• 自分磨き
  • 外見や内面を磨いて、今よりもっと素敵な自分になれるように努力する
自分の中にもう一人の自分が居座っている

自分の中にもう一人の自分が居座っている

【もう一人の自分】
【1】【2】【3】【4】【5】【6】

よかれと思ってやたことが総スカンを食らったり、ヤケクソでやったことがうまくいったりと、まったく先が読めない。自分の思ったこととは、まったく反対になってしまう。何も考えずに思うままに行動してみたら、いつの間にかうまくいってたりする。そして、思いがけぬ長続きしていることに気がつく。そのようなときってないですか。

まさに私の人生がそうでした。ためしに、やりたいことをわざとヤケにやってみたりしたこともあります。うーーむ、意識するとうまくいかないっす。

誰かに強制されている
わけではないのに

思いとは反対の結果
になってしまう

ひょっとして
考えることと行動することは
別問題なのかも

何だか
誰かに操られている
ような

まるで
もう一人の自分
がいて
自分をコントロール
していたりして

もう一人の自分に気づく

考え方は人それぞれで無限にあります。しかし自分では正しいと思っていることでも、そのまま行動すれば危険が潜んでいることもあります。自分の器からはみ出るような考えだと「それは危険です」「それは無理です」っと行動にブレーキをかけて、暴走しないようにコントロールしているのです。

っん、誰がしているの

これが
無意識に動いている

もう一人の自分
なのです

計画を紙に書くと必ず達成しないというジンクス。思い切って逆のことを考えて行動した方がいいのかな。あまり人のことは考えない方がいいのかな。考え過ぎると、ややこおしくなって結局は元に戻る。シャンケンと同じで考えたり悩んだりしていても、堂々巡りで疲れてしまう。そのうちに後回しになって忘れてしまい、溜まり溜まってくる。

いろいろと悩んでいるけど、やるしかないじゃん。っで、うまく立ち回るには何かあるような。まてょ、ひょっとしたら考えている自分とは別に、行動しているもう一人の自分がいるのでは。うっすらとですが、そのように感じるようになってからもう一人の自分を意識しながら行動してみると、少しずつ分かってきたことがあります。

もう一人の自分を理解する

人間の内部には自分では意識していないけど、素晴らしい能力を持った「もう一人の自分」が存在しているのです。この「もう一人の自分」の存在に気がつくことで、今までの「思うようにいかないのはなぜ」の謎が解けてきます。

自分を後ろに引っ張っているのは
誰のせいでも世の中のせいでもなく
自分自身に潜んでいる

もう一人の自分
だったのです

この「もう一人の自分」を意識することによって、自分を客観的に見ることができるのです。だから、すべての問題に対してどうすれば解決できるかが明確に分かってくるのです。

この「もう一人の自分」の存在に気がつかないでいると「何だろう」的な人生になってしまい、いつまでたっても同じことの繰り返しになってしまいます。一刻も早く「もう一人の自分」の存在に気づくことです。そして理解していくことで、人生が素晴らしく好転していきます。

火事場の馬鹿力

分かりやすい言葉に
火事場の馬鹿力
という表現があります

家が火事になったとき・寝たきりの老人が重たい家具を、自力で持ち上げて外まで運び出した。か弱い女性が重いタンスや金庫を、持ち上げて家の外まで運び出したなど、切迫した状況におかれたとき、想像できないような力を発揮してしまうっというたとえです。普段みせない能力や力が突如として発生して、そしてできるということは自分の中にある自分とは別の何らかの存在を認めざるを得ません。

それが
もう1人の自分
なのです

もう一人の自分の馬鹿力

人生、大きな挫折にあって「このままでは死ぬかもしれない」そんな緊迫した状況におかれたときに、普段はだし切っていない、眠っている本来の力や能力が発揮してしまう。どうやら「自分」の中に潜んでいる「もう一人の自分」が危険を察して、身を守る為に動かざるを得ないのかなっという感じがします。

ところで
火事場の馬鹿力
って、本当にあるの?

ググってみると、やはり科学的に立証・実践されておりました。そこで「もう一人の自分」について、もっと掘り下げてみたいと思います。

【もう一人の自分】
【1】【2】【3】【4】【5】【6】

関連記事一覧