仕事は手抜きができれば一人前

仕事は手抜きができれば一人前

【前回の記事】

段取りも休むことも
大切な仕事のうち

習慣化していれば一人前

っというよりも、毎日毎日同じことを何度も何度もしていると、そのようにした方が早くてきれいにできてくることが分かってきて、やはり「段取り八分仕事二分」なんだなという考え方になってくるはずです。

手抜きができれば一人前

段取り八分仕事二分という格言ですが、決して段取りに時間をかけて、仕事は手抜きでいいという意味ではありません。基本ができるまで経験を積み重ねる。そして無駄なことが分かってくるそのうえで無駄な動きは省いていく。

省いた方が
きれいに確実に
仕上げることができる人

つまり
手を抜くことが
できるようになれば一人前
だといえるのではないでしょうか

最初は分からないので、同じ失敗や無駄な動きなど、繰り返しながら親分のやり方を真似たり自分で段取りを考えたりと、まずはイメージ通りに完成させることができるようになることなので

この腕があってからこその手抜きです

何をするのしても
人生すべて
基本を知っている
という前提で進むべきです

まずは基本的なことは習ったり慣れたりと時間と経験を要します。言われたことだけを消化しながら過ごしているのと、段取り八分仕事二分を頭に入れて、過ごしているのでは長い間には大きな差がついてくるのです。

警備業での段取り八分仕事二分

現在は警備業で頑張っておりますが、この段取り八分仕事二分をどのように生かしているかですが、自営業と違って会社の一歯車です。しかもグループでの共同作業で、少しの油断から大きな事故にもなりかねません。

工事するときに道路の片側を規制して、片方の道路を交互に使って車を誘導する片側通行という交通誘導などは、少しの油断も出来ないという過酷な交通誘導になります。逆に山奥で誰も来ないような場所で、たまに来る車などに「この奥で工事しています」と迂回路を伝えるだけの、いわゆるそこに立っていることが仕事だという、のんびりムードの通行止めなどもあります。

過酷なときにはすごく疲れるけど時間が早く過ぎていきますし、逆にのんびりムードのときには退屈で退屈で時間がなかなか過ぎてくれませんので、どちらも良い面と悪い面があります。いくらゆっくりムードでも座っている訳にもいかないし、誰が見ているか分からないし、もし他社の警備員がダラダラしているとみっともないと思うので、一日中立ちっぱなしでいろいろ考えながら時間をつぶしています。

うさぎ跳び・遠くと近くを見る・指先の運動(ギター)・片足バランス・などをしております。誰にも気がつかれないように立って寝るという特技(?)も身に着きました。っあ、寝るというより妄想でした。今はマインドフルネスと歩き方に凝っており時間を有効に使っております。(正しい歩き方はまとまり次第ブログにアップします)

そして私のいる警備会社では現場まで自家用車で直行直帰できます。業者の作業が早く終われば昼過ぎにも帰れることもしょっちゅうあります。10年近く滞在しておりますので、たいがい本日の流れが予測できて居心地が非常に良いのです。つまり過酷とのんびりが良い感じで巡ってくるので気にいっております。

ここで段取り八分仕事二分が染みついているのか、自家用車なので警備服・チョッキ・ヘルメット・旗・無線・カッパなどはすべて予備を積んでおり、それと薬・バンドエイド・ティッシュなどの必要品は車に積んでいますので、大抵の不意の出来事には対処できます。

関連記事一覧