらに「おーい誰か、ムチ持ってこい」です。「ちょっといってきますょ」なんて言っても「ダッシュ、ダッシュー」とか言ってやる。少し冗談気味でオーバーに言うので、みんな笑っています。なんとなく気合が入りますので、もう口癖になりましたです。

忙しいときは何とかなる

忙しいときは何とかなる
けど
ヒマなときはどうにもならない
ものです

大多数の人達は毎日あくせくと働いてますが、忙しいときは何とかなりますが、ヒマなときはどうにもならないものです。病気などでベッドで寝込んだりすると、どうにもなりません。動けなくなったときに感じる働けることの大切さ・幸せさがしみじみと分かるというものです。嫌だと不満を言うよりも、嫌だと感じて働けることへの感謝です。

福の神の判断

私も貧乏ですが、今ではその貧乏に感謝で、人様に迷惑をかけないように、目の前にある与えられた仕事を、自分のできる範囲でアワアワとこなしております。福の神が上から見ていて、もし裕福になっても、同じように暮らしていく器ができあがれば近ずいてくるのです。金持ち貧乏も、こころが裕福になったからのことです。悪いこともいいことが起こる前ぶれ、気にいらない人も自分を見つめるいい機会で、どんなに悪いことでもその裏にあるいい面を見ているので、悪いことなどはまったく起こらないのです。

あくせく働くことが嫌だと
感じるよりも
あくせく働けることへの感謝
です

金持ち思考と貧乏思考の違い

あくせくの中にあるいい面

働くのは国民のギムだといわれながらも、毎日毎日あくせくと働いてはおります。できれば、もっと納得のいくように仕事をしたいですよね。少し考え方を変えてみると、あくせくの中にもいい面が見えてまいります。どんなに悪いことでも必ずいい面があります。いやでも、あくせくと働いていることで、たくさんの人と接っしたり、行動して体を動かすことで、たくさんのことが分かってきます。視野が広がって成長していきます。あくせく働いている人よりも、お金持ちでも何もしていない人の方が、不幸であるような気がします。

勝ち組みに入る

そして、よく言われる、勝ち組みと負け組みに、ハッキリ分かれてしまうということなのかもしれません。何に勝つのか誰に勝つのか、ぼんやりとしております。またまた「勝ち負け」という言い方は、不適切だと思いますが、今の理屈を理解した上で、自分なリの納得した「ハッピーライフを過ごして行く」という勝ち組みの仲間に入るように、考え方を変えてみると楽しいです。

裕福な人もあくせく働いている

大多数の人達は毎日あくせくと働いてますが、裕福な人だってあくせく働いているのです。貧乏のどん底で育ってきた人の中でも、自分で努力してお金持ちの仲間入りした人も大勢おります。同じように、あくせくと働いていても内容が、まったく違うことが分かります。何を持ってあくせくというのか。なぜ、あくせく働くのが嫌なのか。同じ働くにしても明確な違いがあるのです。

お金持ちの人・貧乏な人の特徴

貧乏な人は誰かの為に働いています。故に自分の考えは押さえなければなりません。ここで自分の正論を押し通すと当然ギクシャクしてきます。自分の時間を切り売りしてお金に換えています。時間は限られておりますので、収入には限界があるということです。そして器用貧乏という言葉があります。器用な為に、すべて自分でやろうとして、その結果一つのことができずに、結局どれつかずになってしまい、中途半端で終わってしまうのです。

分からないことや難しいことなどは、自分でやろうと思わずに、専門の人に頼んだ方が、考える時間や素人解決する時間などが短縮できるので早いのです。一見、目先のお金の出費などを、削った方が得な感じがしますが、器が小さい感じがして貧乏的考え方だというイメージがします。時間を切り売りして暮らしていること。自分はできるっという根拠のない思い込み。どうやらこのあたりに貧乏思考があるような気がします。

お金持ちの人は自分の為に働いています。自分の発想次第で収入も増えてきます。お金持ちの人は時間をお金で買っています。分からないことや辛いことなどは、できる人に頼んでいます。やることが増えれば、誰かに頼んでいます。収入には無限にあるというイメージがします。困った問題などが起きたときでも、その問題に対して知り尽くしている、それなりの専門家に相談しています。「どうしようか」と迷う時間を、専門家に対価としてお金を払って短縮しているので、すぐに解決できます。すべてに対して、貧乏行動とはまったく逆の行動をしていることが分かります。

時間をお金で買って暮らしている。できないことは専門家に頼んでいる。どうやらこのあたりにお金持ち思考があるような気がします。
【続きの記事】

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。