悪徳業者の特徴と見分け方

ふっとしたことから、悪徳業者のことを考えメモする機会がありました。悪徳業者は相手をだますわけですから、地元で活動することなどはできないのです。っということは遠くからきているということなのです。これは方言ですぐ分かります。

しつこい・嫌だ・何が・っとか、少しでも違和感があればいま契約する必要などはまったくないので、即断ればいいだけのことです。しかし、そうはさせじと必ず役割を決めています。飛び込み役・クロージング役・契約後のクレームの処理役です。そして、後がないので一生懸命の全力投球です「契約するまで帰るな」で、クロージング役は契約という結論だけをだして帰ることだけに徹しております。さらに・・・

悪徳業者の話が聞こえる

隣の県で行われた中学時代の同窓会に行ったときのことです。午後4時からの予定なので大型スーパーで昼食して、ヒマなので椅子に座って、時間がくるまでぼんやりしていると、なんだか隣の方から年配男性二人の会話が聞こえてきました。どうも悪徳業者の話をしているようです。その当時私はリフォーム業を自営しており、営業もしておりましたので、そのことだけが聞こえてきて、なんとなく興味を持って聞いておりました。

悪徳業者の見分け方をメモ

私も訪問販売をしておりますけど、確かに悪徳業者が後を絶たないのです。このときの話の内容はあまり覚えていないのですが、それよりもなぜか悪徳業者を見分ける方法が、次々と頭に浮かんできたのです。今までの経験から、見分ける方法などを、ある程度把握していたので思いつくままにメモしていたのです。

さらに時間があったので、ついでに悪徳業者の手口・対処法などを時間がくるまでメモしている間に、かなりの文面になってしまいました。そのときのメモを見ながら悪徳業者の特徴と見分け方と題して書き込んでみました。

悪徳業者の見分け方

いま問題になっている訪問販売の悪徳業者ですが、私なりの悪徳業者の見分け方を書いてみます。

〇 他県からきている  言葉の方言で、すぐに分かります
〇 事務所が遠い    まずいので近所では仕事しない
・・・・・・・・・・・・ペテンなので、いつでも逃げられるように
〇 無料点検で・・・  とにかく家の中に入ろうとします
〇 一方的に喋る    しかも、やたら不安材料ばかりを並べる
〇 不安ばかりを誘う  瓦が落ちたら危ないですょ。確かに新築でも落ちたら危ないです
〇 目的を言わない   始めは何を売るのか目的より上がり込むことが先決
〇 グループで分担   飛び込み役・売り込み役に分けている
・・・・・・・・・・・・飛び込み役の鉄砲玉と売り込みは専門の上司が交渉
〇 契約を急ぐ     後がないので、とにかくしつこい
〇 テキパキしている  相手の断り文句を知っているし慣れている
〇 しゃべりが棒読み  とにかく自分の言い分だけ言っている
〇 まわりを汚す    騙すことだけを考えているので足元が見えない
〇 威圧感がある    話し込んでいるうち自分の言葉に酔ってくる
〇 やたら親切     理屈をよく知っていて調子が良い
〇 貴方の偽ですょ   必ず言ってます。人の為と書いて偽(いつわり)と読めます

あるお寺さんの前に
張り出している文面を思い出しました
人の為と書いて偽りと読む
人の為は偽り(いつわり)です

悪徳業者の特徴

訪問販売に限らず、まったく面識のない人、特に方言丸出しの人が貴方の為にとか言ってきたら、とりあえず身構えます。考えさせられる言葉なので書き込んでみました。全体的に言えることは、悪徳業者ほど、自分は悪徳業者とは、思っていないということなのです。セールスするときは、もう本気になってこの家の為にと、一生懸命いろいろとしゃべくりまわしています。「この人達は何が目的なのか」を冷静に考えて、決して翻弄(ほんろう)されてはいけません。

悪徳業者の場合は後がないので
白黒つけて帰るからです
グループに分担一軒一軒を集中的に
全力投球で攻めてきます

【続きの記事】

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。