もう一人の自分に気がついたときから人生は変わる

よかれと思ってやたことが総スカンを食らったり、ヤケクソでやったことがうまくいったりと、まったく先が読めない。自分の思ったこととは、まったく反対になってしまう。何も考えずに思うままに行動してみたら、いつの間にかうまくいってたりする。そして、思いがけぬ長続きしていることに気がつく。そのようなときってないですか。

思うようにいかないのはなぜ

考えることと行動が違う

まさに私の人生がそうでした。ためしに、やりたいことをわざとヤケにやってみたりしたこともあります。うーーむ、意識すると、うまくいかないっす。

何だか
誰かに操られている
ような

知らない自分
がいて

無意識にコントロール
されてたりして

ひょっとして
考えることと行動すること
は別問題

なのかも

もう1人の自分が居座っている

計画を紙に書くと必ず達成しないというジンクス。思い切って逆のことを考えて行動した方がいいのかな。あまり人のことは考えない方がいいのかな。考え過ぎると、ややこおしくなって結局は元に戻る。シャンケンと同じで考えたり悩んだりしていても、堂々巡りで疲れてしまう。そのうちに後回しになって忘れてしまい、溜まり溜まってくる。

いろいろと悩んでいるけど、やるしかないじゃん。っで、うまく立ち回るには、何かあるような。まてょ、ひょっとしたら、考えている自分とは別に、行動しているもう一人の自分がいるのでは。うっすらとですが、そのように感じ初めて意識しながら行動してみると、少しずつ分かってきたことがあります。

もう一人の自分ってなに

じつわ人間の内部には自分では意識していないけど、素晴らしい能力を持った「もう一人の自分」が存在しているのです。この「もう1人の自分」の存在に気がつくことで、今までの「思うようにいかないのはなぜ」の謎が解けてきます。

後ろに引っ張っているやつ

自分を後ろに引っ張っているのは
誰のせいでも世の中のせいでもなく
自分自身に潜んでいる

もう一人の自分
だったのです

この「もう一人の自分」を意識することによって、自分を客観的に見ることができるのです。だから、すべての問題に対して、どうすれば解決できるかが明確に分かってくるのです。

この「もう一人の自分」の存在に気がつかないでいると「何だろう」的な人生になってしまい、いつまでたっても同じことの繰り返しになってしまいます。一刻も早く、この「もう一人の自分」の存在に気づくことです。そして理解していくことで、人生が素晴らしく好転していきます。

火事場の馬鹿力

分かりやすい言葉に
火事場の馬鹿力
という表現があります

家が火事になったとき、寝たきりの老人が重たい家具を、自力で持ち上げて外まで運び出した。か弱い女性が重いタンスや金庫を、持ち上げて家の外まで運び出したなど、切迫した状況におかれたとき、想像できないような力を発揮してしまうっというたとえです。

普段みせない能力や力が、突如として発生して、そしてできるということは、自分の中にある、自分とは別の何らかの存在を、認めざるを得ません。

それが
もう1人の自分
なのです

もう一人の自分の馬鹿力

人生、大きな挫折にあって「このままでは死ぬかもしれない」そんな緊迫した状況におかれたときに、普段はだし切っていない、眠っている本来の力や能力が発揮してしまう。どうやら「自分」の中に潜んでいる「もう一人の自分」が危険を察して、身を守る為に動かざるを得ないのかなっという感じがします。

ところで
火事場の馬鹿力
は本当にあるの?

ググってみると、やはり科学的に立証・実践されておりました。詳しくは「火事場の馬鹿力」でググっていただけたらと思います。そこで「もう一人の自分」について、もう少し掘り下げてみたいと思います。

顕在意識と潜在意識

人間には意識している中に
顕在意識潜在意識
という二つの領域があります

周りの状態からすべての情報が、まずは潜在意識に入ってきます。自分では気がついてないけど、クーラーの雑音やワイワイガヤガヤなど、すべての情報が入ってきているのです。しかし、そのようなことは必要ないので、たくさんある情報の中から自分に必要な情報だけを選んで、顕在意識に認識されるように脳がフルイにかけいるのです。

カクテルパーティー効果

カクテルパーティー効果
と言う言葉をご存じでしょうか

たとえば、パーティーなどの人ごみの中でビデオ録画などをしたとき、そのときには全く気がつかなかったのに、後で再生してみるとガヤガヤ雑談やクーラーの音などが入っていることに気がつきます。とくに私はビデオ撮影を業としているので、クーラ音や周りで新郎新婦に不快なことを言っていないかと気を使っています。

このようにたくさんの人が雑談している中にいると、多くの情報が入ってきますが、自分には必要なことしか伝わってきません。このような状態をカクテルパーティー効果と呼んでいます。潜在意識に入ってきた全ての情報を理解するって、ものすごいストレスになるどころか不可能ですし理解する必要もありません。だから潜在意識の中からフィルターを通して、必要な部分だけを選んで、顕在意識に伝えているのです。

