嫌いな人との接し方

あの人さえいなければ快適なのに

職場や周りには気の合わない人や、何となく苦手な人、気の合わない人は必ずいるものです。不思議にどこに行っても必ずいるのです。

嫌いな人

いわゆる嫌いな人なのですが、仕事上どうしても付き合わねばいけないし、身内とか友人など、周り人達も顔を合わさなければいけないし、「あの人さえいなければ快適なのに」「どうにかならないの」っとか思ってしまいます。

いつもグチっている人
すぐ怒る人
ケンカ腰で話をする人
他人のせいにする人
自分本位の話をする人

イラつきながら、そんな人を横目に見ながら過ごしている毎日。仕方なくも我慢しながら過ごしているとしたら、いつの間にか「嫌い」から「大嫌い」に定着してしまって、ストレスが溜まってしまいます。もし、そうであるならば、ちょっと立ち止まって考えてみませんか。

その人の事を観察してみる

現実は自分がしている訳ではないのです。相手の性格の悪さで自分が落ち込んでいる。我慢などする必要など、まったくないのです。よーく、その人のことを観察してみて下さい。その人はすべての人が嫌っているのでしょうか。仲の良い人も沢山いる事に気が付きます。良い面だって必ずあるはずです。

なぜ、その人を嫌いだと思っているのか。その方が問題なのであり、ひょっとして、思い込んでいるだけなのではないでしょうか。他人の性格の悪さから自分が惑わされて気にしている自分がいるそれだけの事で他には何もないのです。気にしてイライラと過ごしている、その方が気になります。

ちょっと考え方を変えてみる

最近考え方を変えるだけで、誰でも幸せになれると言う事を実感しています。困ったり悩んだり、行き詰まったりした時など、一つ方法として是非お勧めします。考え方を変えてみるだけですから、誰でも出来るはずなのですが、これがなかなか出来ないのです。

考え方を180度変えてみる

考え方を変える事によって当然ですが行動が変わり、行動が変われば結果も変ってくるのです。ちょっとで良いので、「出来るかな」「ちょっとやってみるか」「よし試してみるか」で、まず考え方を変えてみようかな、という気になってみる事です。

肝心なのは、思い切って180度まったく逆のことを考えてみるのです。たとえぱ職場に、どうしても気の合わない大嫌いな人がいるとします。「あの人さえいなければ快適なんだけど」そう思いながら、毎日毎日気を使いながら働いている。そんな時ちょっとだけ「気にいらない」という思いを「気にいる」に変えてみるのです。

えっとても無理です、と言われそうです

180度まったく反対の事を考える訳ですから、当然抵抗があると思います。むしろあって当然です。だから最初は「ちょっとだけ」です。「気に入る」というよりも、相手の性格を受け入れるという感じです。「あんな人もいるんだ」です。騙されたと思って「気に入る」ように勤めてみて下さい。

何にかが変わってくる

しばらく続けていると、何かが変わってくるはずです。何となく雰囲気が変わってきます。何故か分からないなりに続けて、少し慣れてきたら相手の良い面が見えてきます。

あいつ、愛想が悪いのに
整理整頓がうまいなあ

ツンツンしてるけど
飲み会の幹事させると盛り上がるなあ

ボーとしてるけど
ミスもなく仕事は的確にこなすんだ

いつもグチってるけど
時間だけは守ってるなー

怒ってるような言い方だけど
面倒見がいいな・・・ などなど

いつも悪いところばかり見ていたけど、その裏にある見えなかった良い面が浮かんできます。

こちらが変れば相手も変わる

表があれば必ず裏があるように、人間誰でも良い面と悪い面を持っております。本気で思う事により、たった1つの欠点よりも、自分にはない良い点がイロイロ見えてきます。今までその1つの欠点にネチネチしていたのが、バカらしくさえ思えるようになります。そして、こちらが変れば、相手も必ず変わってきます。

考えてみると、気にいらないからと、この場から避けようと考えていたり、こんな職場はイヤダーと、転職を考えたりしていたら、つまり逃げる事を考えていたら、どこへ行っても何をしても同じ事のくり返しで、逃げる人生の自分が、無意識の間に出来上がってしまいます。

気に入るように考えてみました

この方法は私が実践した経験談なのです。やはり気の合わない人はおります。不思議な事に何処へ行っても必ずいるんです。どうしても「馬が合わない」で憎たらしく思え、正直あいつさえいなければと思うことばかりで、いじけたりもしていました。

本当に出来るのかな

そんなある時、よく分からないのですが、ボーっとしながらもちょっと試してみたのです。そして「気に入るように」考え方を変えてみたのです。「本当に出来るのかな」とか思いながらも、無意識にしていたような気がします。そうしているうちに、よく分からないのですが、何かが変わって来たような気がしたのです。

