お金の方からやってくる

お給料を頂く時

人はそれぞれ仕事をもって働いております。会社に行ってる人、商売している人と、いろいろですが、お給料を頂く時に、働いたのだから頂くのは当然だと思い込んでいませんか。

当然だという思い込み

確かにその通りなのですが、そう思いながら過ごしていると、給料をいただくために働く、つまりお金の奴隷になっているという感じがしませんか。お金を頂いたらまた0から始まる、ただそれだけの毎日。

自分の時間を切り裂いて、それと引き換えにお金に換えていく、という繰り返し。この当たり前のように考えながら毎日を過ごしている、その思い込みを少し変えてみませんか。

仕事は天職

毎日やっている仕事は同じでも、少し考え方を変えるてみるだけで、目の前がまったく違う世界になって来ます。仕事に付く前はイロイロと考えて比較して決めますが「よし、この仕事をするのだ」と決めてしまえば、それはもう「今この仕事をしなさい」という自分の天職なのです。

自分の天職だと思って不平不満とかグチなど言わないでタンタンとこなす。自分に出来る範囲で間違いなくこなしていく。給料の事は考えないで、最善を尽くしていく。そして趣味などにしても、思いっ切り楽しむなど、他人や会社や給料などを見るよりも、自分の成長に焦点を合わせる。まずは自分の成長を一番に考え毎日を過ごして行きます。

給料よりも自分の成長を見る

給料を頂くのは当然と考えるのは、お金に焦点が合っているからです。給料日に焦点が合っているからです。そのようにお金を意識して毎日を過ごしていると、知らない間にはお金を追いかる行動になっている事が分かります。ここで、逆に焦点を自分の目標に変えてみる。すると給料をもらう時にはお金が近ずいて来た感じがするのです。

お金は、仲良くしたい仲間です
大好きな彼女と同じで
追いかければ逃げていきます
お金も追いかければ逃げていきます
引き寄せる事を考えた方が得策です

私が、この考え方を実践するようになってからは、給料や営業などでお金が入った時は、大好きなお金ちゃんが「こんにちわ」「また来たょ」「よろしくね」っと言っているようでなりません。「いいえ、こちらこそ」「また会えて良かったです」

わおーっ
お金が引き寄って来た

お金が引き寄って来る快感

そのような快感に浸るようになってからは、働いている間はお金の事は考えません。っと言うよりも考える必要が無いので、いつの間にか忘れています。「っえ、今日は給料日か」です。そして慣れてくると、お金だけではなくて、すべての事柄に対しても、良い事しか近ずいて来ないのです。

ちなに、お金を出す時は旅に出してやる感じで「またねー」です。巡りめぐって、仲間をたくさん連れてくるのだぞ。そのようなイメージで、連れてきても恥じないように、今やるべき仕事をタンタンとこなしているだけです。

お金は追いかけると逃げて行く

つまり、お金が欲しいから働くのではなく、働いていたらお金が入って来るのだという考え方です。追いかけるのではなくて、引き寄せるような感じです。現実にしている事は同じでも、考え方を少し変えてやるべき事をやっていれば、お金の方からやってくるっという感じがするのです。そうすると不思議です。

給料をいただく時に
働いたのだからいただく
のではなくて
お金が自分に近ずいてきた
お金が引き寄ってきた
という印象を受けます

お金は引き寄せるもの

同じ毎日を過ごしていても、思い込みを意識しながら、お金が近ずいてくるように、自分なりにアレンジしてみると良いようです。そして「いただくのは当たり前」より「お金が引き寄ってきている」っというオーラが渦巻いてくると、ついでにお金以外の良い事などが、どんどん近ずいてきます。引き寄ってきます。

未来に対する不安や過去を後悔するなど、まったく無駄な事だと分かり、目の前が明るくなってきます。今ある思い込みを意識して、少し考え方引き寄せる的に変えてみるだけで良いのです。

お金も追いかければ逃げていきます
引き寄せる事を考えた方が
得策だと思います

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。