チャンスをとらえる

チャンスはどこに

一年ぐらい前(平成30年)から、街にあるフォーク喫茶に出向いて、弾き語り凝っております。そのフォーク喫茶で、ある有名な広島出身のシンガーソングライターの話になり、その人が初めてラジオ番組でギターを弾いた時には、全く弦に手が当たらないぐらいに緊張したという事なのです。聞いた話なので本当かどうかは定かではありませんが、「なんだ今の自分ではないか」と思いながらも、少しホっとしたような憶えがあります。

それはさておいて、今回はチャンスという書き込みなのです。有名な楽器店の前には、必ずと言って良いほど、ギターが飾ってあります。そのシンガーソングライターがギターを始めたキッカケというのが、広島の本通りを歩いていて、偶然にも店頭に飾ってあるギターが目に入って、思わず立ち止まったそうです。それがキッカケになって、今では草分け的な存在にまでなったというのです。つまり、この時にギターが、ソコにあったという事が、そのシンガーソングライターにとっては、最大のチャンスだったということなのです。そして、そのチャンスを見事に自分の物にできたということなのです。

しかし、考えてみるのに、本通りと言えば広島のど真ん中にある繁華街です。そのギターの前を、たくさんの人が通り過ぎているのです。ギターが上手な人、ギターが好きな人、ギターを弾きたいなっと思っている人だって、たくさんの人達が通り過ぎているハズなのに、何故その人だけがチャンスを物に出来たかです。うーーむ、ひょっとしてチャンスとは、何でもない身近にあるのではないか、ソコにあるのに気が付かないだけなのカナと感じました。チャンスをチャンスと捕らえられるには、身近にある何でもない事に気がつくことなのでは。フォーク喫茶で広島出身のシンガーソングライターの話で盛り上がったとき、私は、このような事を感じたのでありますです。

なぜチャンスに恵まれないのか

街をブラついている時に、何かを見て、ときめく事ってありませんか。映画を見た後に、その人に成り切って胸を張って歩いてみたり、感動シーンにドキドキしてみたり、コンサートやイベントなんかで、妙に憧れたり、「やってみたーい」できればあのようになってみたいなーっと、すごく憧れたり。そんなことってありますよね、ひょっとして、これがチャンスというものでは、な・い・の・か・なっと思いますです。

そこで、そこで、ですょ。いいですかー。何かにときめいた時が、チャンスだということが分かります。そして自分もあのようになりたいなーっと思ったら、それは、もう大チャンスなのではないでしょうか。

「うわーっやればできる」です

それは、良いなーっ、やってみたいなーっと思ったり、感じたりするという事は「自分にはそれができる能力がある」という事なのです。あるから感動したり、ときめいたりするのです。なければ、やってみたいなーっとは思わないです。出来るからこそ自分の中で「やろうやろう」と、騒いでいるのです。言い換えればやってみなさいというサインなのです。だから考える必要などありません。今すぐに、やってみるべきです。明日からやりますはダメです。今スグにです。そして、更に、「っん、ひょっとしたら出来るのかな」と、ちょっと考えてみる必要もあります。「っん、チヤンスってか」っです。

「今すぐと言ったり、ちょっと考えろと言ったり」
「いったいどっちやねん」

人生すべて二面性で、どちらも必要な事なのです。いきなりはスグは、さすがに違和感があると思いますので、とにかくそのように感じたら「うわーっ良かった。すごかったねー」で終わるよりも、眠っている、もう一人の自分を意識してみます。そして、今、感じている自分と同じ、前の方向へ向けることを考えてみます。街を歩いたり、身近な所で、このように感じたら、最初は「っん、ひょっとしたら出来るのかな」です。これを繰り返していれば、自分に一番いい方法がひらめいた時に、無意識に即動けるような体が、出来上がってくるのです。

考えることはタダで料金も必要ないのですが、考えてみる価値は充分にあると思います。そのように胸がときめいたときに、考えるクセをつける事がチャンスが来た時に、すぐに乗ることが出来るための、下準備だと考えます。出来なかっても、「っん、ひょっとしたら出来るのかな」と、ちょっと考えてみる。そのような習慣を、身につけることによって、無意識に自分の中で、チャンスに乗る準備が着々と出来上がってくるという理屈です。そして、自分の中で居座っている、偉大なる「もう一人の自分」が、ある時に改良しまくったことを、ヒラメキという形で、サインを送ってくるのです。いわゆる、これがチャンスを物に出来る方法なのです。

自信をもっている人が一番危ない

そして、大切な事は「考えていてはいけない」ということなのですが、分かりますでしょうか。考えていると、過去に失敗した事などが思い出されて「どうせダメだろう」っと、自分で勝手に思い込む事なのです。考えれば考えるほどできない理由ばかりが、頭に浮かんできます。

