金持ち思考・貧乏思考

【前回の記事】


大金をコントロールできる器ではないことに気づいたときから、どうすればいいのかが分かってきます。いきなり裕福になると、今までの自分のままの器ではコントロールできずに、裕福どころか逆にパニックになってしまうのです。いきなりの大金が入ったゆえに不幸になる人は、たくさんいるのです。

ちょっと大当たりしてギャンブルに狂ったり、ちょっと飲んだおかげてアル中になったり、そしてタバコ・パチンコなど身近にもたくさんいることもご存じの通りです。裕福になっても、誘惑や贅沢にもブレない器ができあがれば、お金の方からやってくるのです。闇雲に努力してお金を稼ぐよりも、お金が入ってきたときに、その使い方をコントロールできる器つくりをすることを考えた方が得策なのです。

なぜ裕福にならないのか

庶民が暮らしよい国

お金持ちの人と貧乏な人がいて
庶民が暮らし易い国に
何故ならないのでしょうか

暮らし易いとはどういうことなのでしょうか。お金がたくさんあって、好きなことができて、毎日おもしろおかしく暮らせることでしょうか。たちまち贅沢病になってしまいます。働くことはいいけどあくせくはいやだ。もう少しお金さえあれば働ぎ甲斐もあるし、自分の能力が発揮できる。あくせく働いていては自分を見失ってしまう。確かに私もこんな疑問をもっておりましたが、あるときから考え方が変わってきたのです。

今いる現実はいいも悪いも自分の歩んできた道。どんなに悪いことでも必ずいい面が隠されています。貧乏であるが故に食事も酒タバコもセーブしたり、うまく生きて行かれるように調整してくれております。いたって健康だし、生活だって何をするにも不自由なくできます。そのように考えてからは、いいことばかり起こってくるような気がします。もちろん貧乏にも感謝しております

生活のバランスをとる為の調整

庶民が暮らしよい国にならないのはなぜか。さあ何故なのでしょうか。この理屈を分かりやすく説明するために、わたくし流でちょっと逆から考えてみました。仮にみんなが一億円もって裕福だとします。国民みんなが大金持ちです。ちょっと想像してみて下さい。今の世の中とは全く違った、不幸な世の中になってしまうとは思わないですか、国民みんなが大金持ちで裕福だとしたら、誰も働かないで、自由気ままに生活するはずです。工場などで働く人もいませんし、商店なども半減していきます。勿論バスも電車も動きません。クルマの製造なども止まってしまいます。どこへ行くにも何をするにも、誰も働かないのですから、移動すらできないのです。社会そのものが成り立ちません。さらには贅沢病にかかってしまい、社会どころか自分の体さえも動かなくなってしまいます。

国民みんなか裕福なゆえの総ダラダラで、何が何やら分からないようになってしまいます。大多数の人達はいいなり生活でないと、この世は成り立たないのです。これは自然のオキテ・団体生活のオキテなのです。生活のバランスをとる為の調整をしないといけないのです。みんなが裕福になってはいけないということなのです。

人生すべて二面性良いことと悪いことは同時にやってきているのです。庶民が暮らし易い国とは、裕福にならない裏に成り立っているのです。

社会を成り立てるため

「いやいや、私はたとえお金持ちになっても、今までと同じように働くし贅沢なんてしないです」っといわれても、人間は基本的に怠けものなのです。辛いことがあるから楽しいことが楽しめるのです。毎日楽しことばかりだったら、楽しいことが分からなくて、つまらないです。本当に楽しむためには辛いことが必要なのです。楽しむためにはあくせく働くことが必要なのです。

国はみんながダラダラしないように、そのために裕福にならないようにいろいろなことで国民に無理難題を押しつけざるをえないのです。また生活のバランスをとる為にも調整しようとする力が働いてくるのです。社会を成り立てるための手段で、いやでも働くようにしてくれているのです。何だか、不安になってくる面もありますが、このように考えてみると、妙に納得したりします。ちょっと過激な発言ではありましたが、私なりの解釈ですので参考にしてみて下さい。

