依存症は習慣病!きっかけは些細なこと

依存症は習慣病!きっかけは些細なこと

チョイト一杯のつもりで飲んで
いつの間にやらハシゴ酒

ご存じ植木等さんのスーダラ節です。すごくノリのいい歌なのですが順を追ってみますと「チョイト一杯」から始まって「いつの間にやらハシゴ酒」そして「気がつきゃホームのベンチでごろ寝」っで「これじゃ体にいい分けないょ」ですよね。そして「分かっちゃいるけど、やめられない」っという歌詞なのですが、文字通りそのままの内容・流れでよくあるパターンです。

とくに酒・タバコ・ギャンブル・風俗・パチンコ・麻雀などの娯楽に対しては、軽い気持ちで始めてはみたものの、いつの間にかズルズルでハタと気がつくとやめるにやめられないという。そんな依存症に陥る人のきっかけは、些細なことちょっとからはじまっているのではないでしょうか。

依存症のきっかけはちょっとから

依存症とは特定の物質や行為・過程に対して、やめたくてもやめられない状態とあり、自分では治すことのできない状態のことをいいます。アルコール・薬物・タバコ・ギャンブル・パチンコ・麻雀・万引き・買い物などがあり、すべてが好きを通り越してからだに害が及んだり周囲に迷惑をかけたりするものばかりです。依存症にはタバコや酒などの物質依存症とパチンコ・マージャンなどの行動依存症があります。

ちょっとの重大さ

道楽やからだに悪いことなどは、楽チンで面白いものですからちょっととかいいながら、すぐに行動してみたくなるものです。どうやら人生には楽しいことには必ずといっていいように落とし穴があるようです。自己管理がちゃんとできて行き過ぎのない程度で楽しむには問題はないのですが、楽しいが故にそのイメージが頭の中で渦巻いて、その裏に隠れている落とし穴とやらに気がつかないのです。

人間は一度イメージしてしまうと、意思よりもイメージした方に進みやすいという性質があります。よほどしっかりした意思を持っていないと、イメージの方向に進んでしまうのです。自分の意思は無視して、まるでイメージにコントロールされてしまっているかのようにです。

ワクワクしたイメージが
意思を押さえつけてしまうのです

ドーパミン(快楽物質)

楽しいことをするときは、脳内物質であるドーパミン(快楽物質)が分泌されることが分かっています。ドーパミンは前向きな性格になるという快感の源なのです。前向きだからイケイケでいつの間にやらズルズルと、のめり込んでしまうのです。娯楽などにはちょっとから始まって病みつきになり「分かっちゃいるけど」と習慣になり「いつの間にやら」っで依存症に気がつくまで一直線に進みがちなのです。

考えてみれば、ものすごく怖い
はじめるときのちょっとです

コントロール障害

依存症に陥ってしまうという「ちょっと」と「ドーパミン(快楽物質)」を、良い方向へ利用すればいいのですが、なかなか成果のでない人生の目標よりも、すぐに楽しめる快楽などにはとっつきやすいようです。更に困るのはからだに悪いだけではなく、勢いがついてくると周りの人達にも迷惑がかかってしまうのです。

更に続けていると
加速してきます

浸透してきます

依存症です

そうなると自分はやめたいと思っていても、もう一人の自分がその気になっているので「やりなさい」と指令を出してくるのです。そして無意識にからだが反応して動いてしまうというわけです。

「もう一人の自分」とは自分の中に居座っている本来の自分のすがたのことです。人間はこのもう一人の自分にコントロールされているのです。

もう一人の自分がドーパミン(快楽物質)にどっぷりつかってくると、自分の意思で止めることは100パーセント不可能なのです。自分は前に行きたいのに乗っている馬(もう一人の自分)が後を向いているという状態です。

馬に乗っている自分が前に行きたいといくら思っても、その意思を無視して馬が進む逆方向へ行ってしまうしかないのです。その結果自分を止めることができないというコントロール障害に陥ってしまうのです。

依存症

周りの人達に迷惑をかけてしまう
家族内での争いがひどくなる
生活のリズムが崩れてしまう
お金がどんどん無くなる
体調が悪くなるなど
完全に人生のリズムが崩れてしまいます

行為がやめたくてもやめられないという依存症に陥ってしまうと、考えていることと、やっていることが違うので頭の中でパニック状態になってしまうのです。

凝っている状態のときなら治る

例えば、タバコは身体に害があると分かっていても、タバコがやめられない。これは「ふーっタバコがうまい、リラックスできる」というイメージが根ずいてしまい、自分の中にいる「もう一人の自分」が「イライラしたのか、じゃあタバコを吸えば」と指令を出してきます。

そうなると、いくらやめようと思っても「もう一人の自分」が指令をだしてしまうと、必ず指令に従ってしまうのです。思えば思うほどタバコのイメージだけが膨らんできて、ますますやめることはできないという状況になってきます。

周りをも巻き込んでしまうという困った依存症ですが、自分の意思で変えることはできないのでしょうか。依存症とは自分の意思でやめることができなくなる病気なので、自分で治すことはできないのです。専門からの適切な処理が必要なのですが、「自分は依存症かも」とか思って、凝っている状態の人は救いはあると思っています。

それは冒頭にありますちょっとの重大さです。自分で気がついてやめなければいけないと思っている人は、もう少しおつきあい下さい。

【続きの記事】

関連記事一覧