情報を振り分けるフィルター

顕在意識と潜在意識の間には
自分に必要な情報だけを
選んでいるフィルター

があるらしい

とくに自分の悪口などが聞こえたときには、そのことだけが聞こえてきて、他のことは全く聞こえないのです。すべての情報から必要なことを認識する為のフィルターがあるからです。同じ状況の中でも100人いれば100人で人それぞれ違う情報が顕在意識に伝わってくるのです。顕在意識と潜在意識の間にあるこのフィルターですがアイデンティティのフィルターと呼ばれているものです。

どうやらこのあたりに
もう一人の自分
が存在しているようです

思い込み

アイデンティティのフィルター

このアイデンティティのフィルターですが、その人の個性のようなもので、生まれてから物心がついていく、その過程の中で徐々に育成されていきます。幼いころには、ほぼ育成され、その後は自分はこういった人間だという思い込みが、アイデンティティのフィルターの中に育っていくのです。だから幼いころに一度こうだと思い込むと、その思い込みが大人になるにつれて大きく育っていくという訳です。

思い込みは思い込み

私の経験ですが、中学生の頃ものすごい秀才でガッチリ体系の同級生がおりました。ある日一緒に帰っていたら、可愛い子犬に出会いました。しばらくは「よしよし」とか言っておりましたが、振り返ると同級生の姿が見えません。はるか向こうの角からチラリと顔だけのぞかせて、おどおどしながら、こちらを伺っているのです。

どうやら犬が大嫌いならしいのですが、よくよく聞いてみると、幼いころに犬に思いっ切り吠えられたそうです。それ以来「怖い」と言う「思い込み」から大人になるに従って、小さな犬を見ただけで怖いと思うようになり、ついには犬が近づいて来ただけで、無意識に逃げてしまうというのです。

私たちは日頃の生活のから
アイデンティティのフィルターに
思い込み
が作り上げられていきます

どうやらこのあたりにもう一人の自分が影響しているような気がしてならないのです。

根拠のない思い込み

あいつは嫌だと思い込むと、何があっても嫌なものです。俺は前に進みたいんだと思っても、実際に前に進んだことがない未知への不安から「どうせできないだろう」「できる訳がない」と、まったく根拠のない勝手な「思い込み」をしてしまう。そうすると「もう一人の自分」が「できないだろう」と判断して、自分の意思は無視して、逆の方向に進んでしまうのです。

もう一人の自分が
一度こうだと思い込んむと

いい悪いは別で
もう一人の自分
の方向に動いてしまうのです

もう一人の自分に
コントロールされているので
無意識に動いてしまうのです

条件反射と無条件反射

もう少し分かりやすく説明します。この無意識行動の中にも条件反射と無条件反射の二種類あります。たとえばボールが飛んでくれば反射的に避けます。これは自分の意思とは関係なく、もう一人の自分が身の危険を察知して、無意識に避けているのです。これが無条件反射でなおすことができないし、なおす必要もありません。

それでは条件反射なのですが、じつわコレが問題なのです。梅干しを想像すれば、そこに梅干しがないのに唾液がでてきます。幼い犬なのに噛まれてしまうという思い込みから避けてしまいます。つまりある条件に反応して無意識に動いてしまうのが条件反射です。まだ何も分からない幼いころには、アイデンティティのフィルターが真っ白なので、誰がきても何かあってもニコニコしています。しかし大人になるにつれて、日々の出来事から思い込みが出来上がってくるのです。

イヤなことからは無意識に顔がゆがんでしまいます。気にいらない人が近ずいてくるだけで、こころのアラームが鳴り響いて戦闘態勢に入ってきます。過去の嫌な経験などから、いつの間にか無意識に避けて行動している。

無意識にしているから
気がつかないだけなのです

うまくいかない雰囲気

どうやらここらあたりに、普段さりげなくしている行動や表情などに、うまくいかない雰囲気を作り出しているよう感じがしてなりません。何だか反対に向いている馬に乗っている感じがします。

乗っている馬とは
もう一人の自分
のことです

その馬の上に乗っている

思い込みで動いてしまうもう一人の自分とは、乗っている馬と同じぐらいの威力があるのです。ちょっとイメージしてみて下さい。乗っている馬を同じ方向へ向けさえすれば、スムーズに前に進んでくれるのに、人間であるが故に思い込みやプライドなどが邪魔をしているのです。自分が乗っかっている馬さんの手綱(たづな)を上手にさばいてやりさえすれば、自分の思うように進んでいけるという理屈になります。

さて問題は、思い込みやプライドなどを捨てて、その乗っている馬を前に向ける方法です。偉大なる力を持っているもう一人の自分を自分と同じ前に向ける方法なのですが、長くなりましたので別記事自分を思い通りに変える!もう一人の自分をコントロールで紹介しております。文章が重複しているかもしれませんが、よろしければ読んでやってください。

【続きの記事】

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。