人はなぜ病気になるの!病気になる前に病気になる

人はなぜ病気になるの!病気になる前に病気になる

人はなぜ病気になるの

このように聞かれたら貴方だったらどう答えますか。誰でも何かの病気にかかってはいるも、当たり前すぎて答えに困ってしまいます。

自然界に細菌があるからでしょうか
じゃあ、なぜ細菌は存在するの

人類を含めた自然界は、太古から少しずつ進化と退化を繰り返しながら、現在まで続いております。自然界に必要があるからこそ存在しているといえます。必要がなければすぐに退化して消滅しているはずです。たとえば恐竜は現在の環境には必要ないので消滅しております。地球のすべての生き物は、存在している意味があるのだと思います。

病気になる前に病気になる

自然界に存在しているすべての細菌を理解してみると、どのように対処していけば良いのかが分かってくるように思います。そもそもすべての細菌をなくするなんて不可能ですし、何かの必要があって存在している訳ですから、なくする必要もないと考えます。

しかしそのバランスが崩れると異変を感じて、病気になったりしてしまうのだと思います。 例えば私の場合ですが、ヘルペスが口や舌にできてしまったら何も欲しくなくなります。直前に食べた物がこれ以上必要のないですょと教えてくれて、食べられないようにヘルペスという菌が警告してくるのです。直前に食べたものを当分の間は食べないようにすれば良いだけです。そうしてみると・・・

大きな病気になる前に
小さな病気になる

っという発想が生まれます

病気になる前に
病気になるのです

ばい菌は必要があるから存在しているのです!すべての細菌を受け入れてみる

すべての細菌を受け入れてみる

まずはすべての細菌から逃げるのではなく受け入れてみる、そして落ち着いて現実を受け入れてみると、対処するしかないということが分かります。自分のからだのことです細菌は嫌だと言って対処しなければ、自分のからだが退化・消滅していくだけなのです。免疫をつけるのだと対処していけば、からだが進化していくだけのことなのです。

地球上には無数の細菌が存在しております。命に係わる重大な病気から軽い病気までいろいろです。重大な病気だと思っていると意外とそうでもなかったり、軽い病気だと思っていると重大な病気だったりします。未知なるくせもの細菌なども出現したりして大変ですが、その反面それぞれに対処できる免疫だって進化・存在してくるのです。この新たな細菌に対処していく免疫が繰り返し進化しながら現在に至っており、さらにこれからも続いていくのです。

未知なる病気!私のコロナ対策

今話題になっているコロナ菌も私の場合ですが、何でも免疫をつくっていくという考え方なので、ワクチンはいっさいしません。もし未知なるワクチンを注射してしまうと、すぐに具合が悪くなったりコロリといきそうなのです。マスクもいつ必要になるのか分からないので、持ってはいますが一人のときはしません・歩くときもしません。必要に応じて世間の常識には従っているだけです。今では世界中どこに行ってもコロナ菌は存在しているので、気にしていると余計なストレスを受けてしまうだけです。

つまり軽いコロナ菌を受け付けて、自分の中に免疫をつくっていくという考え方なのです。もちろん人が大勢集まるところには行きません、まだ免疫が出来上がっていないので大勢の菌に負けてしまうからです。なのでしょうか大勢の場所に近づいたらからだが自然に拒否反応を起こして、無意識に引いているようです。もちろん毎日朝と夕方には血圧を測る前に体温チェックはしっかり行っております。

コロナ菌は恐れるのではなくこの世に存在した限りは、うまく付き合わなければいけないということなのです。今はどこに行っても多かれ少なかれ必ずコロナ菌は存在しています。細菌も含めて自分のからだの中に入っているのです。なのに病気にかからないのは、徐々に進化した免疫の対処のおかげで大事には至っていないのです。

たとえば生まれてから大きくなるまで、細菌をいっさい寄せつけない無菌室で過ごしてきたとします。そのからだで一歩外に出たトタンに病気になってしまいます。

免疫ができていないからです

ばい菌は必要があるから存在しているのです!細菌は必要があって存在している

細菌は必要があって存在している

免疫ができていない人は、細菌が好き勝手に攻撃のし放題で、この世に存在することができないのです。今の環境で生きていく為には軽く病気にかかって、少しづつ免疫を強化していくしかないのです。相反する物が共存している訳で、どちらが欠けても何らかの不具合が生じてきます。自分のことは自分が一番よく分かっているので、医者・薬まかせにはしないで、必ず自分で健康管理をするべきです。

私は大丈夫だと過信しないで、痛みを伴わない病気や一度発生すると驚異な速さで進行していく悪性の病気など、あなどれない病気などもたくさんあるわけです。現在は医学が発達して難しい病気だって治せるようになってきました。しかしコロナでも分かるように、新たに対処法が分からないような、未知なる病気が生まれてきたりしているのも事実です。

まだまだ未知なる菌は
出現してくると思います

何があってもブレない
という考え方が必要なのです

【特集記事】人はなぜ病気になるの

関連記事一覧