多重債務に陥ったらどうする

多重債務になってしまったら

多重債務相談にうわの空の人

うわーっ
やっちゃいまいました
ふーっ

ある事務所にいたときに、いきなり訪れてきた人が発っした言葉です。30歳ぐらいの女性の方で今問題になっている多重債務の相談ですが「やってしまったのーっ」っで始まったのですが

私には見た瞬間に
ものすごい違和感を感じたました

少し微笑みを浮かべており真剣さがないのです。いろいろと説明アドバイスはしてみますが、すべてうわの空でまるで他人ごとのようです。それにしても相談にきたのだからと、できる限りのアドバイスはしてみました。今日は下準備なので、これからは大変ですが、一緒に解決していきましょう。っと本日はここまでです。じつわ借金ごとは相談するまでが悩んだり苦しんだりするのです。

借金ごとは
相談した時点から
解決に向かっていきます

考え方を変えなければいけない

「次にくる日までに今まで借り入れした金額の合計・業者名・最初に借り入れた日付け・残高の合計・毎月の支払合計額、それといくらぐらいなら返済可能なのかをすべて紙に書いてきてください」っといいますと、なんと驚いたことに「えーっ私がするんですかー」にはさすがに10歩ぐらいドン引きしましたです。「なんだ他人まかせなのか」「これはイカンナー」っという感じです。

自分を変えなければ進歩がないばかりか、せっかく解決しても同じことの繰り返しになるので、ぬかにクギを打つようで正直あまり本気になれないのです。自分の原因を直さないで、誰かが何とかしてくれるという考え方では、将来が見えたような気がします。・・・少し話が外れてしまいましたが本題に戻します。

ある日突然に止まってしまう

今問題になっている多重債務の場合ですが、恥ずかしながら私にも経験があります。さてどうすればいいのかですが、いわゆる借入が膨らんでパニックになったときに、自転車操業で「まだ何とかしよう」としていると、どんどん深みにはまってしまうのは当然です。

ついには行き詰まってパニック状態に陥ってしまい、事の重大さに気がつくということなのです。「おかしいな」「何とかしなければ」っで、ずるずるとしている時期は2~3年と長いのですが、ある時期までくると行き詰まるのは一瞬です。ある日パタっと止まってしまいます。そして、

さぁ、どうしようです

人生すべて二面性

挫折よりもその時の考え方

人生長い間には、つまずいたり陥ったりするいうことは、大なり小なり誰でもありうることで、確かに人生の挫折ではあり、その時には一瞬ダメ人間の感じを受けてしまいます。ここでの考え方なのですが、じつわ現実に起こったことは、たいした問題ではないのです。それよりも、その時の考え方の方が重要なのです。

たとえば私の場合ですが「何とかしよう」と考えるよりも「何とかしない」っと、開き直ったような気がします。「アレっそんなことは」と思うかもしれませんが、本来の自分に戻るための、一種のショック療法のようなもので、何もしない・行動もしないという意味とは、まったく違います。

大きな器を得るために必要

なぜ挫折したのか
意味があるから
挫折したのです

神様が「あなたはこのままでは、世の中から取り残されてしまいますょ」「あなたは世の中が必要としているのですょ」「そのためには足らない、邪魔をしている何かがあるのですょ」。「さあ、どうするのかね」っと、訪ねているのです・試されているのです。

「もういいや」っでオロオロするよりも、「何があるのかな」「試されているのなら、一丁やってやろうじゃないか」っで、「何があるのだろう」「自分の不甲斐なさを怒りなさい」「お前なんか、あっちにいけ」っと、追い払うべきに、がむしゃらに行動するべきなのです。そういう意味でのやけっぱちな開き直りです。

自分の器が小さいので対処する能力の、入ってくるすき間がないのです。せっかくはいってこようとしても、こぼれているのです。器を大きくするために、神様がわざと試練を与えてくれているのです。オロオロの満杯の器でいくか、器を広げるべき行動にでていくかは、その人次第なのです。

怖いものがなくなってくる

私が実際にやってみて開き直ってみると不思議と怖いものがなくなってきます。楽とか苦しいよりも未來につながる一番いい方法を、思いついたり、ひらめいたりするのです。なりふり構わず、たった一点の解決という目標しか見えなくなります。しいては解決していく感動を得るための喜びに変わってきます。そして悩みに向かっていくオーラが渦巻いてきます。そうなれば悩みを悩みと感じなくなります。むしろ感度するために動くので、逃げることなく自然にタンタンと解決していけるのです。

