自分を騙す

騙す事は悪い事なの

人を騙してはいけないし
自分を騙すなんて、もってのほか

正直に生きて行くにはふさわしい言葉です。しかし私には、ちょっと違和感がある言葉なのです。それは騙すと言う言葉は、まんざら悪い事ばかりではなく、良いように騙す事もあると思っているからです。一般的には「騙す」「騙される」で思い浮かぶのは、詐欺師とか悪徳業者ペテン師などの悪い人達が思い浮かんできます。

騙されるのはイヤだ
私は絶対に騙されないぞ
騙す人は悪い人だ

こんな暗いイメージであります。「騙される」と聞くと「悪い事だ」と思い込んでいるだけではないのでしょうか。人間は一度思い込んでしまうと、周りが見えなくなるという性質があります。そして一旦思い込んでしまったら、その思い込んだ通りに、無意識に行動してしまうというクセがあります。

騙されるのも良いのかも

しかし、私が違和感をもっているのも、騙されるのは良い場合もあるからです。もしも良いように騙されるのであれば、騙された方が得策ではないですか。騙されたおかげで、うまく行くとしたら私は騙されてみたいです。一度思い込むと、その方向に進んでしまうという性質があるのであれば、騙して良い方に行くように、思い込ませてしまえば良いように無意識に行動してしまうという。じつに楽でうまく行ってしまうという理屈です。

思い込みを利用する

思い込みをうまく利用する為に、自分を騙してみるのも一つの方法です。事実私は自分で自分を騙しております。悪い事だという、その思い込みを捨てております。その一つの例として、以前テレビのドキュメンタリーで、事故でまったく動かなかった左手が、動くようになったという奮闘を紹介しておりました。

それは、「思い込み」と「自分を騙す」という二つを組み合わせた方法で、強烈な改善武器になりますです。イスに座って机の前に両手を置き、真ん中にカガミを置き、動いている右手が見えるように少し斜めに置きます。そしてカガミの裏に動かない左手を置きます。つまり右手がカガミに映っているのですが、自分の目からは左手に見えます。

つまりのつまりですが
このカガミに映っている
右手を左手だと思い込むのです

そして両手を、ゆっくりと開いたり閉じたりするのですが、動かない左手も右手と同じように動かすと同時に誰かに動かしてもらいます。そうすると、カガミに写っている左手は動いているのです。そして両手が動いているように完全に勘違いしてしまいます。「左手はホラホラ動いていますょ」っと自分の脳を騙すのだそうです。

これをしつこいぐらい毎日毎日行ったそうです。その結果、神経が徐々につながってきて、ほぼ完全に動くようになったと紹介しておりました。実際に動画もあり、軽やかに飛び跳ねているのです。これは良いなと思い、私も実際にカガミを置いて同じようにしてみましたが、ホント両方が動いているのにビックリ、これは騙されてしまいますょ

うまく騙されたい

そんなこんなで、私は騙されることを望んでおります。っというより、うまく騙されたいと思っているので、「騙す」という言葉に悪いというイメージはないです。そうすると不思議ですね、詐欺などの電話があっても無意識に拒否してスルリとかわしておりますし、ごく自然に、その場を去っているようです。今度はどんな騙し方を、思いついたのですか???っです。

騙しについての免疫が
出来上がっているのかな

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。