怒りっぽい人って、疲れるうえに敵作り

貴方の身の周りで、怒りっぽい人や何かにつけて、たとえ些細なこととなどに対しても、すぐに怒っている人っていませんか。自分も含めて、まわりの人達の表情も曇ってしまいます。なぜ怒るのかとか考えてはみるも、顔は引きつり、ヘタすると仕事が手につかないぐらいに、落ち込んでしまいます。

「何とかならないの」とは思いますが、指摘したりすると、とばっちりや仕返しが怖いので、なるべくさからわないように、ただひたすら時の過ぎ行くのを待ちます。困ったことに、このような人はどこへ行っても、必ずといって良いぐらい存在しており、その性格の悪さに振り回され、悩んでいる人も多くいるのではないでしょうか。理屈の好きな私です、ちょっと落ち着いて観察してみました。

怒りっぽい人の性格と心理とは

絶対に正しいと思い込んでいる

つまり相手が間違っていると思っている。それが故に、みんなが私を無視している「こんなにいい方法があるのに、なぜ言うことを聞いてくれないの」という考え方になっているのです。しかし周囲から見れば一種のわがまま状態で、ダダをこねている子供と同じで、怒れば相手が委縮して、自分の言うことを聞いてくれると、思い込んでいるだけの、大人的な考え方になっていない、非常に心の狭い人間だということが分かります。

自分を大きく見せたい

周りの人から軽く見られたりされることを嫌って、存在感を示したいために肩をイカらせてみる。ヤクザ的な考え方の一つで、「舐められたらおしまい」とは、やくざ映画のシーンで聞いたことがあります。その社会ではプライドを維持するためには必要あるのでしょうが、一般人にはまったく必要のないことなのです。自分の言いたいことを聞いてもらうために威圧するのですが、まったく逆効果なのです。怒れば自分の思い通りに動いてくれると、思い込んでいる自分が、そいにいるだけなのです。

自分のプライドを守るため

プライドとは、何かを成し遂げた人がその地位を失わないように、周りを威嚇などしながら、自分の地位・財産を守るためのものであるのです。大成功して地位を築いた人が、その地位や財産を守るためには、必要であることは分かります。何も成し遂げていない人が、プライドをチラつかせても邪魔になるだけなのです。そして周囲の猛反感をかうだけで、いいことなど何一つとしてありません。まったく意味がなくて単なる自己顕示欲・自己満足だけなのです。

感謝・謙虚さが無い

やってもらうことが当たり前だと思い込んでおり、そのために無意識にわがまま行動をしてしまいます。考えてみれば分かることなのですが、その怒りっぽい人だって、わがままを押しつけられると聞きたくないはずです。っというより絶対に聞かないです。逆の立場だったらとは考えないのでしょうか。っん、そんなことなど考えないから怒りっぽいのか。

伝授する為、教える時

職人の社会ではよくみられる光景ですが、頭領が、若い見習い職人を怒っているのを見かけることがあります。側から見れば、あんなに怒らなくてもと思いますが、見習い職人も反発することもなく、平然と従っています。「仕事を早く覚えなくては」っで、必死なのでしょう。教えている頭領も「早く一人前にしなくては」っで、必死なのでしょう。これは焦点が自分の目標にあっているために、怒るという行為は統領の言い方だと理解しているからです。

思い通りにならないから怒る

そんな職人社会は別として、怒っている人をよーーっく観察してみると、一言で言うならば自分の思い通りにならないのでゴリ押ししているっということが分かります。言い方を変えてみればゴネ得を狙っているという、みっともないだけの行為なのです。

怒りをリセット

怒りをリセットしてやりさえすれば、ググっと楽にうまくいきます。今まで無視していた人たちが、いろいろと協力をしてくれるようになります。自分の言い分も聞いてくれるようになります。今まで見ていた周りの景色がパッと明るく変わってきます。これは楽というよりも快感であり、毎日が楽しく暮らしていけるのです。怒りをリセットしてやりさえすればです。

なのに、なぜ怒ってるの?

掘り下げて書き込んでいるうちに長くなりましたので、続きの記事(怒りっぽい人は早く気がついて)で紹介してみました。よろしかったら一読くださいませ。

【続きの記事】

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。