自分は頭も良いし、やるべきことは人一倍速い。仕事だって休むこともないし、遅刻だっていやだ。上司にも気にいられている。人付き合いも良いし、こんなに毎日頑張っているのになぜ、うまくいかないの。何故みんな自分を認めてくれないのだろう。こんなに良い人がココにいるのに、なぜ気か付いてくれないんだ。こんな事を思ってはいませんか。

自分に絶対の自信をもっている人。
じつわ世の中で一番失敗しやすい・不幸になりやすいのが、このタイプなのです。

みんなに気にいられているという事は、自分にとって不幸な事で、相手のとって都合のいい人だけの話なのです。ただ単なる自分だけの満足に終わってしまって、他人から見れば「都合のいい人がいるなー」っという感じでしかないのです。周りで、うまくいっている人を、よく観察してみると、我がままな人が多いい事に気が付きます。特別なキャラで、そのことを自分ではなくて、みんなが、うらやましがって認めているのだな、という事が分かります。

自分をまったく見なくて「なぜ周りは気ずいてくれないの」っとか言って、他人や周りのせいにしていると、そちらに気が散って、自分の進む道がブレてしまいます。目標だって、霞んでしまって、せっかくチャンスが来ても、まったく気が付かないでいるのです。ホラ、そこに、足元にチャンスが転がっているのですょ。そのチャンスを、チャンスとして、とらえられるように、自分に一番適したことや感動をする事を素直に受け入れて、常日頃から準備をしておく。いつチャンスが来ても良いよう、そしてチャンスが来たら、すぐにでも乗れるように、考え方を自分の目標に、焦点を合わせてみればいかがでしょう。

チャンスは平等にやってくる

じつわチャンスだと思えても、思わぬ落とし穴やワナだったりすることもあります。その落とし穴が実は、素晴らしいチャンスだったりします。チャンス、おとし穴、素晴らしい、即うごけ、ちょっと待てよとか、ゴチャゴチャ言ってるけど、まとめてょ。っとか言われそうです

人の話を聞いて、これは素晴らしいと一瞬トキメキ、矢も楯もたまらず動いた結果「こんなハズではなかったのに」っとか後悔するしたりしたことはありませんか。それは、それがすごく楽で、すぐにでも出来そうな事が想像できたからです。楽な事は、あまり良くない結果になりがちです。本当に良い事を実際に行動に移すことは、すごく辛い事だと思います。周りの人からは「何であんな辛い事を、進んでやってるの」っとか、思われがちです。「全く無駄なことをしてる」なんて不思議がったりするものです。でも楽な事よりも辛い事を選んだ方が得策だという事です。

ここで、ひとつ例えばなしをします。「あの山の頂上に一億円埋まっています。その場所も明確に分かります」さて、あなただったらどうしますか

「あんなに高いとこイヤダ」
「雨が降っているから」
「真夜中だから」
「寒いから、暑いから」
「忙しいから」
「誰か行ってきて」
「クルマがないから歩くの面倒」
「何もないので、歩くの辛いから」
「まあ、明日のことょ」
「そのうち気が向いたら行くよ」
っで、行かないで、ズルズルと引き伸ばしますか。それとも、あきらめますか。

っい、一億円ですょ。絶対に行きますですょね。しかも何があっても、自分で今すぐにです。雨が降ろうが風か吹こうが、たとえ真夜中であっても、そんなこと、まったくのお構いなしです。周りから見れば、「何でこんな大雨の中、しかも真夜中に、どこ行くの」っとか思って、不思議がって見ております。ついに狂ったのかとか思ったりして、困った顔で心配などしております。それは、そこに行けば一億円、手に入ることが分かっているからこそ、行動する事が出来るのです。つまり「分かっているか、分かっていないか、だけの違いなのです」自分のヒラメキは実現できるのだと、分かっているからこそ、他人の目など、まったくのお構いなしという訳です。うまくいっている人は、そんな人が多いいなっという感じがします。

自分にとって良い事を、ヒラメキとしてとらえる。そのヒラメがダメな事はスルーして、すごいチャンスだけ、とらえられるようになるための書き込みです。チャンスは誰でも平等におとずれる。ひょっと、ひらめいたり、心ときめいたりした時は、それが出来る能力が自分にはあるのだと、分かっているか、分かっていないかだけの違いのです。それに気が付くか、はたまたスルーして通り過ぎるか。あの有名なシンガーソングライターが街を歩いていて、楽器店の表に飾ってあるギターを、たまたま見てしまった。つまり偶然にギターと出会った事が、その人にとっては、チャンスだったという事なのです。心ときめいたその時から、無意識に行動していった結果なのだと感じます。また、広い意味では、うまくいかない時は、いずれ来るだろう、うまくいった時の為の準備期間なのです。チャンスが来た時に、すぐに乗る事ができるように準備をしておく。

そして、本当のチャンスを的確にとらえる為には
周囲の人・もの・事柄に、常に感謝の気持ちを持つことだと感じております
自分の心の器にチャンスの入る余裕のすき間を作る事を考えます

  1. この記事へのコメントはありません。