鏡を見れば自分が見える

鏡を見れば自分が見える

【前回の記事】

人生の法則に
鏡の法則
という言葉があります

朝起きると洗面台までいって顔を洗います。鏡に映っている自分の顔を見ていると、自分が笑えば鏡に映っている自分も笑っています。落ち込んで怖い顔をしていると、怖い顔になります。なんだか自分のしぐさがハネ帰ってくるような感じがします。

周りの人達と接したときも、自分が笑顔でいればみんな笑顔になりますが、沈み込んだ顔をしていればトタンに暗くなってきます。まさにそのとうりで、

鏡の法則です

自分が見えないのは自分だけ
鏡を見れば自分が見えます

自分の欠点は分からないものです

鏡を見れば自分の欠点を
冷静に見ることができます

自分の欠点に気がつく

大型スーパー銭湯に行ったときのことです。ゆっくりと湯舟につかった後に椅子に座って一休みしていると、誰かに見られているようなイヤな気配を感じました。ふっと頭をあげると大鏡に自分の姿が写っているではありませんか、一瞬びっくりしました。何だかイヤに沈み込んでいてすごく暗い顔をしていたのです。

あれー、オレって
こんなに怖い顔をしてたのか

自分で自分の醜い姿に一瞬ガックリ、まさにガマガエルの心境でした。このような人には近ずきたくないなーっと感じることしかりです。自分では前向きに考えていたつもりなのに、無意識に怖い顔をしていたのです。

まさにそのまんま鏡の法則だ

私の解釈では鏡の法則とは自分のしているしぐさが鏡に反射され、誰かが同じしぐさをしてくるという法則だと思っております。鏡の向こう側にいる自分の姿を、第三者的な目で眺めているという感じに、しばらくはフリーズしてしまいました。

ここで気がついたことがあります。鏡の法則の意味なのですが、鏡の向こう側にいる自分を変えようと、直接「笑顔になれょ」と、いくら言ってもできないのですが、見ている自分が笑顔になれば、カガミの向こうにいる自分を簡単に笑顔に変えることができるということです。

自分の欠点を改める

鏡に向かってキリリ

これはイカンです。すぐにダラリとした目じりを上げ口元をキリリと引き締めて、あごをグっと引き無理やりにやわらかい穏やかな顔をしてみました。じーー、ぎこちないけど、なんだかいい雰囲気になってきたじゃありませんか。うーーむっオレって、なかなかいい男じゃあないか。先ほどとはえらい違いで笑顔をつくればイキイキしてきます。周りには誰もいないので思いっきりニヤつきキリリしました。

ほーっやっぱり
キリリとした顔の方がいいな

うーーむ、だんだんといい感じになってくる。困った顔をしていたら「困ったさん」がやってくるし、キリリとしてたら「キリリさん」がやってくる。何度も鏡を見ていてこんな感じがしてきました。思いもかけない気づきにウロコがぽろり、今日もまた一つ賢くなりました。こんなことを感じながら、もう一度ゆっくりと鏡の中の自分の顔を見ました。

「じーーーっ」
「よし、いいだろう」

自己納得に思わずニヤリ。すごく心がシャキーっとしてきたことを覚えています。

鏡の法則

自分のやったことが巡りまわって跳ね返ってやってくる。自分のやったことが巡りまわって何十倍にも膨れ上がって跳ね返ってくる。気がつかないでいると、自分をコントロールしているもう一人の自分だって、そっぽを向いてしまうのです。

いつまでも気がつかないでゴリ押し行動を繰り返していると、鏡の法則で周りの環境や自分を支えてくれている人達、さらには無意識に働いてくれている、自分の内臓や器官や神経などからもソッポを向かれてしまいます。限度を過ぎると総スカンを食らってしまい最悪の場合「もういいや」っで停止してしまうのです。

考えてみれば
ものすごく怖い
鏡の法則
です

自分のしぐさがハネ返ってくる

自分と同じ欠点を他人がしてくると、気にいらないものです。自分がしていないことを他人がしてきても、気にならないのです。さらに嫌な行為をしてくる人は、相手が嫌がっていることに気がついていないのです。それと同じように、自分が嫌なことをしていることに気がついていないのです。まずはこの理屈を分かるべきなのです。この大鏡に写った自分の姿を見たときに、ハタっと気がついたのです。

分かっていることと
自分の物のなっていることは
まったく違います

分かることよりも感じること

鏡に映っている
沈み込んだ自分の姿を見て

あっこれはいけないなー
っと、感じたことなのです

このような人には近ずきたくないなー
っと思ったことなのです

すぐに改めてみたことなのです
すぐにキリリとしたことです

その結果シャキーっとした
自分になったということなのです

分かっていることから
できたということなのです

「感じる ⇒ 思う ⇒ 改める ⇒ シャキーっとした ⇒ 分かるからできた」っです。理解してできてみれば、余裕ができて器が広がったきた感じです。それからは人と接するときには、この鏡に反映されているということを意識するようにしています。
【関連記事】

【続きの記事】

関連記事一覧