自分の器を広げる

そして、あるときから考え方を変えたのは、私は大金をコントロールできる器ではないことに気づいたからです。何度も裕福になった時期もありました。浪費などはしていませんでしたが、なぜか裕福にはならなかったのです。裕福になれば怠けてしまって、浪費、贅沢病、何かの遊び症候群、家庭崩壊等が目に浮かびます。今とは全く無縁の老人の引きこもり人生になっていたと思います。

私には大金を持つことはふさわしくない、ということなのでしょう。きっと福の神が「自重するように」っと、声をかけてくれていたのだと思います。人間はもろいもので、何でも手に入って、何でも好きなことができれば、どうしても怠けてしまいます。だから贅沢病など体のバランスが崩れないように、調整してくれているのです。

金持ち思考と貧乏思考の違い

お金が入ってくるチャンスは、誰にでも平等に訪れてくる時期が必ずあります。そのときの行動でチャンスを生かせる人と生かせない人がいます。そのときの考え方なのですが、ここでお金持ちの考え方と貧乏している考え方、つまりお金持ちと貧乏の器の違いを、分かりやすくたとえ話をしてみたいと思います。

チャンスがきたらどこに入れる

宝くじで1億円が当たりました

宝くじで1億円が当たりました
どうしますか

ここで幸せ貧乏人の独り言。たとえ話をしてみます。お金が全くありません貯金は0円です。さて、びっくりナント宝くじで1億円が当たりました。さあ、どうしますか。時々仲間うちでこの話をして無意味に盛り上がることがあります。

豪邸を買いますか?高級車を買いますか?美味しい物を食べますか?旅行ですか?今まで欲しくても、まったく手のでなかった品物が何でも買えます。っえ、とりあえず貯金ですか。良いですねー、良いですねー、聞いただけでワクワクします。

当たった1億円で1億円儲ける
という答えはどうでしょうか

「えーっそんなことに1億円使うなんて、同じ1億円じゃん」「苦労するだけ無駄じゃんか」「とりあえず、欲しい物がたくさんあるのに理解できない」ですか。しかし、1億円使えば1億円は稼げるようになると思いませんか。家や車や洋服などの消耗品に使っていれば、いつかはなくなります。ましては、夜の盛り場にでも繰り出して、贅沢三昧グセがついてしまうと、1億円なんて、(あっという間に)なくなってしまいます。出ていくだけで、入ってはこないという一方通行だからです。

1億円使って1億円儲ける。同じ1億円なのですが、中身がまったく違います。どうやらここらあたりに、お金持ちになるか、貧乏になるかの別れ際がありそうなのです。

器に入ってくるスペースを作る

つまり、1億円使って自分の器の中に、1億円作りだす知識を入れるスペースを作るという考えです。1億円儲ける器ができあがっていれば、1億円すべて使い切ったとしても、また1億円儲けることができます。1000万円使って1000万円儲ける。その1000万円がないので1000万円の作り方を分かろうとする。つまり野菜を買うよりも、野菜の作り方を憶えた方が得策だということなのです。魚を買うよりも、魚の釣り方を憶えた方が得策だということなのです。

野菜も魚もとりあえず食べなければいけませんが、野菜の作り方や魚の釣り方を憶えるまでに、あくせくと働くのと、目の前の野菜や魚を欲しいために、とりあえず働くとのは、同じあくせく働いても中身が、まったく違うことなのです。

裕福にならなくてもそれで良し

このように書き込んではいるものの、私も、欲しい物を買いたい方なのです。いざ現実に大金が入ってくればおそらく絶対に、「ちょっとだけ」とか言いながら。ズルズルと使い込んでしまうでしょう。欲は出さずに今を幸せに生きております。裕福になればそれで良し、裕福にならなくてもそれでも良しです。神様が怠け者になって、贅沢病や家庭崩壊にならないように、お金が入らないようにしてくれているのです。マジで貧乏ながら笑顔であくせくと働ける毎日を送っていられる。そのことに感謝をしております。

お金持ち・地位・幸せ

このすべてを得ようとすることは難しいです。お金や地位で得た人はお金や地位で苦んでおり、幸せは長くは続いていかないような気がします。しかし幸せで得た幸せは長く続いていくのです。

幸せ思考
があってもいいような気がします

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。