言葉遣いで幸運アップ

言葉遣いで幸運アップ

【前回の記事】

丁寧な言葉使いは
他人を思い通りに動かす
魔法の言葉ではないかな

幸運を身につけるのは、ひとつの方法ではないのかなっとか思いました。

アルバイト店員の態度

コンビニで切手を10枚買おうと立ち寄りました。客は一人しかいなかったが、ドリップするコーヒーに少し手間取っている感じです。それにしても遅く「お待ちください」の一言もなし。

やっとこさ来たので「切手はありますか」とたずねたら、今度も何も言わず帳面の方を見てから、少し離れた棚の方に行って、引き出しを開けて何やら手間どっている様子、終始なにも言わずに、さらになかなか来ない。まだ、ここら辺までは涼しい顔でいられた。

相手も分かっているだろう

10枚欲しいので、一枚持ってきても二度手間になので、まずはあるのかないのかを聞きたいのです。アルバイトなので要領が分からないのだろうと思ってはいたが、少しずつ怒りが込み上げてくるのが分かる。

たまりかねて注意したら、近くにいた店員が近づいてきて「切手はないです」っと、あっけない即答です。なんだ他に店員がいたのか。その店員が来ないのも感じが悪いが、アルバイト店員が、何も言わずにオロオロしていたのも非常に感じ悪い、なんてどころではありませんでした。

しばらくお待ちください
が言えないの

感じが悪かった原因は、手間取っていたことや、おろおろしていたことではなくて、何も言わずにだまっていたことです。ちょっと一言「今探すのでしばらくお待ちいただけますか」と言ってくれれば怒りもありませんです。実際に爆発を覚えたぐらいの、ふざけた対応でした。

鏡の法則

ところで、あのアルバイト店員が、何で注意されたのだろうと考えてくれれば、まだ良いのだが「何なんだ」ぐらいで、おそらくは気がついてはいないです。

っと、ちょっとまてょ
ここでハタと手が止まりました

この「気がついてはいない」を書き込んでいたときに、気になったことがあります。相手の態度が気にいらないということは、自分も同じ態度をしているという、いわゆる鏡の法則とやらです。相手が気がついていないのと同じように、自分も気がついていないっという書き込みを、私がしているからです。これは考えてみる必要ありです。しばらくはちょいフリーズしました。

同じ態度をしている

まてょ、ひょっとして、自分も同じ態度をして、他人に不快な思いをしてはいないだろうか。気がついていないのかな。書き込んだ手前、急いで思い出してみました。

そういえば言った後に、まずかったかなということは、あるような気がします。っというよりもありますです。あそこまでは、不謹慎ではありませんが、今一度、気をつけねばイカンです。書き込んでいる内に、自分が悟ってしまったという感じです。

ふざけた対応に感謝

人の振り見て我が振りなおせ
自分を欠点を知ることができた
たらたらアルバイトの
ふざけた対応に感謝カナです

逆もあります。電話で自分にやり取りを録画して、あとで聞いてみると実に不愉快ないい方をして言葉遣いが悪いことに気がついたことがあります。

関連記事一覧