自分の得意分野で競争をする

自分の得意分野で競争する

【前回の記事】


何をやっても、いつも周りの人達に負けているという、そんな劣等感のようなものを抱いているとすれば

そのヒントが誰でも知っている
うさぎとかめ
という童話にありました

なぜ
かめがうさぎを競争相手に選んだのか
なぜ
うさぎがかめを競争相手に選んだのか

「競争するには値しないうさぎとかめが、競争をする必要があったのか」「ゴールしたら何があるの」何となく不思議でありました。例えば、勝った方に美味しいごちそうを一年間準備しています。っとでもあれば、うさぎも、さっさとゴールしてからひと眠り「かめさんすまないね」ですょね。うさぎとかめの物語に興味をもって、自分がかめだったら、いやいやうさぎだったらと、何かにつけて考えておりました。

自分の得意分野で競争するべき

私がかめだったら

かめが、なぜ絶対的不利な条件で、うさぎに競争を挑(いど)んだのか、私がかめだったら丁重にお断りしますが、もしも必要であるならば「じゃあ、あの島まで競争しましょうか」と言います。つまり自分の得意分野である、水の中での競争にします。なぜ、絶対的に不利な陸上にしたのかが、不思議でたまらないのです。陸上ではなくて、水の中だったら、かめの方が得意なハズです。っん、ちょっと待てよ「得意?」

うさぎって、ひょっとして泳げるんじゃないのかな。ググってみると、うさぎって水の中でも泳ぎが達者なのですね。うーーむ、じゃあ、潜っての競争にするのかな。とにかく自分の得意分野で勝負しろっということなのです。

イチロー選手が勝負を挑んできたら

もし
私にイチロ選手が勝負を挑んできたら
まさにかめの心境です

私が世界のイチロー選手とバッティング競争をしても、絶対に勝ち目はありません。もし勝負を挑むならば、ジャンケンで勝負します。ギターで勝負します。それなら勝ち目は充分にあります。

もちろんイチロー選手が私に、バッティング競争を挑んでくるハズもありません。うさぎさんょ、自分が成長する為に、もっと本気な相手を選んでね。もしもしかめかめさんょ、カエルとヘビがケンカしても結果は分かるだろ。こんな感じです。

私がうさぎだったら

うさぎが絶対に勝てるかめを、なぜ競争相手に選んだのか、競争する相手を選ぶことに対しては論外なハズですし、勝つのは当然で、勝ったところで自慢にもなりません。

しかも、負けてしまえば、仲間達を前にして居場所などありません。勝っても負けても、どちらにしても周りの仲間達からは、総パッシングをくらってしまうだけのような気がして、何をとっても、良いことなどないハズです。なのになぜ???

ひょっとしたら、このうさぎさんって仲間達からは相手にしてもらえない、落ち込こぼれなのかな。だから絶対に勝てるかめが相手なのか。そんな感じがするし、もし競争が必要だったならば、さっさとゴールまで行って、なぜ、そこでゆっくりと寝ないのか。

なぜ途中で寝込んでしまわなければならないのか。いくら考えても不思議でしかたがないのです。うーーむ、なんとなく焦点がボヤけている感じです。

お互いに
自分の土俵で
相撲をとるべき
なのです

周りの人達を観察

しかし考えてみると、このような人達って周りにいませんか。

自分だけの理屈から
それがすべて正しいと

思い込んでいる人

自分の得意分野で話をして
自己満足している人

ゴリ押ししている
自己本意の人

逆に
周りの人達に感化され
自分の主張を控えている人

やっぱり
焦点がボヤけている

このうさぎとかめをイメージしながら、周りの人達を観察してながら、自分を見つめてみたりすると、どうしたらいいのかが、何となく分かってくるような感じになってくるのです。自分はこのままでいいのかな・焦点が違う方向へ向いていないのかな。っとかです。

うさぎとかめでググってみた

ここまでは、私が感じた教えを書き込んできましたが、まだ何かあるような物足りなさを感じていたある日、ひょっとして私と同じように考えている人もいるような気がしたのでうさぎとかめでググってみました。

さすがネット時代。たくさんの人が、自分なりの解釈を書き込んておりました。その中に、まったく違う考えがありましたので、続きの記事に書き込んでおります。

【続きの記事】

(トップ「うさぎとかめに学ぶ」に戻る)

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。