嫌いな人は自分の欠点を教えてくれる

【前回の記事】


職場や周りには気の合わない人や苦手な人、気の合わない人が必ずいるものです。不思議にどこに行ってもいるものです。仕事上どうしても付き合わねばいけないし、身内とか友人など、周り人達も顔を合わさなければいけないし、「あの人さえいなければ快適なのに」「どうにかならないの」っとか思ってしまいます。

いつもグチっている人
すぐ怒る人
ケンカ腰で話をする人
他人のせいにする人
自分本位の話をする人

イラつきながら、そんな人を横目に見ながら過ごしている毎日。仕方なくも我慢しながら過ごしている。いつの間にか「嫌い」から「大嫌い」に定着してしまって、ストレスが溜まってしまいます。もし、そうであるならば、ちょっと立ち止まって考えてみませんか。以外と解決法があるものです・・・

あの人さえいなければ快適なのに

その人を観察してみる

よくよく観察してみると、嫌な態度をしているのはその人であって、自分がしている訳ではないのです。相手の性格の悪さで、自分が落ち込んだり我慢などする必要はないのです。そうした目でさらに観察してみます。その人はすべての人が嫌っているのでしょうか。仲の良い人もいることに気がつきます。

なぜ、その人を嫌いだと思っているのか。ひょっとして、思い込んでいるだけなのではないでしょうか。他人の性格の悪さから惑わされて気にしている自分がいる。それだけのことであって、他には何もないのです。気にしてイライラと過ごしている、その方が気になります。

自分の考え方を変えてみよう

嫌いな人への考え方なのですが、最近考え方を変えるだけで、誰でも幸せになれるということを実感しています。考え方を変えることによって行動が変り、当然ですが結果も変ってくるからです。嫌いな人が嫌だと思っていたら、一つ方法として是非お勧めします。私が実際に試してみた方法で、最初は違和感がありましたが、少しずついい感じになってきました。いつも見ている景色が明るく変わってきたことを覚えております。

考え方を180度変えてみる

たとえぱ職場に、どうしても気の合わない大嫌いな人がいるとします。「あの人さえいなければ快適なんだけど」そう思いながら、毎日毎日気を使いながら働いている。そんな時ちょっとだけ「気にいらない」という思いを「気にいる」に変えてみるのです。肝心なのは、思い切って180度まったく逆のことを考えてみるのです。

えっとても無理です
っと言われそうです

180度まったく反対の事を考える訳ですから、当然抵抗があると思います。むしろあって当然です。だから最初は「ちょっとだけ」です。「気に入る」というよりも、相手の性格を受け入れるという感じです。「あんな人もいるんだ」「あんなものなのか」です。騙されたと思って「気に入る」ように勤めてみて下さい。

考え方を変えてみるだけですから、誰でもできるはずなのですが、でもこれがなかなかできないのです。でもでも試してみる価値はあります。ちょっとでいいので、「できるかな」「ちょっと、やってみるか」「よし試してみるか」っで、まずは「考え方を変えてみようかな」という気になってみることです。

何かが変わってくる

しばらく続けていると、何かが変わってくるはずです。何となく雰囲気が変わってきます。何故か分からないなりに続けて慣れてきたら、相手の良い面が見えてきます。

あいつ、愛想が悪いのに
整理整頓がうまいなあ

ツンツンしてるけど
飲み会の幹事させると盛り上がるなあ

ボーとしてるけど
ミスもなく仕事は的確にこなすんだ

いつもグチってるけど
時間だけは守ってるなー

怒ってるように言ってるけど
面倒見がいいな・・・
などなど

いつも悪いところばかり見ていたけど、その裏にある見えなかった良い面が浮かんでくるのです。

こちらが変れば相手も変わる

表があれば必ず裏があるように、人間誰でも良い面と悪い面を持っております。本気で思うことにより、たった1つの欠点よりも、自分にはない良い点が見えてきます。今までその1つの欠点にネチネチしていたのが、バカらしくさえ思えるようになります。こちらが変れば、相手も必ず変わってきます。

考えてみると、気にいらないからと、この場から避けようと考えていたり、こんな職場はイヤダーと、転職を考えたりしていたら、つまり逃げることを考えていたら、どこへ行っても何をしても同じことのくり返しで、逃げる自分が、できあがってしまいます。ぜひ気にいるように、ちょっと考えてみてください。

うーーむ・・・
まだ納得できない人への
続きがあります

世の中には必要なものしか存在しないということです。極端な話が毒も必要なのです。毒があるから気をつけたり注意したりするのです。嫌いな人は必要な存在なのです。っという訳で・・・

【続きの記事】

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。