ストレス解消は雑念を消すことから

私達のからだを支えている心臓、肝臓、食道、胃や血液などは、どれをとってもなくてはならない重要な物ばかりで、眠っているあいだでも休むことなく働き続けております。この働き続けている臓器などに対してリラックスタイムを作ってあげることが必要だと考えます。

無意識に働いている

無関心に働くのは当たり前だと休ませないでいると、気がつかないうちに過酷なことを、強いているカモしれません。悲鳴を上げているカモしれません。はぶててしまって働くことを辞めてしまうカモしれません。そうなれば贅沢病や症候群にかかるなど、いろいろと障害がでてくると困りますので、時々は機嫌をとってあげて下さい。

休ませると
喜んで働いてくれる

リラックスタイム

私達が会社の一員として働いている自分に対して、上司が無下にしていたら、反発したくなってきます。人間だから我慢もできますが、無意識に働いている臓器などは、融通がきかないものですから「いい加減にしろ」っと、働くことを止めてしまいます。美味しいからと気の向くままに食べて続けていると、ご存じのように贅沢病などでからだに支障をきたしてしまいます。

私はマインドフルネスが気にいって実行しております。マインドフルネスとはめい想のことで、息をしていることだけに集中するというものです。しかも人間はゆっくりと動く動作に馴染んでくるという習性がありますので、慌てる必要などまったくないのです。ゆっくりと息を吸っては吐くという、おなかが膨らんだりちぢんだりしている一連の流れに集中して瞑想していると、一切の雑念がなくなって不安がなくなってくるという、イライラやストレスなどの解消法としてひろく知られています。

呼吸はコントロールできる

心臓や消化器官や腎臓など唯一自由に自分でコントロールできるものに呼吸があります。自立神経をコントロールするには、このコントロールできる呼吸でという理屈が 気にいって実際に実行しています。確かに落ち着いてきます。「精神的・神経的なものは、この呼吸方法で、ある程度コントロールできるのだ」と考え、ことあるごとに試しています。

マインドフルネスで呼吸をコントロールができれば、何となくですが他の臓器などに対しても、自分の思いが伝わるような気がしています。ここら辺は理屈抜きで特に自律神経失調症等は、息をゆっくりと吸って吐くというマインドフルネスが一番良い方法だと、私は思います。

簡単な故にいつでも、どこでもできます。それなのに効果てき面です。私も落ち着きのない早トチリな性格でしたが、実行し始めてからは、ゆっくリズムで、危なげもなく、事故もケガも格段と少なくなってきました。それと同時に、かなり視野が広くなりましたです。

マインドフルネスと丹田

余談ですが、警備の仕事がら立ちっぱなしが多いいので、心に隙間を作るを意識して、マインドフルネスをしております。それに加えて下腹部ヘソ下あたりに丹田(たんでん)というイメージ空間があります。そこから上の全体重を丹田(たんでん)に乗せてやるという感じです。

私はこの
マインドフルネスと丹田を
併用しています

丹田を意識して
静かに目を閉じて
マインドフルネスです

そうして立っていると不思議と疲れません。だるかった体がシャキっとしてきます。何かが、ぶつかってきても、あまりフラつきません。たとえば歩く時には丹田に体重を乗た感じでの体重移動です。それをイメージすることで、ブレないで安定するので疲れないのです。何かにつまずいても、残っております。特に冬の雪道などには、絶対にお勧めの歩行法です。

私のストレス解消法

ゆっくりと深呼吸する
場所を変えてみる
全身の力を抜いてみる
全て忘れる
目線を違う方向へ向けてみる

私は、若い頃から立ってする仕事が多いいのです。慣れてはいるものの、何もすることが無い立ちっぱなしのときなどは、さすがに足がだるくなります。でも座ったりすると、今度はからだ全体がだるくなってくるのです。

私がマインドフルネス丹田を意識するようになってからは、ダレる事なく対処できております。あまり長くする必要などありません。10秒ぐらいです。これで、ずいぶんと楽になります。

しかしたいぎーね
っあ、待てよ
マインドフルネスと丹田だ
じーっ
すーっはー、すーっはー
うーーむ
すべての雑念が消えていきます
マジで効きます

【関連記事】

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。