悩みは打ち明けたときから解決に向かう

最近「考え方を変えるだけで幸せになれる」ことを実感しております。考え方を変えることによって行動が変わり、当然ですが結果も変わってくるからです。このように思いながら過ごしていると、無理なく・楽に・ごく自然に、そして気がつけば、いつの間にか幸せになっているのです。

これが幸せというものなのか
そういえば昔カドカドしてたな
なんでもないことが一番の幸せかも
っです

何かうまくいかなくて悩んでいる人は解決策などが分からず、なんとなく日にちだけが過ぎ去ってしまう。他人や周りのせいにしてグチっていたりしていては、解決どころか知らないうちに背中に、貧乏神をどっぷりと背負って生きていくことになります。考え方を変えて過ごすクセをつけていけば、あるときに悩む必要などはないことに気がつくのです。

悩みは自分一人で抱えないこと

悩むから悩む

生活していると、必ず悩むことがあると思います。むしろあって当然です「またこんな問題が」っとか、「次から次に起こってくる」「もう、嫌になっちゃう」っとか解決策を見つけようと悩んでいる間にも、時間だけは過ぎ去っていきます。誰かに打ち明けようにも、なぜか抵抗を感じて切羽詰まるまで何とかしようとします。ヘタすると段々と深みにハマっていき、重症になってからやっと相談することになります。

ちょっと焦点を変えてみます

ひょっとして、悩んでいるのは悩みそのものよりも、解決できない自分の性格や、行動できないことに悩んでいるのではないのでしょうか。自分に未熟なところがあって、悩みを解決できないのですから、誰かに相談すればいいことなのです。

周りの誰かに知恵を借りる

自分で解決するための下準備

誰かに相談して打ち明けることによって、少なくとも気分が楽になると思います。兄弟・親・親戚・友達・職場の仲間や上司など、心やすい人などと時間をかけて話をしている間にも、視野が広くなり、いろいろなことが見えてきます。自分の悩みをうまく伝えることができなくても、その人の経験談話など話を聞いたりしている間にも、徐々に自分に合った解決策を分かってきます。周りの知り合いなどと話をしていると、気やすめになるという感もありますが、心が落ち着いてきて冷静な判断ができるようになってくるというものです。

「そうよ、私もあったょ」
「知り合いにも同じ人がいたょ」
「〇〇にしたら、うまくいったらしいょ」
「〇〇のような方法があるらしい」
「その〇〇を調べてみたらいいょ」

一人で家にいたら沈み込みになりがちですが、いざ自分の悩みなどを打ち明けると、同情する人や同じことで悩んだ人もいたり、「このような方法で解決したょ」など、ワイワイやっていると気が晴れてきます。悪戦苦闘しながら、必死に克服された方の経験談や、グットアイデアなど参考になることなどが多いいので、ぜひ誰かに打ち明けることが必要だと思います。相談相手が何とかしてくれるのではなく、解決への手助けをしてくれる。結局は自分のチカラで解決する、そのための下準備だと思うのです。

悩んでいることが整理できる

悩みは
打ち明けたときから解決
に向っていく

自分の悩みを誰かに打ち明けたとき、なんだかホっとした経験はありませんか。この相談した時点から解決という目標に向かって、まっしぐらに進んでいくのです。だから必ず解決できるのです。相談するまでが苦しんでいる自分がいるだけで、相談してから解決していく段階で、苦しみが徐々に薄れていきます。あとで考えるときに、「相談した時点ですで解決しているのだ」と感じるので、無意識にホっとするのです。

解決するチカラを自分の物にしていけば、対処する免疫力がついてくるので、次から同じ悩みが起きても、難なく解決できるということなのです。それを繰り返していけば、解決できる免疫力がバージョンアップして、解決オーラが渦巻き、他人からは、一目置かれるような目つきで見られ始めるのです。自分の心にも余裕さえできてきます。そして快感です。

私の場合ですが、悩みを克服していくうちに解決できることが分かているものですから、次に同じような悩みの相談を受けた時に、うまく説明できるように言葉などを考えて、メモなどしながら過ごしていました。そうすると責任感のようなものが芽生えてくるのです。

悩みは成長する前触れ

悩みが起こるということは、「自分には足らないあるのですょ」ということを教えてくれて「それを治しなさい」ということなのです。つまり成長していく為には、必要なことで、自分を成長させるためのキッカケでもあるのです。

さあ
今度はどな困ったさんがくるのか

困ったことが起きると
っおおお、き・た・か・・・よーし
です

専門家の知恵を借りよう

周りの人達に相談するのもいいのですが、できれば専門家に相談することをお勧めします。専門家というと少し敷居が高い感じがするので、躊躇してうまく言いたいことが言えない感もあります。しかし、専門なので一切のまわり道はしないで解決に向けて一直線に進むので、的確で早いのです。

周りの人達とはまったく違います。有料であっても相談するべきです。有料だと、それなりの覚悟がいるし本気にならざるを得ないのです。悩みにもよりますが本気になるための行動も必要なのです。

解決していく感動を味わう

考えてみれば、悩みというのは悩むから悩むのであって、周りの状況は何も変わっていないのです。そこに悩んでいる自分がいるだけということなのです。困って悩んで迷っているとき、ちょっと周りを見渡してみて下さい。じっくりと観察してみて下さい。なんとなく感じてきます。自分の頭の中に変化が起きてきます。誰も知らん顔して通り過ぎていくし、汽車も電車も通り過ぎてくだけで、誰も自分のことなど見向きもしておりません。景色も普段とまったく同じで、何も変わっていないことに気がつくはずです。

打ち明ける
相談する
とにかく
周りの人と話をする
これに尽きると思います

悩みというものは、誰かに打ち明けた瞬間から、解決にという目的に向かって、一直線に進みだしていくという性質があります。だから、

どんな悩みでも
必ず解決できます

手前みそではありますが、何か問題が起きたときは、自分に足らないところがあるのだから、これに免疫をつけていくしかないと考えると同時に、同じ悩みで困っている人に出会ったら、うまく説明できるようにと意識して行動しております。自分の中に一種の責任感が芽生えて、こころに余裕が生まれてくる感じなのです。今では「困った・困った」ではなくて、困った問題を解決していく過程を楽しむような感じです。「今度はどんな困った問題カナ。困った問題、いらっしゃーい」です。

【関連記事】

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。