さりげなく話しかけたり、目で挨拶したりなど不思議なぐらい自然に受け入れる感じで、妙に気が楽になってきた事を覚えています。目の前がボーっとして、まったくの苦痛やストレスなどを感じない感覚です。

あれ、この安堵感はなんなんだ

そう思いながら、考え方を変えてみる事は良いのかなと感じてきました。

自分の欠点探し

相手を変えるより、自分の考え方を変えた方がいいのではないか。人や状況などすべての事に対して、自分にはない良い所がどんどん浮かんできて、逆に自分の欠点などもチラチラ見えてきました。今まで気が付かなかった自分の欠点を探してみようカナ、とも思うようになり。「この考え方」は良いなあ、と感じるようになりました。

いわゆる目からウロコです

他人を批判するよりは、自分の考え方を変えた方がはるかに早く解決して、しかも気が楽になってくる。本気の本気で思えるようになってきました。それから意識して難問にさしかかるたびに、反対の考え方をして毎日を過ごすようにしました。

それ以後ですが、いろんな難問にさしかかってきても、まったく逃げることなくなり、徐々にではありますが、現実を素直に受け止める事が出来、前向きに解決する事が、無意識のうちにできるようになってきました。そして自分が成長していく上で「一番の基本ではないか」そんな気さえしてきました。

悪い裏にある良いところさがし

それからは悪いところは避けて、良いトコさがしがクセになってきました。「相手を変えるよりも自分を変えてみる」たとえば、何かに行きづまったら解決策を考えます。「何とかしなければ」と思いますが、逆に「何とかしようとしない」と考え方に180度変えてみました。

一種の開き直りですが、無理して「何とか」と考えるよりも、原因は必ず自分の「考え」「行動」にあるはずですから、そこを素直に受け取ることができるようになり、改善する行動を無意識のうちに出来るようになってきました。

相手より自分を変えてみる

この無意識という事がミソで、無意識ですから、ずいぶんと楽に、そして楽しい毎日が送れるようになってきました。改善行動そして無意識行動のパターンが身についてきたのであります。これは良いです。そして、人間関係だけではなくて、身に起こってくる難問さえも、その裏にある良いとこ探しもしています。

相手を変えるよりも自分を変えてみる
さらにバージョンアップして
悪いところの裏にある良いところさがしです

ここで一つ大切な事があります。嫌いな人の事を嫌いだと口には出さない事です。それは絶対に誰にも言ってはいけないし、態度なども見せたりしない方が良いです。

会社は仕事する場所なので、焦点を仕事に向けていれば良いだけの事なのです。周りの人や上司などは、ものすごく気にいっているかもしれません。嫌だという態度を見せれば、逆に自分が邪魔な存在になって、ヘタすると悪者扱いを受けてしまうのです。

人の振り見て我が振り直せ

カガミの法則

そして、そして、ちょっと耳の痛い余談になりますが、他人が自分に気にいらないことをしてくると感じたら、その感じた時点で、自分も同じ事を誰かにしているという事なのです。

いわゆるカガミの法則です

自分と同じことを、他人がしてきたら気になるものです。「そんなことはないょ」と言われそうですが、ちょっと自分を疑ってみると良いです。落ち着いて、ゆっくり思い浮かべてみると「そういえば・・・もしかしてアレかな」っとか、分からないなりにも、うっすらと心当たりがあるのでは。

自分が気が付いていないと同じように、その人だって気が付いていないのです。その人だって決して悪気はないのですが、言っている事に対して無責任なのです。

自分の欠点は分からない

無理もありません、案外と自分の欠点は見えないものです。うーーむ、ひょっとしたら嫌いな人って、自分の欠点を教えてくれ為にも、必要な存在ではないのかと思います。

そういえば「こうすれば良いのに」とかグチっている人に限って、自分ではしていないものです。「もっと明るく振る舞えょ」とか言っている人に限って、ハタから見ると暗いです。他人の良い面は見ないで、暗いトコしか見ていないからです。

明るく振る舞ってもらいなら、まずは自分が明るく振る舞う事だと思います。そうすれば他人の明るい面だけが見えてきます。職場でも明るい自分を振る舞っていれば、明るい雰囲気か漂ってきます。

嫌いだと思うのは、欠点を見ているだけ

気にいらないと思ったら
自分も同じ事をしているのカモ

誰にでも良いトコ探しで明るい雰囲気

焦点を他人の欠点から仕事に変えてみる

生活していく、すべての環境にも同じ事が言えるのではないのかなと思います。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。