段取りが仕事!完璧に準備できればいつもと同じことをするだけ

段取り八分・仕事二分という格言があります。作業の段取りに仕事の4倍時間をかけなさいという意味です。早くしようと下準備をいい加減にして仕事をやってみると、寸法が合わなかったり・部品が違っていたり・必要な道具がなかったりと、その都度用意することになって無駄な時間がかかってしまうのです。近くになければ倉庫まで行かなければならなくなります。焦ったりして手直しなどしていると、ますます焦ってしまいます。

家周りの工事を業者に頼んだときに、見積もり金額が思いより高く感じるのは、この見えない部分の下準備に、作業の4倍の時間をかけているからです。

段取りの必要性

木も見えない根っこが
大きく広がっています

家も見えないところに
しっかりした土台が必要

仕事をする前にも
しっかりした段取りが必要

完璧段取りが終われば
終わったようなもの

いつものようにするだけです

完璧段取りとは、上辺だけでなく思いもかけないような事態に、備えておくことをいいます。「ああっ大丈夫、分かっているょ」は一番の禁物なのです。必要な部材や道具はもちろんですが、突然の雨・予期しない地形・周辺の事情・機械の故障・不具合・怪我や腹痛など突発的なことにも対処しておくことが段取りです。私はいまリフォーム業は引退して警備業で頑張っておりますが、当時の癖からか、車の中には必要なものはすべて予備を積んでおり、少々のトラブルや怪我などは対処できます。

ゆっくりした方が早くてきれい

リフォーム業していたころに樋の交換をしたときのことです。農家の広い家で一人で出来るので一日の予定です。たき火をしながらゆっくりしたけど、なんと3時ごろには終わってしまいました。 あれ、一日掛かるつもりでしたし、少し残っても明日の午前中にきてやるつもりでおりました。こんなにゆっくりしたのに、思わぬ速さにビックリ。それから陽が落ちるまで、たき火をしながら、おばあさん相手に焼き芋モグモグです。

無駄な動きが無い

そういえば、無駄な動きがなかったなあ。たき火の守をしながら一仕事、そして、又たき火をしながら、ゆっくりと一仕事でしたが、よくよく考えてみれば、段取りにかなり時間ををかけたような気がします。仕事をしていることをイメージしながら、もし状況が変わっても対処できるように、使わないような道具も念のために準備します。

作業中に頻繁に焚火にあたりながら休んでいたときも、作業の確認と一休みした後の仕事の段取りを考えていたような感じがします。そのためか失敗が全然なくイメージ通りに、作業が進んだように思います。たとえゆっくりでも、一つずつ確実にすることで、早くてきれいに仕上がるということを、改めて思いながらのモグモグでした。

休憩も大切な仕事

休憩することも
仕事の一部なのです

休憩中は
身の周りのゴミや道具の整理整頓
次の休憩まではここまでやるという手順
その為に必要な道具や部品の確認
ノコギリの刃を研いでみる

うっかりしていると、仕事を始めるも手元に必要な物がないことに気がつくことがあります。ヘタすると、車にもないので取りに帰ったりしていると、時間のロスになります。道具も長く使っていないと苦労することもあります。そして休憩中も今からはここまでとハッキリして、後は逆算してイメージ通りに進めて行きます。

ゆっくり話をしている中で、ふっと見渡すと、瓦棒がサビていることに気がつきました。「すまんが、いつでもいいから、ペンキを塗ってつかあさい」ということに、もちろんヒマなので寸法を書いて帰りました。

本日の作業をイメージ

建設業をしていると、いろいろな業者を見ることになりますが休憩する人としない人がいることに気がつきます。

休憩する業者

休憩する業者はゆっくりしているのですが、いつの間にか終わっているという感じがします。お互いに自分の動きをコントロールしているようで、「何であんなことをしているのカナ」っと、不思議に思っていても、後になって役に立っているのです。先にやるべきことを前もって行っていたのだと分かります。

最終作業までの流れを把握

驚いたことに、本日の作業を最後まで、一気にやりきってしまう業者がおりました。もちろん昼食は無しです。私の場合は、昼食が無いのは勘弁願いたいのですが、業者は本日の作業を徹底しておりました。 前日から本日の段取りを考え、ガソリン・部品・もしものときの道具や対処など頭にに入れておりました。本日の最終作業までの流れを頭に入れて、突然のでき事にも即座に対処してのテキパキ作業に、休憩無しでも、これはアリかなで関心してみておりました。

休憩しない業者

なかには段取りを考えていない業者もおります。現場につくとすぐに作業、休憩をしないで、忙しく仕事をしているのですが、動きを見ていてもぎこちないです。見た目にはテキパキと動いており、感じはいいのですが、手間取っている時間が長いように思います。作業に入ってから、考えていたりしております。

本日の最終イメージが頭に入ってなくて、作業している最中にも、アレがないコレがないと慌てている様子で、ハタで見ていると、同じことを何度も繰り返して作業が全然はかどっていないのです。中には何度も手直し、やり直しの業者も、材料が届いてから、今からやるべき作業を慌てて始めている。やはり段取りができていないと苦労するなー。いつも不思議に思って眺めておりましたです。

いろいろな業者がおりますけど、休憩する業者の方が、しない業者より早く奇異にできるように思います。しない業者でも段取りをすごく徹底しており、さっと終わらしてしまう業者もいます。段取り八分の意味が分かりましたです。

段取りが仕事

後日に仲の良い食品会社の主人と、話していたときのことです。近くで棚の取り付けをしている業者がおりました。その光景を見ていて食品会社の主人が、私にこのように言ったのです。

あれぐらいのことは自分も出来るょ

そうなんだ、とか思っていると

段取りさえしてくれればね

うーーむ、だからその段取りが仕事なんだって。やはり素人だなと感じましたです。

手抜きができれば一人前

段取り八分・仕事二分という格言ですが、決して段取りに時間をかけて、仕事は手抜きでいいという意味ではありません。基本ができてから経験を積み重ねる。そして無駄なことが分かってくるそのうえで無駄な動きは省いていく、省いた方がきれいに確実に仕上げることができる人。つまり手を抜くことができるようになれば一人前だといえるのではないでしょうか。

それまでは分からないので、同じ失敗や無駄な動きなど、繰り返しながら、親分のやり方を真似たり、自分で段取りを考えたりと、まずはイメージ通りに完成させることができるようになることなので、この腕があってからこその手抜きです。

段取り八分の意味

その為には、まずは基本的なことは習ったり慣れたりと、やはり時間と経験を要します。言われたことだけを消化しながら過ごしているのと、段取り八分仕事二分を頭に入れて、過ごしているのでは、長い間には大きな差がついてくるのです。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。