めんどくさいことは嫌だ | 逃げていると追いかけてくるぞ

人生ながく過ごしていると難しい問題が起こってきます。嫌なことからは「面倒臭いなー」と思って、逃げてしまうような行動を起こしてしまいがちです。しかし・・・

逃げると追いかけてくる
という
人生の法則
があります

逃げると追いかけてくる

幸運も逃げていく

面倒臭いといって、嫌なことから逃げていると、嫌なことは追いかけてきたくなるのです。習慣になってしまうと何があっても面倒臭いと思い込んでしまうのです。さらに面倒臭いが口癖になってしまうと、良い情報からも面倒臭いという対応をしてくるのです。

幸運からだって
面倒臭がって近ずいてこない
という理屈です

メンタルブロックをなくする

これだけ大勢の人達と共存しているかぎりは、嫌なことがあるのはあたり前です。嫌なことを前提に生活して事実のみを受け入れて自分で処理をしていく。そのクセをつけていると、面倒臭いと思っていた嫌なことは逃げていくのです。逃げるというよりも面倒臭いことはあたり前的な心になってくるのです。

嫌だと思い込んでいる
メンタルブロック
がなくなっていくからです

嫌なことが起こっても苦にならなくなるだけの器ができてくるのです。良いことしか起こらない、さらには自分にとってチャンスがきたときに、いち早く察してチャンスに乗ることかできるのです。つまりはチャンスがきたときに、すぐ乗れるようにメンタルブロックをなくして準備をしていくための行為。これが面倒臭い事は当たり前で過ごしていくということだと思います。

うさぎとかめにヒントあり

そうはいっても面倒臭いことって無意識に逃げる反応をしてしまいます。メンタルブロックをなくするためには、面倒臭いことはあたり前だと考えればいいだけなのですが、人間であるがゆえに分かっちゃいるけどできないのです。特に頭の良い人や、優れた能力のある人ほどプライドが邪魔をしてできないのです。

そこで分かりやすいたとえ話を紹介します。そのヒントが誰でも知っているイソップ童話うさぎとかめにありました。たくさんの学びがあり、しかも的を得ておりますので是非一読ください。

【関連記事】

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。