• 方向性
  • 何かの物事を進める場合の進め方や、方針のあり方など
チャンスはすぐ目の前にある

チャンスはすぐ目の前にある

【チャンス】
【1】【2】【3】

一年ぐらい前(平成30年)から、市内にあるフォーク喫茶に出向いて弾き語りに凝っております。いつもは家で自由に弾いているのですが、レパートリーも増えてきたので披露したくなったのです。しかしみんなの前で弾いてみるとかなり緊張するものです。

緊張しない方法とかググったり、ギター仲間のみんなに聞いたりしておりました。そんなあるとき有名な広島出身のシンガーソングライターの話になり、盛り上がったことがあったのです。

そのシンガーソングライターが初めてラジオ番組でギターを弾いたときには、弦に手がまったく当たらないぐらいに緊張したそうです。「プロでも緊張するんだ」「なんだ今の自分のことではないか」と思いながらも、少しホっとしたような・安心したような憶えがあります。

チャンスってどこにあるの

楽器店の前には表通りから良く見える場所に、必ずといっていいほどギターが飾ってあります。そのシンガーソングライターがギターを始めたキッカケというのが、広島の本通りを歩いていて、偶然にも店頭に飾ってあるギターが目に入って、思わず立ち止まったそうです。

それがキッカケになって、ギターをいじっている間にのめり込んでいき、今では誰でも知っている草分け的な存在にまでなったというのです。つまりギターがソコにあったということが、そのシンガーソングライターにとって最大のチャンスであり、思わず立ち止まったということが、チャンスに乗る為の初めの一歩だったのです。

チャンスは目の前にある

しかし考えてみるのに、本通りといえば広島のど真ん中にある繁華街です。そのギターの前をたくさんの人が通り過ぎているのです。ギターが上手な人・ギターが好きな人・ギターを弾きたいなっと思っている人など、たくさんの人達が通り過ぎているはずなのに、なぜそのシンガーソングライターだけが、チャンスをものにできたのかということです。

うーーむ、ひょっとしてチャンスとは何でもない身近にあるのではないか、すぐソコにあるのに気がつかないだけなのかなと感じました。目の前にあるチャンスをチャンスと捕らえるには、身近にある何でもないことに気がつくことなのでは。フォーク喫茶で広島出身のシンガーソングライターの話で盛り上がったときに、私はこのようなことを感じたのであります。

チャンスはいつくるのか

シンガーソングライターが、店頭に飾ってあるギターが目に入ったときに思わず立ち止まりました。

この文面を見て
何かを感じませんか

何か気になって
思わず立ち止まってしまった

誰でも
このような経験は
あるはずです

たとえば街をブラついているときに、何かを見て胸がときめくことってありませんか。映画を見たあとに、その人に成り切って胸を張って歩いてみたり、感動シーンにドキドキしてみたり、コンサートやイベントなんかで妙に憧れたり、「やってみたい」「できればあのようになってみたいな」っと、すごく憧れたり。そんなことってありますよね、ひょっとしてこれがチャンスというものでは、ないのかなっと思うのです。

ときめいたときがチャンス

そこで・そこでですょ・いいですかー。何かにときめいたときがチャンスだということなのです。そして自分もあのようになりたいなーっと思ったら、それは、もう大チャンスなのです。

つまり、やってみたいなーっと思ったり、感じたりするということは自分にはそれができる能力があるということなのです。能力があるから感動したり、ときめいたりするのです。なければやってみたいなーっとは思わないのです。

できるからこそ自分の中で「やろう・やろう」と騒いでいるのです。「あなたはできるのだからやってみなさい」と感動・ときめき・憧れというカタチで自分にサインを送っているのです。

チャンスをものにするには

シンガーソングライターが一瞬のチャンスをものにできたのは、ギターに魅力を感じた時点ですぐにギターをいじっていた、そして意識しないままにのめり込んでしまった。言い換えればやってみなさいというサインを、素直に受け止めただけだと思います。

そのときはこんな理屈などは分からずに、イケイケでで火事場の馬鹿力が発揮、無意識に目標を目指していただけのような感じがしてなりません。

何かに感動したりときめいたりしたときは、考える必要などありません。考える時間が長いほどできないという思い込みがよみがえり、行動が鈍くなってきます。今すぐにやってみるべきです。

明日からやりますはダメです
今すぐにです

【チャンス】
【1】【2】【3】

関連記事一覧