喜んでいると急に悪くなる

人生すべて二面性

交互にやってくる

毎日、生活していると、こんな経験はありませんか。すごく調子がいいと思ったらトタンに悪いことが起きる。しかも立て続けにです。また、暗く沈んでいたと思っていたら、突然いいことが起こってきたりして、目の前が急に明るくなったりするです。これを何度も繰り返しているうちに

あれ
良いことと悪いことは交互にやってくる
のかなっとか思ってしまう

悪いことばかり続かない

そして、いいときには慎重に、そして悪いときには開き直って、優雅に過ごしてみるなどの行動をしたりして。そして、そしてです、嫌なことがあって沈み込んでしまっている間に、その沈み込み疲れから、少しヤケ気味に「もーっいいゃ、考えても仕方ねえや、何とかなるわいな」っと、いかにも余裕のあるように振る舞ったりします。そうしていると突然、いいことがやってきたりします。よくよく思い出してみると良いことばかりは続かないし、悪いことばかりも続かないのですね。やはり交互にやってきているのかなー。なんだか人生この繰り返しのような気がしてきます。いや待てょ、交互ではなくて同時にやってきたりして

同時にやってくる

でも最近ですね、良いことと悪いことは交互にやってくるのではなくて、同時にやってきているような気がしてなりません。すべてのことに裏表があるように、上があれば必ず下があります。黒があれば必ず白があります、前があれば後ろ、右があれば左、好きな人がいると思えば、どこへ行っても嫌いな人が必ず存在します。良いことの後ろには必ず悪いことが潜んでいるし、悪いことの後ろには必ず良いことが潜んでいるのです。

人生すべて二面性
良いことと悪いことは
同時にやってくる

ジャンプするには一度しゃがむ

より高くジャンプするには、思い切ってしゃがみ込む必要があります。そして、勢いをつけてジャンプすると、より高く飛ぶことができますっというよりも、一度しゃがまないとジャンブすることができません。山の向こうにある落とし穴は、このジャンプ前の助走のような期間だと考えます。人間が成長していくには、勢いをつける期間が必要なのかと、実にうまくできているものだと感心してしまいます。

成長するには悪いことが必要

ものは考えようで、落ち込んで辛いと感じたら、ジャンプする前の準備をしているのだと考えます。辛いという漢字はプラスの上に立つと書きます。「辛いなぁ、いやまてょ、辛いと思ったらプラスの上に立っているのか、いま成長している時なんだ」と思えば喜ぶべきです。

辛いことは当たりまえ免疫

そのように考え方を変えてみると、やがてくる明るい未来が待っており、辛いことなど当たり前になってきて、乗り越えて行っている、という免疫ができ上ってしまいます。しかも免疫がついてくれば無意識行動をするので、まったく苦にならないばかりか、うまくいくために悪いことが起こってると考えれば、これから先の全体像が見えてきたりします。

何も考えないで、がむしゃらに「困った、何とかしよう」と、一生懸命に行動していたのでは、そのうちに息切れがしてしまいます。この理屈を理解して、いまはいいことが起こるジャンプに備えているのだと考えた方が、得策のように思います。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。