逆に、目の前が見えなくなってパニック状況である時に、考え方を変えないで「何とかしよう」としていては、目の前にある一番早く楽になる方法を、ついつい選んでしまうのです。そうすると、思いつくは、次の借入先に行きつき、いわゆる自転車返済です。

難しく考えるとパニックになる

落ちついて考えてみれば、他の借入先を探していると、解決するわけがないということは分かりますけど、パニック状態ではそんな余裕はありません。麻薬のようなもので、そのとき一瞬は痛みがなくなりますが、日にちがたてば、倍になってひどくなってくるという、悪循環になってしまい、そしてズルズルと過ぎてしまう可能性が高いです。

その為の「何とかしない」ですが、くれぐれも「何もしないでもいい」とは考えないように。「何とかしない」は、いま一度時間をおいて「落ち着きなさい」という意味での開き直りです。難しく考えるとパニックになってしまいます。思い切って投げやりになってみるのです。

怒るな・悩むな・考えるな
迷うな、気にするな・後悔するな
これは私のモットーです

落ち着いて・落ち着いて・落ち着いて
大丈夫・大丈夫・大丈夫
心配しても、しょーがねー
何とかなるわいなー、もーっ
こんな感じですかね

一番苦しい解決方法を選ぶ

それは、一番苦しい借り入れ先を探さない、ということなので、当然解決方法は限られてきます。借り入れ先を探さないで、今ある状況を自分の力で解決できるように考える、調べる、相談する、行動する・交渉するということなのです。切羽詰まると、本来、自分が持っている能力が、信じられない程の火事場の馬鹿力を発揮するものです。私の場合も不思議なくらいイケイケだったように思います。自分がし実際に解決していい事ばかり起こるので思いついたことを書き込んでおります。

私にはこうしなさい
という具体的な方法は
分かりませんです

解決方法は10000人10000色です
苦しいとか楽にとかの
思い込みはなくする

人間は楽な方法を選びがちですが、上記のようにその場を逃げるような選択より、自分の力量・状態の範囲内で解決方法を選ぶ考えでの行動にでていれば自然と、一番苦しい方法を選択しているはずです。

つまり一番苦しい解決方法を選ぶということなのですが、性根を入れて本気で行動すると、一番良い結果になるような状態やチャンスが訪れてきます。つまり、克服できる免疫が自分の中にできあがってくるのです。そして、一つ解決できれば将来に生きてきます。別のパターンで同じようなことが起きても自分に解決できる、という免疫ができているのです。今を乗り越えればいろいろな問題に対しても、難なくスルーできてしまうのです。

解決免疫ができてくる

私も、そのときは無茶苦茶な行動をしておりました。切羽詰まると無茶苦茶なことでも、世の中は通るのですね。いま考えれば開き直りとか一番苦しいとか言っているけど、これは経験してみて今だからこそ言えるのです。一歩間違うと人生捨てるかの本気の行動、自分の真意が表れたようで、挫折以上のものを得たことに感動しております。

すべてのことが解決できる

いかなる借金があっても逃げないで、一番苦しい解決方法を選んで、正面からぶつかっていけば、必ず解決できます。これが「何とかしなければ」よりも悪循環に対処できる免疫を作るのだと言う考え方です。これで私は無事解決しただけではなく、こうすればいいのだという方法を感じるようになってきたのです。この免疫ができ上がってしまえば、すべてのことに働いてきます。

たとえ、イヤなことが起こっても怒ることもなく、あわあわと自分の意見が言えるようになってきます。自分にふさわしくない人間は、自然と離れっていってしまいます。押し寄せてくる悪いと思える状況さえも、悪い面よりも、その裏にあるいい面が見えてきたりしてくるのです。

いいことしか起こりません

何があっても
私にはいいことしか起こりません
と言えるようになりました

ところで、今使用しているバソコンが10年たつので、いろいろと支障がでている。買い換えようとお店にいって、いろいろと検討しているうちに、数年前サラ金に、ハマっていたときのことを思い出しました。サラ金で試行錯誤していたときには、まったく気がつかなかったけど、サラ金に支払っていた高い利息だけで簡単に買える金額ではないか。いかに無駄なことをしていたのか、そのときに支払っていた利息で、今なら自分の欲しい物が何でも買える。こんなことを感じてしまいました。

最後に私が実際に克服したいきさつや考えかたを書き込んだ体験記事サラ金地獄からの脱出がありますので、こちらも是非ご一読下さいませ。

【関連記事】

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。